サイト内検索

詳細検索

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~9/4)

エロスの果て
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.5
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-560-03567-9
  • 国内送料無料

紙の本

エロスの果て

著者 松尾 スズキ (著)

SMプレイ用の究極の麻酔薬を発明した天才少年の狂気が現実化していく−。「終わりなき日常」を焼き尽くす、近未来SF作品。松尾スズキの戯曲本。【「TRC MARC」の商品解説...

もっと見る

エロスの果て

1,944(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

SMプレイ用の究極の麻酔薬を発明した天才少年の狂気が現実化していく−。「終わりなき日常」を焼き尽くす、近未来SF作品。松尾スズキの戯曲本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松尾 スズキ

略歴
〈松尾スズキ〉1962年生まれ。九州産業大学芸術学部デザイン科卒業。「大人計画」主宰。著書に「ファンキー!」「演技でいいから友達でいて」「ギリギリデイズ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2005/12/03 01:09

投稿元:ブクログ

それまでの作風からは微妙に違ってきており、多忙だった時期に書かれたこともあって苦悩のあとがうかがえる、松尾新機軸のSF巨編。なんて心にもない紹介はさておくとして(笑)。この作品は戯曲を読んでからビデオで見たんですが、活字で読んでおもしろいと思えた戯曲ってよく考えたら松尾スズキのこれがはじめてだったかも。ビデオで観たら、やっぱりその数倍おもしろかったけど。あわよくば泣けるくらいイイ話だと私は思うんですが。だめですか。

2009/11/28 13:25

投稿元:ブクログ

シアターTVにて。ゲストがあんまりいない(秋山さんくらい…?)な印象。クドカンと阿部サダヲコンビの息の合い具合にもう悶絶してました。これもipodで持ち歩いておる。ははははは。同級生が「これは舞台セットの作りが凄い!!」って言ってました。それについては僕よくわかりませんが、きっとすごいんだと思います。

2010/12/27 14:47

投稿元:ブクログ

未見で購入。観たい。観たい。
良い台詞てんこもり。ストーリーも、希望があると思う。最後=絶望では決してない。


追記。
映像資料を観ることが出来ました。泣いたよ。大分切ってた。全体的に感傷的な空気。