カレンダー全品ポイント5倍(1001-31)

さいはての島へ 改版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2001.2
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:22cm/318p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-00-110686-8
  • 国内送料無料

紙の本

さいはての島へ 改版 (ゲド戦記)

著者 ル=グウィン (作),清水 真砂子 (訳)

【全米図書賞(1973年度)】【「TRC MARC」の商品解説】

さいはての島へ 改版 (ゲド戦記)

1,944(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「さいはての島へ 改版」が含まれるセット商品

ゲド戦記 6巻セット

ゲド戦記 6巻セット

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

魔法を使わない大魔法使いに忠誠心を誓い付いていくアレンは悩みながら学んでいく。

2006/08/14 09:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エンラッド - この投稿者のレビュー一覧を見る

3巻ではゲドはわりと年をとっていてロークという島(魔法学院)の大賢人となっていて、ある日エンラッドという国の王子アレンが、魔法使いやまじない師達が皆魔法を忘れて使われなくなっているという、知らせを持ってくる所から始まる。
アースシーの世界では賢い魔法使いは高度な魔法を使うと災いがおきやすい事をよく知っているため大賢人のゲドは魔法使いなら大抵はできる初歩魔法もたまにしか使わず、大賢人なのに偉ぶらないし、命令はしないし、他の優秀な魔法使いの生徒ではなく、モレド(優秀な血筋)の子孫であるというだけでアレンは旅の友に選ばれ、ほとんど魔法使いの直感みたいな物のみで旅先を決めてるようだし、無口だし、時々、アレンは本当にこの大賢人と名乗る男は魔法を使えるのか?魔法使い達は皆魔法を忘れているのでこの男も同様魔法を忘れてしまっているのか?モレドの子孫を誇りに思わないわけではないが自分は魔法は使えないし付いていくだけで何の役にもたたないではないか?、と色々心配になったりするがゲドの言う事はモレドの子孫を誇りに思うそなたが誇らしいみたいな事ぐらいしか言ってないような気がして安心してよいのか不安になってよいのかどちらともつかず一応説得させられ気をとりなおして旅を続けるといったふうでゲトとの信頼関係が近づいたり遠ざかったりしていて面白い。最後辺りになると竜もでてきてくれるし(アレンは喜んだ。中には危険なのもいるが…)、ゲドも魔法を使う必要制ができてきてゲドもアレンも満足だったし、読者も満足だった。全般的には死と生の話が多く内容も深くてリアルな話で大人むけといった感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大魔法使いゲドと、エンラッドの王の息子アレンの苦難の旅。その果てに待っていたラストに、心地よい解放感を味わいました。

2004/05/21 10:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

行きて帰りし物語。魔法に満ちたアースシーの世界。力強く羽ばたいているファンタジーの飛翔。ゲド戦記シリーズ第3巻の本書は、スリリングで面白かったあ。わくわくさせられました。

話の滑り出しは、こんな感じ。
アースシーの世界のあちこちで、魔法の力が弱まっていることが分かります。その原因は何なのか? 一体何が起きているのか?
この危機的な状況を打開する使命を担ったのが、大賢人のゲドと、エンラッドの王の息子アレン。ふたりが、アースシーの魔法衰亡の原因を突き止め、災いを取り除くために、南海域に向けての航海に出発します……。

航海のさなか、いくつもの危険と遭遇するうちに、ゲドに対するアレンの気持ちが揺さぶられるんですね。信頼と不信、共感と反発のはざまで、アレンの心の中の羅針盤の針がくるくると回転する。そして、アレンは成長していく。ゲドとアレンの心の絆が時に弱まり、またしっかりと結び合わされながら、物語はひたひたと進んでいきます。困難の中で精神的に強く、たくましくなっていくアレンの変化する姿に、本書の一番の読みごたえを感じました。

そうそう、ゲドとアレンのふたりを見ていて、エリス・ピーターズの「修道士カドフェル」シリーズのブラザー・カドフェルとブラザー・マークのこと、ちょこっと思い出しました。

ラストシーンがいいんだなあ。大魔法使いゲドと、エンラッドの王の息子アレンの苦難の旅路の果てに待っていたものは何だったか? 読み終えて、素敵な贈り物をもらった読み心地。清々しい解放感を味わうことができました。

ひとつ残念だったのは、ゲドがだいぶ年をとっていたこと。もっと若い頃のゲドの活躍を見てみたいなあと、そんな気持ちもしたことです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ファンタジーなのにリアル…

2002/07/31 01:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゲド戦記シリーズもとうとう3冊目。時間は登場人物達の上にも、
平等にそして残酷に流れてゆきます。

前回の冒険で世界に平和をもたらす腕輪を持ち帰り、時は静に流れ
ゲドは自分が魔法を学んだ賢人の島の魔法学院で大賢人となってい
る。そのゲドの元に一人の若者が訪れる。若者はエンラッドという
国の王子でアレンという。アレンが持ってきた知らせとは、自分た
ちの治める国の中で魔法が効かなくなってきているというものだっ
た。大賢人ゲドの元には、エンラッドだけでなく、世界のあちこち
から魔法が効かなくなってきているという知らせが届いていた。そ
れは世界を統治する王が800年も不在であるということから起き
た世界の不均衡がもたらしている害なのか?それとも他に原因があ
るのか?もはや若くはないゲドは、アレン王子ただ一人を供に、世
界の果てを目指す。

ファンタジーの世界の中で、主人公がこう言う風に年をとっていく
設定は初めて読みました。壮年というよりは、老人に近い人物とし
てゲドが描かれているのですが、その冒険の中で、ゲドは持ってい
た偉大な魔法の能力のほとんどを使い果たしてしまいます。まるで
その命の火を燃やすようにして、世界の平和を守るのです。こんな
に哀愁を漂わせたファンタジーの主人公が今までいたでしょうか?
まるで、定年退職直前のお父さんの背中を思わせます(笑)。英雄は
ただ去り行くのみ。と言う言葉がありますが、あまりにも淋しい展
開です。作者は本当に冷静な目で物語を作っていますねえ…。次が
いよいよ最終巻。いったいどんなお話が待っているのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/01 16:28

投稿元:ブクログ

 映画の原作になったらしいのですが…

 アレンとゲドの世代交代になる話だと思いました。
 アレンの成長も頼もしくあるのだけど、ゲドの老いがなんか悲しかったです。

2006/09/18 18:00

投稿元:ブクログ

ゲドが大賢人になり、一人の影に苦しむ少年と共に立ち向かう物語。ゲドの成長も楽しみながら、ゲドがサブ的役割で、他に主人公がいる形がやはり新鮮。ゲドはやっぱり永遠のヒーローであってほしいけど、人はいつか老い、次を担う者が必ず現れる。それを物語っているような気がした。ファンタジーだけど、人間に当たり前にある期限に言及しているからこそ、ただのファンタジーで終わらないんだなぁと思う。

2006/04/18 16:08

投稿元:ブクログ

ジブリでアニメ化されたエピソードです。竜は出てくるけれど、ドラクエ的なもんじゃありません。映画は見るとしてもDVD化されてからかな。図書館予約数は2(06/04/18現在)です。続きはあるようですが…End。

2012/02/10 15:46

投稿元:ブクログ

ゲドは相変わらず謎に満ちて、何も教えてくれないし多くを語りません。
ゲドに忠誠を誓った若者・アレンのゲドに対する敬慕の気持や
不審や様々な感情は読み手と一体となって
旅の苦しみを擬似体験できます。
アレンがゲドに夢中になってしまうところは本当に微笑ましいです

ファンタジーで、魔法や竜が出てくるけど
人間の営みに必要な当たり前のことは共通しているのだからね。
身の程に合わない力をする事がどんな災厄を招くか、
愛と死。この2つがなくては物語も人生も色あせてしまうだろうということ
等普遍的な事ですね。

「・・・わしにはわかるのだ。本当に力といえるもので、持つに値するものは、
たった一つしかないことが、それは何かを獲得する力でなくて、受け容れる力だ。」
(224頁)ゲドのように年を経て、そうなれたらいいのですが。

長い間、ゲドは三部作だということでしたが、今では5巻からなります。
気になることがたくさんのまま、3部だと思っていたらとても寂しかったと思うので
今ごろ、読み始めて幸せに感じています。

2006/05/09 09:57

投稿元:ブクログ

アレン王子の成長する様子が頼もしくていいです。
最初のころは王子とは名ばかりのただの少年ですが、
旅の間に立派な王者へと成長していきます。
それにひきかえ、大賢者ゲドは旅の間に
力をなくしたただの老人になってしまって、
「無常」を強く感じます。

この夏のジブリ映画の原作ですね。
予告編を見ましたが、竜の女(ひと)テルーの描写に不満を感じます。
美しい人間の女性と恐ろしい竜の顔が1人の
人間の中に同時にある、という不思議を強烈に
描いて欲しいと思っていたのですが、
ちょっと微妙です・・・

2006/03/05 19:00

投稿元:ブクログ

世界や己を知ると、どういう人間になるのか。言葉は減り、どんどん重みを増していく。青年はその深さに疑いや畏れ、希望を抱き、旅をする。ひとつの旅を終えようとしている老人と、旅を始めたばかりの青年の対比が小気味よく描かれる。躍動感と重厚感、光と影、生と死。対立する二つは別のものなのか。なぞを残しつつも、深いテーマでぐいぐい引き込まれる。

2006/04/11 03:55

投稿元:ブクログ

ゲド戦記第三部です。
長い間ゲド戦記はこれで完結と思われてたんですよね〜。
十分それだけのまとまりのある話ではあるんですけど。
ジブリによるアニメ映画の製作が決定しています。

2006/07/12 15:29

投稿元:ブクログ

影〜帰還までではある意味ゲドの最後の冒険だと思います。若いアレンはその時分のゲドよりできた男ですが、やはり芯が定まってなくて、彼の成長記といっても過言じゃないかも。

2006/12/09 20:15

投稿元:ブクログ

やっとアレンが登場。ハイタカの成長した姿に、一巻時の傲慢だった時に比べてしまいじんわりきます。言葉ひとつ何か残るものがあるのです。

2009/09/24 15:38

投稿元:ブクログ

名作「ゲド戦記」3巻目。ここでいったんは終了、後に4巻そして5巻も書かれましたが。
この世界がおかしくなっている…
王の一人息子アレンは、ロークの大賢人として名高いゲドのもとへ遣わされ、すぐにその人柄を尊敬してゲドに仕えることを望みます。
ゲドもまた、何を探すかも定かでない探索の旅の連れとして、少年アレンを選ぶのでした。
世界の果ての海で筏の上だけで暮らす民族に助けられ、人の世界には現れないはずの竜が太古から得ていた言葉を失い、しだいに狂気にむしばまれていく姿を目の当たりにします。
死んだと言われていた魔法使いクモの仕業らしいと突き止め、生と死の境界を越え…
アレンとホートタウンに行くあたりは映画に近いところがあります。
ただ映画はほとんどそのあたりで対決して終わりだもんねえ…
2時間ほどでまとめるからとはいえ、スケールが小さい。ダイジェストみたいなもんだから〜ぜひ原作も読んでください。

2008/04/03 01:08

投稿元:ブクログ

今回ゲドはもう大賢人です。主役は若い王子、アレン。
この話と次の「帰還」が混じってジブリの「ゲド戦記」ができたんだねー。納得。
しなやかで、瑞々しいレバンノン、素敵ですw

2007/03/30 01:26

投稿元:ブクログ

…けれど魔法ってこんなものなのですね。
アースシーという世界において、魔法はなんでも適えてくれるものではなく自然の中の一部なのです。

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む