詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

ボクの彼氏はどこにいる?

  • 発行年月:2002.7
  • 出版社:講談社
  • サイズ:20cm/219p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-211409-7

  • 国内送料無料

ボクの彼氏はどこにいる?

石川 大我 (著)

紙書籍

1,620 ポイント:15pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

30人にひとりはいる同性愛者。自分がゲイだと気付いた時の恐怖、誰にも言えない失恋、初めての告白、自分と同じ仲間に会えた感動…。同性愛者の著者がすべてをカミングアウト。【「...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

30人にひとりはいる同性愛者。自分がゲイだと気付いた時の恐怖、誰にも言えない失恋、初めての告白、自分と同じ仲間に会えた感動…。同性愛者の著者がすべてをカミングアウト。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石川 大我

略歴
〈石川大我〉1974年東京都生まれ。明治学院大学法学部卒業。中学生の時に自分が同性愛者であると気づく。00年4月から、同性愛に関する講演・執筆・ホームページの運営などを行っている。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(18件)
★★★★★(7件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(5件)
★★☆☆☆(1件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

わかるわぁぁ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/11/08 11:05

評価5 投稿者:サオリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あたしもこの本を読みました。
あたしはバイで、通っている学校に何人ものバイやレズビアン達がいます。
結構OPENな学校なのでとても過ごしやすいです(^▽^)

でも大我さんは苦しい学生生活を送ったんでしょうね。
修学旅行の話がとても悲しいですね(T0T)
同じ同性愛者でも理解してくれる人としてくれない人たちがいることが
とてもよく分かりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ボクの彼氏はどこにいる?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/04/30 18:29

評価5 投稿者:ゴン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 同じく、男性同性愛者として、非常に感銘を受けました。最初、自分の大きな写真を採用する方だから、堂々とした方だと思っておりましたが、読んでみると、自分と同じような思春期の悩みを抱えられたこと、「いつかは,治る。一過性」と信じたり、「治さねば」という思いにかられたり、かつての自分とオーバーラップし、その分、共感も大きかったと思います。
 私は、最近、親しい友人には、カミングアウトするようにしておりますが、その際、この本を見せると、よく理解してもらえます。みな、最初は、同性愛者=特定の飲食業に従事する人のみ というイメージがあったようですが、そうではなく、
異性愛者と同じ職業、生活を営んでいる者も多いこと、少しずつですが、理解してもらっています。
 軽く読めるので、同性愛者のみならず、異性愛者、子供や友人からカミングアウトされ、少なからず驚きを隠せない人々にも、いや、むしろ、そのような人々にこそ、お薦めの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いろんな個性があっていいじゃん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/03/01 09:38

評価5 投稿者:ぽこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

同性愛というとアンダーグラウンドなカンジがしてたのは
メディアの姿勢も責任があったと思います。
石川さんが太陽の光の中で微笑んで
ご本名や写真を公開していることから
同性愛者も異性愛者も仲間なんだなと
改めて思わせてくれます。
 パソコンやホームページ作りに苦闘するトコ
なんか私とおんなじだあ!
法律勉強されただけあって、とても
わかりやすい文章と構成です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

“Canweholdhands??”

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/02/17 01:29

評価5 投稿者:cygnus - この投稿者のレビュー一覧を見る

カバー写真の通りの爽やかナイスガイが一冊のエッセーを著わしました。
同性愛者としての半生を、大仰に語ることなく、ちょっぴりの涙and笑いのスパイスで包んで書き上げられたこの本。
同性愛当事者には、仲間がいるという連帯感と安心感を、それ以外の人にはマイノリティに対する新たなる視座を与えてくれるものと思います。
平明簡素な文章で書かれているため、2時間イッキ読みも可能です。今度の週末の就寝時に、或いは、今度の出張/旅行の新幹線/飛行機の中でアナタも読んでみてはいかがでしょう?
書評タイトルは、彼のwebサイトのタイトルです。素敵な言葉だと思いませんか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

同世代の同性愛者が読んでみて…。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/03/04 22:16

評価4 投稿者:くう - この投稿者のレビュー一覧を見る

恐らく、これまで上梓されている同性愛関係書の著者の中では最も『普通の』若者である。『セクシュアル・マイノリティー』の中の『マジョリティー』と云うべきか。

インターネットという新たなコミュニケーション・ツールは、同性愛者のような社会的マイノリティーが活用してこそその真価を発揮する。彼に限らず多くの同性愛者がネットを通じてどれだけ救われ、どれだけ多くの仲間と出会えたことか。
そういう意味で、インターネットとの出会いを機に、様々な仲間と巡り合い、同性愛者としての自我を確立していった著者は、まさに『同時代的な』青年なのである。

しかし、余りに『普通の』青年であるが故に、僕達同性愛者にとっては本書はやや物足りない。何せ、考え方や感じ方のほぼ全てが自分と同じなのだ。勿論、それこそが本書の狙いでもあるのだが。
個人的には、『働くゲイとレズビアンの会(アカー)』の若者達の青春を追った『もうひとつの青春(井田真木子著)』の方が、『物語』としては胸に迫るものがある。しかしながら、『もうひとつの〜』に登場する若者達は、インターネットという手段を持っていなかった点で明らかに『前時代的』だ。インターネットの普及によって、僕達同性愛者は高い壁をひとつ越えることができたと同時に、活字にして第三者の興味を惹きうるほどの特殊性や閉鎖性を失ったのかも知れない(それ自体は好ましいことである)。

その辺りに本書の難しさがあるように感じた。この若さで自身の半生を公表した著者の勇気と誠実さは尊敬に値するが、本書に綴られている著者の半生は、彼のウェブサイトで公表しても充分目的を果たせそうに思えた。辛うじて活字にする意味があるとすれば、『すこたん企画』のスタッフとして数々の講演や活動を行ってきた経験を彼が持っていることか。

それでもなお『活字媒体』にこだわるならば、彼のウェブサイトをおよそ訪れないであろう人達に読んで貰ってこそ意義がある。常にもどかしく思っているのだが、同性愛者(特に男性同性愛者)に理解を示してくれるのはほとんどが女性である(理解を示して貰えること自体は感謝すべきことだが)。
このような本は、著者と同世代の男性にこそ読んで欲しい。『毎日顔を合わせている自分の友人が実は同性愛者かも知れない(その可能性は少なく見積もっても3〜5%程度ある)』という点では、著者と同世代の男性異性愛者こそゲイの存在は見過ごすべきではないし、また、身近な問題なのである。

その点から見ると、苦心の跡が見えるタイトルも、淡いブルーを基調とした装丁も、やや気恥ずかしいほどに平明簡易な文体も、男性(異性愛者)には却って敬遠されそうな懸念を感じた。
『活字媒体』としての意義づけのためにも、男性読者に受け容れられやすくするためにも、『第三者(それも男性異性愛者)の視点』を採り入れた方がよいのではなかろうか。私見だが、藤井誠二さんあたりに、彼を含む『すこたん企画』のメンバーの日常をルポルタージュ形式で追って貰うってのはどうだろう? 誰か企画してくれませんかねぇ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2004/09/30 17:41

絶対に読んで損は無いと思いますし読むべきだと思う。文中にあるHPにのせた『「状況を初めて知った」を選んだ皆さんへ』という部分は特に。

評価3 投稿元:ブクログ

2005/11/18 21:29

同性愛者の著者が素直に自分の気持ちを表現している本。今では同性愛者も認められつつあるけど彼が小さい頃は異常として見られていたかもしれない。同性愛者も異性愛者も根本は同じなんだよね。好きな人に好きと言えない、隠し通さないといけない日々。彼にとって今がきっと自然体で過ごす事が出来ているんだろうな。

評価5 投稿元:ブクログ

2005/10/10 16:28

この石川大我さんの著書に出会わなければ、今の僕は無かったし、多くの友人とも会えなかった。同性愛者ならではの悩み、恋愛すると誰でもぶつかる壁、人を好きな事に性別なんか関係ないと思える1冊。

評価3 投稿元:ブクログ

2005/12/01 11:27

ゲイの著者がカミングアウト!
へぇ、と思わせるところもあったけれど…うーん、あまり心には残らなかったなぁ

評価2 投稿元:ブクログ

2009/08/02 23:31

ゲイの男の子が自分を認めて現在に至るまで。
かわいいから女の子にもてただろうな。でもこんなふうに顔と本名を出すのってすごく勇気がいることだと思う。内容的には普通だったけどね。

評価4 投稿元:ブクログ

2009/04/07 11:37

同性愛者である石川さんのこれまでの歩みを書いたもの。僕自身、全く同性には関心がないんだけど、彼、そして同性愛者の苦労、世間からの風当たりの強さが分かる。本にも書いてあったが、顔や名前を出すことに相当の決心が要ったと思う。だけど、彼が名前や顔を出すことの意味はあったと思う。別に同性愛者でも何でもない人に読んでもらいたい。そして誤解を解いてもらいたい。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/08/02 00:33

以前、文庫本の方を大量に買っていった方のレジをしたので、
単純に下世話な興味本位で借りました。

同性愛者である作者が、
自分のセクシャリティを自任するまでのお話と、
その後の活動が綴られております。

作者の苦悩も書かれていますが、
基本がとても前向きな本で、
過激な描写は全く無く、
小中学校あたりで性教育または道徳(というと、差別がどうとかで別の問題が勃発しそうな気もするけど)とかの教材に良いのではないかと思いました。

しかし、リアルな話を読めば読むだけ、
女子の妄想による産物を好んで読んでてごめんなさい…!という気分にならなくもない。

何にしても、
世間一般の枠からはみ出たひとたちが、
肩身の狭い思いをしない世の中になってくれればいいなと願います。

評価0 投稿元:ブクログ

2010/10/19 20:15

つい手にとってしまった1冊。
まだ読んでないので読むのが楽しみ。

自分の世界の見かたが広がるといいな…!

評価3 投稿元:ブクログ

2010/11/25 19:06

ゲイである著者が、自身の性的指向を自覚する過程、カミングアウトまでの苦悩、孤独感、自分がゲイとして生きることで伝えたいこと等を書いたエッセイ

そのときそのときの気持ちが素直に書いてあるから、すんなり読める



「自分を肯定できた時に初めて、他人に対してホントウに優しくなれた気がする」っていうような一文がとっても好き

評価0 投稿元:ブクログ

2012/07/23 11:19

当館OPAC⇒http://www.slib.aichi-gakuin.ac.jp/csp/portal/search01.csp?qual1=%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89&keyw1=%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%81%AE%E5%BD%BC%E6%B0%8F%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%AB%E3%81%84%E3%82%8B%EF%BC%9F&campus2=%E6%A5%A0%E5%85%83

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.