サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

デイヴィー荒野の旅
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.7
  • 出版社: 扶桑社
  • サイズ:19cm/405p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-03613-9
  • 国内送料無料

紙の本

デイヴィー荒野の旅

著者 エドガー・パングボーン (著),遠藤 宏昭 (訳)

核戦争による崩壊から300年。小国家が乱立し、強い宗教支配のもとにあるアメリカ東海岸。娼家に生まれたデイヴィーは、9歳にして町の居酒屋に引き取られる。かくて数奇な少年時代...

もっと見る

デイヴィー荒野の旅

1,851(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

核戦争による崩壊から300年。小国家が乱立し、強い宗教支配のもとにあるアメリカ東海岸。娼家に生まれたデイヴィーは、9歳にして町の居酒屋に引き取られる。かくて数奇な少年時代が始まった…。幻の名作SF、待望の邦訳。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

エドガー・パングボーン

略歴
〈パングボーン〉1909〜76年。ニューヨーク生まれ。ニューイングランド音楽学院に学ぶ。1930年にミステリー作家としてデビュー。「オブザーバーの鏡」で国際幻想文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

人類讃歌

2003/02/13 00:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

 読後、なにか大きなものに包まれたように感じた。パングボーンの一昨年復刊された「オブザーバーの鏡」の時と同じ、あの感じだ。
 核と生物兵器による世界戦争によって文明は崩壊し、わずかに生き残った人々が中世的な暮らしを営んでいる。今からすれば陳腐な設定かもしれない。本書は1964年に書かれたが、1961年には核戦争の恐怖を現実的なものにしたキューバ危機があったことを考えればそれほど目新しいアイデアというわけでもない。
 描かれる世界は、これもお決まりのように、退廃と暴力、抑圧的な宗教などに彩られ、主人公の少年デイヴィ−がその中で成長していく物語だ。
 現在の北米大陸北東部らしき舞台にはたくさんの共和国が存在しており、科学は失われ、旧時代の本を読むことは教会に禁じられている。デイヴィーはふと、太陽の昇ってくるところまで行ってみたいと思う。そして放浪の旅で多くの仲間や人生の師、愛する人と出会い、少しばかり機転のきいた少年はいくらかの権力を手にしさえする、その過程が28才のデイヴィーのペンによって振り返られる。
 その内容はきまぐれで破天荒だが、自慢げな冒険談でもなければ、背徳的な表現で読者をそそったりもしない。負の遺産の残された世界の悲劇的なエピソードが冷静に描かれるほど、旧時代、つまり現代の我々に突き刺さってくるが、デイヴィーはこうも言う「往々にして悲嘆というものが、いつの間にか人を哲学者に変えてしまうのは、悲嘆が哲学でなくてはならないからだ」こんな陳腐なことを考えていたのだ、と。
 読後に感じた自分を包むものが何か、人類愛なんて言うとデイヴィーに笑われそうだ。そんな言葉には散々裏切られている。
 ただ悠久の大地と、広大な海があり、人間は生きている。言葉を失いただ包まれているだけでなく、僕達がこれから残せる地球のことを考えてもいいのかもしれないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

翻訳家

2002/08/23 15:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:遠藤宏昭 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『デイヴィー 荒野の旅』は、ひと言で言って、不真面目な文体で語られた、真面目な小説だと言えます。主人公デイヴィーが、宗教、政治、哲学などという難しい話を、冗談やら際どい話やらに交えて、すごい勢いで喋りまくる、そういう作品なのです。訳者としては、原作の持つそういう深刻さと猥雑な生命力を、読んだ方が感じられるようにと腐心しました。楽しく、また難儀な仕事でありました。
 ところで、この作品、二十年ほど以前にサンリオSF文庫からの出版が計画されていました。その計画が頓挫したあと、訳者の元に原稿が残り、それがひょんなことから、今回、扶桑社に発掘されて、ついに日の目を見ることになったものです。それだけに訳者としても思い入れの強い作品で、なるだけ多くの方にお読みいただければ幸いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

編集者コメント

2002/08/23 15:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:担当編集 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昨年『オブザーバーの鏡』が復刊されたエドガー・パングボーンですが、なんと彼の幻の代表作が突然扶桑社から出版!
 ということで、驚かれたかたも多いかと思いますが、じつは担当編集者本人も驚いている次第。
 核戦争から300年後のアメリカを舞台に、少年の成長と遍歴を描く本書は、1964年に発表されるや、スタージョン、ハインラインほか並みいる作家たちからこぞって絶賛を受けた名作です。
 それだけに、日本でもさまざまな機会に紹介されてきましたが、ぜひ実際に手にとってお読みください。構成、筆致、内容、どれをとっても一級の作品であり、この小説を日本語で読めるようになった幸せを、みなさんで噛みしめようではありませんか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む