サイト内検索

詳細検索

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. バイオインフォマティクスのためのPerl入門
バイオインフォマティクスのためのPerl入門
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.11
  • 出版社: オライリー・ジャパン
  • サイズ:24cm/393p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87311-103-X
  • 国内送料無料

紙の本

バイオインフォマティクスのためのPerl入門

著者 James Tisdall (著),水島 洋 (監修・訳),明石 浩史 (訳),またぬき (訳),小林 慎治 (訳)

バイオテクノロジーの分野で不可欠なコンピュータの利用を探求するバイオインフォマティクス。生物学者や生物学を学ぶ学生のための、バイオインフォマティクスの必修科目ともいえるP...

もっと見る

バイオインフォマティクスのためのPerl入門

5,184(税込)

ポイント :48pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バイオテクノロジーの分野で不可欠なコンピュータの利用を探求するバイオインフォマティクス。生物学者や生物学を学ぶ学生のための、バイオインフォマティクスの必修科目ともいえるPerl言語の手引き書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

James Tisdall

略歴
〈Tisdall〉バイオコンピューティングの研究者としてPerlを使い、ヘモクロマトーシスを発症する遺伝子を発見するのに貢献。現在、アルツハイマー病などの神経変性疾患について研究。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

内容紹介

2002/11/29 16:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

10年前であればコンピュータと生物学分野ような学術領域が重なりあうことは、ほとんどなく、生物学分野の研究においてコンピュータが中心的な役割を担てはいなかった。生物学は顕微鏡などで観察することが中心であったのである。しかし、現在ではヒトゲノム解析などのようにコンピュータは生物学的問題の発見や解析の過程において必要不可欠なものになり、生物学とコンピューティングの最先端の領域は互いに収束しつつある。このことは、生物学、遺伝学、新薬発見、医学といった分野に大変革をもたらしている。
本年1月に発行して、反響を呼んだ『実践バイオインフォマティクス』の続編にあたる本書は、バイオインフォマティクスの分野でデータ解析の定番ツールとして、実際の研究現場で多用されている、Perl言語によるプログラミングについての手引き書である。Perl言語の基礎をわかりやすく解説するだけでなく、実例として実際の生物学的データを活用した実践本位の内容となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

遺伝学・バイオテクノロジー ランキング

遺伝学・バイオテクノロジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む