詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 男性向けコミック
  4. 20世紀少年 9 本格科学冒険漫画 (ビッグコミックス)

20世紀少年 9 本格科学冒険漫画 (ビッグコミックス)(ビッグコミックス)

  • 発売日:2002/06/29
  • 出版社:小学館
  • レーベル:ビッグコミックス
  • サイズ:18cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-185539-3

コミック

  • 国内送料無料

20世紀少年 9 本格科学冒険漫画 ラビット・ナボコフ (ビッグコミックス)

浦沢 直樹 (著)

紙書籍

545 ポイント:5pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【文化庁メディア芸術祭(第6回)】【日本漫画家協会賞(第37回)】【星雲賞 コミック部門(第39回)】【「TRC MARC」の商品解説】

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「20世紀少年 9 本格科学冒険漫画 (ビッグコミックス)」が含まれるセット商品

20世紀少年(ビッグコミックス) 22巻セット(ビッグコミックス)

20世紀少年(ビッグコミックス) 22巻セット

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(20件)
★★★★★(7件)
★★★★☆(6件)
★★★☆☆(3件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

20世紀少年

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2005/12/02 14:26

評価5 投稿者:20XX - この投稿者のレビュー一覧を見る

小泉響子は頑張ったと思う。 でもこんな結末になるなんて残念だ。 彼女のパワーとヨシツネの力添えがあれば切り抜けられると思ったのに。 カンナは何やら不思議なパワー前回でとっても信じられないことをやってのける。 こんな能力ってやっぱりあっても案外役立たなくてこういうときになって初めて使われるんだって思った。 でもいくら力があるからって、こんな怖いところによく乗り込む気になったもんだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

カンナ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/31 01:45

評価5 投稿者:paguapgu - この投稿者のレビュー一覧を見る

弱冠17歳にしてタイや中国のマフィアのボスと渡り歩いてしまうカンナが凄すぎる。最後の希望、カンナを助けるオッチョも格好いい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

浦沢さんの作品には、ついつい期待してしまいます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/07/25 18:16

評価5 投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ともだちランド」の研修会に参加した小泉響子は、ヴァーチャルアトラクションのボーナスステージの中にいた。そこで、小学生のころのケンジとその仲間に会い、とうとう「ともだち」の顔も見てしまう……。

それにしても、「ともだち」の正体とはいったい、だれなのでしょうか。
「ともだち」がお面を取っても、読者の私たちにはもちろんその顔は見えないような角度になっているのですが、その顔を見たケンジも響子も、驚愕の顔つき……。
ケンジが見て驚くというのなら、それは思いもよらぬ相手だったということでしょうが、響子までが驚愕、それも世にもおそろしいものを見た、とはどういうことでしょう。
ますます謎は深まります。

カンナのほうは、昔からのカンの良さ(超能力?)を利用して、マフィアの連中を味方につけようとします。でも、「ともだち」の「しんよげんの書」には「きゅうせいしゅは せいぎのため たちあがるが、あんさつされて しまうだろう。」と書かれていて……。

「しんよげんの書」のとおりだと、2014年からまた、悪夢のような世界がはじまるようです。
これから第二の戦いがはじまるのですね。どんな恐怖や驚き、感動が待っているのか、浦沢さんの作品には、ついつい期待してしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

カンナの本気勝負が始まる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/07/31 23:52

評価4 投稿者:夏野涼 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ともだちランドのヴァーチャル・アトラクションに送り込まれた小泉響子。そこで彼女は“ともだち”の顔を見てしまう。一方、カンナは、ともだちと対決するための資金をかせぐべくマフィアのカジノに乗り込み、本気勝負を挑んで大金を得、それを元にマフィアやホームレスらを教会に集め、彼女の持って生まれた勝負師のパワーで、ともだちからローマ法王をまもるため、彼らの協力を取り付けることに成功する。その裏で、「しんよげんの書」の存在が明らかになる。そこには書かれていた、集会で救世主は暗殺される、と。そして、カンナの出生の秘密も明らかに!?
この物語は、いよいよ大きく動き出した。叔父のケンジの遺志を引き継ぎともだちとの対決に本気で動き出すカンナ。小泉響子を裏でサポートし、時が来るのを待つケンジの友・ヨシツネ。ショーグンことオッチョ。カンナとともだちとの対決はどうなっていくのか、「しんよげんの書」はいったい何を示しているのか。まったく目が離せない!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

次の巻が楽しみです。何を見たのかコイズミキョウコ!!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/07/19 17:10

評価4 投稿者:スピカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小泉響子は頑張ったと思う。
でもこんな結末になるなんて残念だ。
彼女のパワーとヨシツネの力添えがあれば切り抜けられると思ったのに。

カンナは何やら不思議なパワー前回でとっても信じられないことをやってのける。
こんな能力ってやっぱりあっても案外役立たなくてこういうときになって初めて使われるんだって思った。
でもいくら力があるからって、こんな怖いところによく乗り込む気になったもんだ。
やはりケンジの力は大きいのか…。
最後には助けてくれてありがとう!!! ショーグン!!!って感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ついにカンナが始動!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/07/04 23:07

評価4 投稿者:ポーリィーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

カンナは生まれ持った能力を駆使し、ヤクザやタイマフィアたちを相手に「ともだち」打倒の為の仲間を集うが…。赤ちゃんの時から片鱗を見せていた超能力をいったい何時になったら魅せてくれるのかと楽しみにしていたが、期待通り(それ以上?)に気持ちよく描いてくれて気分爽快! これからのカンナの活躍が楽しみだ(HP作りました)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

カンナの本気勝負が始まる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/10/18 16:58

評価0 投稿者:夏野涼 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ともだちランドのヴァーチャル・アトラクションに送り込まれた小泉響子。そこで彼女は“ともだち”の顔を見てしまう。一方、カンナは、ともだちと対決するための資金をかせぐべくマフィアのカジノに乗り込み、本気勝負を挑んで大金を得、それを元にマフィアやホームレスらを教会に集め、彼女の持って生まれた勝負師のパワーで、ともだちからローマ法王をまもるため、彼らの協力を取り付けることに成功する。その裏で、「しんよげんの書」の存在が明らかになる。そこには書かれていた、集会で救世主は暗殺される、と。そして、カンナの出生の秘密も明らかに!?
この物語は、いよいよ大きく動き出した。叔父のケンジの遺志を引き継ぎともだちとの対決に本気で動き出すカンナ。小泉響子を裏でサポートし、時が来るのを待つケンジの友・ヨシツネ。ショーグンことオッチョ。カンナとともだちとの対決はどうなっていくのか、「しんよげんの書」はいったい何を示しているのか。まったく目が離せない!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2004/10/07 15:49

始めは何がなんだか解からなくて頭ゴチャゴチャになってくるけど、やっぱり浦沢漫画はひきこまれます。
読み出したらやめられない。

評価5 投稿元:ブクログ

2009/08/27 19:27

『マスターキートン』や『モンスター』とは打って変って、頼りなさすぎの主人公ケンジとそれを取り巻く仲間たちを描くSFサスペンス(本格科学冒険漫画)。スピリッツ連載中、毎週次号の物語の展開が待ち遠しすぎて困ったものです。「よげんの書」に出てくる「9人の戦士」って、結局はケンヂ、オッチョ、ユキジ、ヨシツネ、マルオ、モンちゃん、ケロヨン、コンチ、ドンキーだったのでしょうか。

個人的には、オッチョと漫画家・角田が海ほたる刑務所から大脱走するくだり(第6巻〜第7巻)あたりになぜか一番思い入れが強いです。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/03/20 08:32

俄然カンナの活躍場面が増えてきちゃった。表紙にいるのもカンナが前面で、バックにオッチョ、ユキジ、ヨシツネがいる。
ヴァーチャル・アトラクションに入った小泉響子は、“ともだち”の顔を見ようとする寸前、ヴァーチャルの中のヨシツネに引きとめられてしまう。翌日?、ヨシツネが通りかかったのを捕まえて、学校の屋上で宇宙人と交信している転校生のところに連れて行ってもらう。屋上のサダキヨは、宇宙人のお面をつけている。もう一人お面をかぶっている子がいる。“ともだち”らしい。お面をとってもらって顔を見てしまう。読者には後ろ向きなので、どんな顔なのか見えない。2014年のヨシツネたちは、小泉さんが“ともだち”の顔を見てしまう危険に気付き、ともだちランドの施設に入り込み、通信回線を探し、端末をつなぎ、ヴァーチャル・アトラクションを強制終了する。ヴァーチャル・アトラクションの強制終了画面には、「強制終了すると、プレーヤーの脳内メモリーに支障を来たす場合があります。よろしいですか?」と出ていたので散々迷った上での「はい」だった。
アトラクションに入り込んだうちの二人は自殺したらしいが、小泉さんは生き残った。
カンナは、拾ったカジノのコインを元手にスロットマシンでコインを増やす。もっと大もうけできるものを・・・。ラビット・ナボコフに挑戦。超能力的な感があるので、どんどん勝ってしまう。そのお金を全部、そこにいる人たちにあげて、カンナに協力してくれるよう頼む。新宿の教会を借りて、そこに集まった、中国マフィア、タイマフィア、ホームレスの人々を前に、カジノでの例を挙げて、私と組まないかと提案する。但し、あたしと組むって事は、死ぬ場合もあるってことよ。といわれてビビッているところに、タイマフィアのボスと中国マフィアのボスが現れる。二人のボスに、「あたしと一緒にローマ法王を守って」とお願いする。“ともだち”が万国博覧会のついでにやってくるローマ法王が新宿の教会を訪問する予定になっており、その殺人を計画し、犯人としてマフィアたちの仕業にしようとしていることを話す。
(マフィアのボスたちに話をつけるだけですむんだから、カジノの話や、集会の話はストーリー的に無理があると思う。)
集会を聞きつけた、例のほくろの警察官が、マシンガンで、カンナの暗殺に現れる。
よげんの書には続きがあり、そのなかに、「2014年、新宿の教会で集会が開かれ、集会で、救世主は正義のため立ち上がるが、暗殺されてしまうだろう。」とある。オッチョ、ユキジが駆けつけるが、ほくろの警官は、海ほたる刑務所13番の狙撃によって死んでしまう。
13番を探し当てたオッチョに、よげんの書の続きに、「聖母が降臨する時天国か地獄のどちらかを携えてくるだろう」と告げて、ヘリコプターで逃げてしまう。
(ヘリコプターで逃げるなどというのは、怪人20面相でよく出てくるやり方だねえ。浦沢さんも「少年探偵」江戸川乱歩著、を読んだのだろうか?)
(2004.08.01・記)

評価0 投稿元:ブクログ

2010/04/17 17:16

ラビット・ナボコフ
登場少年紹介より
西暦2014年-“ともだち”完全支配下のネオ東京。
真の平和を奪還せんと、“彼ら”が再び立ち上がる!!
洗脳工場“ともだちランド”に強制連行された小泉、そして、“最後の希望”カンナの運命は-!?

評価5 投稿元:ブクログ

2008/09/16 07:51

注目ポイント
本気で勝負すると…………何かが決壊する
カードの数字を当てたり、スプーンを曲げたり、カンナは小さい頃からなんとなくできた
モンちゃんに差出人不明の封書で届いた「しんよげんの書」
モンちゃんは病院から姿を消してどこに………

評価5 投稿元:ブクログ

2009/02/18 00:17

ビッグコミックス掲載当時、読んだ記憶があったが、いかんせんまだ幼かった(?)ため、
難解ですぐに読むのをやめた記憶が・・・。
が、これは映画でも話題だし、久しぶりに読んでみるかと手に取った。
・・・昔の自分を呪ってしまうくらい、面白い!
とにかく一気に10巻分を一日で読みきった。
まだ続きがあるので、気になる!

評価3 投稿元:ブクログ

2010/11/27 08:20

副題「ラビット・ナボコフ」

カンナ始動。
中国マフィアと台湾マフィアとホームレスたちを集めローマ法王暗殺阻止のため説得しようとするが…。

《しょせんは世の中 金だが、それがすべてじゃない……
本気で 勝負すると…………何かが決壊するんだ。》(p.45~46)

(2005年01月30日読了)

評価4 投稿元:ブクログ

2013/06/23 05:49

ハットリくんのお面の下は、サダキヨ?
 
ともだちワールドでそれを見せたからって一体何になるのかって疑問。
洗脳されない者には、恐怖で押さえつけ、それでもダメなら絶交ってことか。
 
タイ、中国マフィアをまとめようとするカンナ。
 
ステンドグラスを割って登場するオッチョは名シーン!

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.