サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016年7月期メディア化特集(~7/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 公家アトレイデ 1
公家アトレイデ 1(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.4
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/425p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-011397-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

公家アトレイデ 1 (ハヤカワ文庫 SF デューンへの道)

著者 ブライアン・ハーバート (著),ケヴィン・J.アンダースン (著),矢野 徹 (訳)

公家アトレイデ 1 (ハヤカワ文庫 SF デューンへの道)

907(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

デューンはすごい

2002/08/03 17:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムアディブ - この投稿者のレビュー一覧を見る

デューンの第1巻目を読んでからもう二十数年がたとうとしている中、広告の一行にデューンの文字を探した得たその日から、すかさず「ハウスアトレイデ デューンへの道1」を購入。昔の懐かしさが津波のように襲ってくるのと同時に、デューンの第1巻目の話より遡る事2世代前からの話。スフィルやダンカン、レト、ジェシカなど懐かしい人物の若きころの話が続く。少々、STAR WARS のエピソード1とエピソード4との関係に似ているが。ただ、予測できないエピソードや、デューンの第1巻目に繋がるエピソードなど、読んでいるうちに早く次の章へと進まされてしまう魔力。フランク・ハーバートの息子ブライアン・ハーバートがフランクの意思を継ぎあたかも先代が書いているかのように思えるところがまた憎い。原書では「ハウス・ハルコンネン」と「ハウス・コリノ」が出ているため早く、矢野徹先生訳の次作の出版が待ちどうしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/11/09 22:55

投稿元:ブクログ

 かの名作「DUNE」のプレストーリー。でも、「DUNE」を読んでないと、もしくは見てないと、訳わかんないだろうなと思う。しかも、まだ1巻でどうやらあと2巻は確実にあるらしい。そりゃそうだろう。今の時点で、レト・アトレイデ(ポウル、DUNEの主人公のパパ)は14歳だ。レディ・ジェシカにいたっては産まれもいない。しかし、様々にうごめく陰謀を皇帝、ハルコネン、ベネ・ゲセリット等の立場から描いているのでとても興味深かった。
 …次巻、さっさと出てくれないと忘れちゃうよぉ。

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む