OP 全品ポイント2倍(~7/14)

ちいさいおうち 改版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 114件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:2001.9
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:24×25cm/40p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-00-110553-5
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ちいさいおうち 改版 (大型絵本)

著者 ばーじにあ・りー・ばーとん (ぶんとえ),いしい ももこ (やく)

【コールデコット賞(1943年)】静かないなかに、ちいさなおうちがたっていました。リンゴの木や畑にかこまれて、たいへんしあわせでしたが、まわりに工場がたち、電車が通って、...

もっと見る

ちいさいおうち 改版 (大型絵本)

1,728(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ちいさいおうち 改版」が含まれるセット商品

リー・バートンの絵本 5巻セット

リー・バートンの絵本 5巻セット

  • 税込価格:8,10075pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

【コールデコット賞(1943年)】静かないなかに、ちいさなおうちがたっていました。リンゴの木や畑にかこまれて、たいへんしあわせでしたが、まわりに工場がたち、電車が通って、にぎやかな町になると…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー114件

みんなの評価4.5

評価内訳

私たちが求めたもの

2011/05/15 06:55

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この絵本は1942年にアメリカの最優秀絵本として賞を受けていたことに驚いてしまいます。
 昔の人なら、だから戦争に負けるのだというかもしれません。私は「戦争を知らない子供たち」の世代ですから、そんな無粋なことはいわないですが、それでも大きな文化の違いを感じます。
 当時のアメリカにはこの絵本が描こうとしていたように、拡大一途の文明の発展を良しとはしない、そんな主張もまちがいなくあったのでしょう。
 しかし、残念ながら、それがすべてではなかった。ちいさなおうちの住む場所がいつの間にか田舎から町、そして大都会へと変わっていくことを人間の進化のように考える多くの人がいたということが、この絵本の出版から70年近くなって、歴史が証明しています。

 日本でもそうです。戦争が終わって、多くの人たちがめざしたのは、ちいさなおうちが大きなビルのはざまで息もできなくなって苦しむそんな生活でした。それが当時の人たちの希望だったのです。それはちょうど、ちいさなおうちがずっと昔に町の遠いあかりをみながら「まちって、どんなところだろう」と思ったこととよく似ています。
 春のにおいを胸いっぱい吸い込み、夏のひかりに目を細め、秋の風に髪をなびかせ、冬の寒さに身をかがめる。そんな自然と折り合っていく生活を、「便利」という誘惑と「不便」という理由で捨てていった、私たち。
 ちいさなおうちの頭の上に広がる雲がいつの間にか真っ黒に変わっていくのを見過ごしてしまいます。ちいさなおうちのまわりに「ひなぎくのはなも さかない」ことに不思議を感じなくなっていきます。

 私たちは残念ながら、この絵本の最後の部分を読み損なってきたのかもしれません。あるいは、読んでいながらそれでも都会の誘惑に負けてしまったのかもしれません。
 だったら、何度でも読むしかありません。子供へ孫へ、新しい世代へと読む継いでいくしかありません。
 きっといつか、この絵本が、ちいさなおうちが求めたものを、誰もがわかる日がきます。
 それがいつなのか、いえないことが悔しいとしても。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

忘れてはならない大切なこと

2001/11/24 22:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きょんち - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この絵本は、1942年にアメリカで出版されたとても古いお話です。今、子どもさんをお持ちの方も、小さい頃読んだという記憶がおありだと思います。それほど、読みつがれてきたすてきな絵本です。
 家という動かない物体が主人公のめずらしいお話です。ある田舎に建てられたひとつのおうち。このお話の中で普遍的なものは、このおうちだけです。はじめは、朝、夜、春、夏と自然の流れを感じながら、同時におうちも生きているようでした。
 21世紀を迎えるた今、考えなければならないテーマが隠されているような気がします。あまりにも便利になりすぎた世の中ですが、その中で変わらないものを見失しなわないように…この事を忘れないでいましょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

生活は便利になった分、自然はなくなってしまいました。

2000/10/28 11:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まだ馬車が走っていたずっと昔のこと、田舎の丘の上に小さなうちが一軒建っていました。
この家は、大工さんが、孫の孫の孫の世代まで立派に建っていられようにと丈夫に建築しました。

 年月が経ち、リンゴの木に囲まれていた家にも、高度成長の波が押し寄せてきます。
馬車が車にかわり、あぜ道は舗装され、人々は忙しく行き来します。

 実際、子どもの頃は、山だった土地が切り開かれて、住宅街になっています。
私が今住んでいる所だって、数百年前は、田畑が沢山あったでしょう。
生活が便利になった分、大切な自然を少しずつ失ってしまいました。

 小さなおうちが建っていた田舎も、今では、近代化が進み、
地下には地下鉄、頭上には高架線、そして、両隣には高層ビルがそびえています。
これでは、季節が分からなくなるのも当然です。

 この絵本は、1942年にアメリカで出版されました。
58年前の絵本でありながら、全然古さを感じません。
今の日本にも充分当てはまります。
生活の便利さを追求するあまり、意図も簡単に行われてる自然破壊をもう一度考え直す時が来ているのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

都市化シュミレーション絵本

2002/01/13 10:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読ん太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 田舎町に建つ小さいお家のお話。
 がっしりと丈夫に建てられた小さいお家は、年月が経っても元気いっぱい。だけど、昼は太陽、夜は月やお星様、春夏秋冬を楽しむ小さなお家のまわりが段々と騒がしくなっていきます。曲がりくねった馬車道は直線の舗装道路になり、車がブンブン通るようになります。あれよあれよと言う間に小さいお家は、高層ビルに取り囲まれ、家の前には電車が通り、ついには地下鉄も通って地面を震動させます。一日の内、少しの間だけ太陽の光を感じることはできますが、夜はお月様も見えない。いつ春が来たのやら季節が変わる様子もわからなくなってしまいます。小さいお家はすっかり元気をなくしてみすぼらしくなってしまいます…。

 この絵本を読んで思い出したのが、昔夢中になった「シム・シティ」というゲームソフトだ。自分が市長になって、何もない更地に家を建てたり工場を建てたりして、都市化をしていくというゲームだ。道路を作ってやると、そこを車が忙しげに走り出す。都市化を無理にすすめると犯罪が多発するようになる。工場を建て過ぎると大気汚染が発生する。
 当時は、市民の評価を高めるために必死に都市化を進めた読ん太市長であったのだが、『ちいさいおうち』でピンクの壁のかわいらしい家が生息吐息になる様子を見て、自覚はある事項だろうにハッとさせられるものがあった。とてもわかり易くて、とても説得力のある絵本だと思う。

 自分の生活を考えてみると、小さいお家が息苦しくなるような場所で生活しているのだなとわかった。大都会ではないけれど、直線の舗装道路が走り、気温とカレンダーによって春夏秋冬を認識こそすれ、目に映る景色はさほど変わりはしない。
 「やれ、お花見だ。」「やれ、紅葉だ。」と電車に乗って出かける自分が、どれだけ貧相な場所に暮らしているのかを思い知らされる気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/29 02:37

投稿元:ブクログ

もしかしたら、私のさびしい好きとハッピーエンドを求める気持ちはこの本が大きな影響を与えているのかもしれません。そして、大切な本。

2004/09/22 12:29

投稿元:ブクログ

1942年にアメリカ最優秀絵本として
コールデコット賞を受賞した作品。
”ほんとうに大切なものは何か”
最後には心あたたまるお話です。

2005/12/18 22:15

投稿元:ブクログ

周りがどんどん都会になっていくとちいさいおうちが可哀相になってきました。最後はハッピーエンドでよかった。

2004/12/17 15:58

投稿元:ブクログ

去年引越してきた今の家を初めて見た時、この本の「ちいさいおうち」をまっ先に思い出しました。わたしもしっかりおうちの面倒をみよう!

2004/12/21 08:36

投稿元:ブクログ

なんだかいろいろなことを考えさせられる絵本。
小さいコロこんなおうちに住みたいってずっと思っていました。
色使いがすごく綺麗で、表紙がとくに印象的。

2005/05/21 10:47

投稿元:ブクログ

おうち……かわいそう……!!読んでいて、どんどんちっちゃく汚くなっていくおうちに感情移入します。うぇぇえええおうちぃぃいい大丈夫かぁぁああ!!!みたいな感じで。

2010/11/09 12:18

投稿元:ブクログ

小さい頃読んですごく印象に残った本。大人になっても記憶が残っていてどうしても読みたくなり最近また買いました。

2005/08/23 19:42

投稿元:ブクログ

上京してしばらくたった時、これ読んで、泣きましたから、エエ。おうち帰っておかあさんに読んでもらいたくなりました(笑)絵本だようー!!

2005/09/20 01:52

投稿元:ブクログ

顔のようなおうちが、どんどんゆがんでいって、最初はもの悲しい思いだけでいっぱいだったけど、こども心に強く印象に残った絵本です。いつの間にか好きになっていました。

2005/09/26 22:56

投稿元:ブクログ

かつて、中古の家を買い取り時間をかけて改造(改装)するのが元建築業従事者の私の稀少な夢でもあったが、最早この歳になっては体力・気力の減少に泡と消えた。日本人の不動産信仰に私は閉口するばかりだが、こんなおうちならずっと大事にしてあげたい。それは「家」ではなくて「伝統」だと思うから。「ちいさいおうちの うえでは ほしがまたたき……お月さまもでました……」

2005/10/08 12:15

投稿元:ブクログ

小さいなおうちが近隣の風景の変化とともに変って行くさまに寂しさを感じますね〜。「不易流行」みたいなことが伝えたかったのかな〜と思います。絶対オススメの一冊ですね!

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

サイト内検索

キーワードを入力