サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

わが心臓の痛み 上(扶桑社ミステリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.11
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/348p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-03802-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

わが心臓の痛み 上 (扶桑社ミステリー)

著者 マイクル・コナリー (著),古沢 嘉通 (訳)

わが心臓の痛み 上 (扶桑社ミステリー)

905(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/07/27 08:47

投稿元:ブクログ

ハードボイルドは、時代と多くの先駆者たちの影響によって様変わりしてきた。現代は“ポスト・ネオ・ハードボイルド”の時代らしい。一括りに論じれば、主人公と事件の距離がより密接になっている共通点があるのだとか。ハードボイルドの定義について分析できるほど多くを読んではいないが、先ほどの共通点はなんとなく理解できる。フィリップ・マーロウやサム・スペードらよりも、主人公が自ら進んで事件と対峙しようという印象は強い。本作品はまさに典型的。

死と再生という対極のテーマを、丁寧にきめ細かく扱っている。それぞれの立場を重視しながら、決して感情的になることはなく。どこかで爆発してもいいのに、ギリギリのラインを保って理性を押さえ込んでいる。なぜなら彼らは大人だから。そう、コナリー作品に登場する人物たちは、誰もがみな大人なのである。責任ある大人の下した決断は軽くない。だから読んでて胸につまる。

ミステリ作家としてのスタンスもいい。事件へのアプローチや手掛かりを無駄にしないところも好き。途中までは完全に星五つだったのだが、動機が判明した時点でちょっと引いた。こういう動機は好きではない。あ、だから主人公はFBI捜査官なのか、と納得はしたが虚脱感がなくなるわけではない。一種のサプライズかもしれないが、こういう動機で事件に別の面を持たせてほしくはないのだ。

ただ、そうは言ってもやっぱりコナリーは面白い。相性が良くて不安材料が見当たらないから、いつまでも読んでいたくなる。他シリーズのキャラがなにげに顔を出してるのがずるいんだよなあ。

2010/05/03 19:51

投稿元:ブクログ

フリーの主人公が捜査を行う理由としてはベタな感じすらします。しかし犯人を追いつめる過程は、地道に関係者にあたるもの、遺留品の科学的分析、殺人現場のビデオ映像の解析など、非常に現実的なものです。これらの捜査方法は現在のテレビドラマでは駆使されているためか、パソコンを使用していないので、古くささを感じますが、例えばホームズの時代の捜査法のように、そういうものと割り切ってしまえば面白さは減ることがありません。とはいうものの、犯人像は意外性が薄く、少しガッカリした感は否めませんでした(私は別の人を犯人だと考えていました)。分量が多かったのでもう少し短くてもよかったなー。私としては、心臓を提供されたからといって、そんなものに協力する必要はない、というような悪態をつくキャラのほうが好きなので、☆☆☆★というところです。

2016/04/14 12:10

投稿元:ブクログ

FBI捜査官のテリー・マッケイレブは心臓を悪くして引退し、2か月前に心臓移植手術を受けたばかり。そんな彼のもとに見知らぬ女性が現れ、移植された心臓は殺された妹のものだったと告げる。

ハリー・ボッシュ・シリーズでおなじみの著者による作品。『ザ・ポエット』を読んだときと同様に、今回も巧みなミスリードにしてやられた。犯人の意外性に関しては、ボッシュものより秀逸な出来に思う。

2002年、映画化。『ブラッド・ワーク』(主演:クリント・イーストウッド)。

2013/02/17 19:23

投稿元:ブクログ

面白かった!
BLOOD WORKの意味がわかって表紙のタイトルを見直したときは成るほど!と唸り、いくつもの謎が解け、ぞっとする瞬間もあり、男の子とのハートウォーミングなシーンも前半にはあり、映画化されるのもわかるな。

2013/07/20 22:46

投稿元:ブクログ

読みやすい。
ここのところ、スェーデンの刑事小説を
読んでいたので、
久しぶりにマイクル・コナリーを読んで読みやすさに感動した。

ストーリー展開の巧みさや、怒涛の展開ばかりに目を奪われていたが、
改めて読んでみると、人物の書き分けがうまいことがわかる。
まぁ、キャラクター設定がちょっとべた過ぎるきらいはあるが。

(下に続く)