サイト内検索

詳細検索

送料無料

カレンダーポイント5倍キャンペーン(~9/30)

疑似科学と科学の哲学
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 名古屋大学出版会
  • サイズ:21cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8158-0453-2
  • 国内送料無料

紙の本

疑似科学と科学の哲学

著者 伊勢田 哲治 (著)

占星術、超能力研究、東洋医学、創造科学。これらはなぜ「疑似科学」と言われるのか? はたして疑似科学と科学の間に線は引けるのだろうか。科学のようで科学でない科学を考察するこ...

もっと見る

疑似科学と科学の哲学

3,024(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

占星術、超能力研究、東洋医学、創造科学。これらはなぜ「疑似科学」と言われるのか? はたして疑似科学と科学の間に線は引けるのだろうか。科学のようで科学でない科学を考察することで、「科学とは何か」を解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

伊勢田 哲治

略歴
〈伊勢田哲治〉1968年生まれ。京都大学文学研究科博士課程単位取得退学。現在、名古屋大学情報文化学部助教授。共著書に「社会哲学を学ぶ人のために」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

科学哲学の概要をおさらいできる

2006/07/16 14:26

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 疑似科学と科学を区別する基準は何か?。その線引きをするのは科学哲学である。自然科学、社会科学、人文科学、と科学という名前の付いた異なった分野がある。それらについて科学と呼ばれる根拠となる共通項は何か?。これまでの科学哲学者たちによる科学の定義や判定基準にてらして、創造科学と進化論、占星術と天文学、深層心理学と超心理学、現代医学と代替医療、とを比べて、線引き問題について検討している。
 禿頭の定義というのが出てくる。仮定(1):髪の毛が1万本ある人はハゲではない。仮定(2):ハゲではない人から髪の毛を一本抜いてもハゲにはならない。この2つの仮定から帰納法により、髪の毛が0本の人はハゲではない、という結論が論理的に導かれる。論理的にはハゲでない人とハゲの人との差はないことになるが、現実にはハゲでないのとハゲとの違いは明瞭である。
 この禿頭の事例と同様、これまでの科学哲学における科学の定義や条件では、疑似科学と正統科学を線引きする絶対的基準がない。哲学者が区別できないことでも、常識的には区別できる場合もある。個々の基準や条件では明瞭に区別できなくとも、過去に蓄積された科学哲学の研究成果を総動員すれば、小さな程度の差異を積み重ねることによって、総合的には区別できるようになる。これが著者の主張である。
 科学哲学の概要をおさらいするようで、科学哲学の全体的像、歴史、論点、などが頭のなかで分類整理でき、理解できた。クーンやポパーなどのこれまで読んだ科学哲学について、自分なりのまとまりがついた。もちろん科学や学問は常に進歩発展し、過去の業績や成果を乗り越えていくものである。著者自身も軽々しい結論は出していない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

健全なる懐疑主義。

2006/09/04 14:45

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の終わりのほうに書かれてあった一文を引用。
「オウム真理教の幹部にけっこう偏差値の高い大学の理系の出身者が多かったことがわかって、−略−彼らがオウムに入信した理由はいろいろあるのだろうけど、「疑う」ということをあまり習ってこなかったということも、彼らが「ころっとひっかかった」理由なのではないかと思う」
「健全な懐疑主義はむしろ今の社会を生きていくために必要なスキルではないだろうか」
いえてる。「疑う」これもリテラシーに入れたい要素だと思う。読む、書く、考える、話す、話し合う。これには肯定・否定(反証)以外に疑うもプラスすべきだ。甘い言葉や囁きは眉にツバつけて、よーく疑ってみよう。
科学を「疑う」のが、科学哲学の役割だといってしまうのは、プラグマティックすぎるだろうか。分析して真であるか偽であるかを解明する。ねちねちと嫁いびりをする姑みたいな存在なのだろうか。だから嫌われているのだろうか。
気になったキーワードが「プラシーボ効果」。
「プラシーボ効果とは、およそどんな治療であれ治療をしてもらったと患者が思うことによって患者の症状がよくなることを言う」
「代替医療に懐疑的な側からは、代替医療の治療効果の大半はプラシーボ効果ではないかと言われている」
代替医療とは「ヨーガ、鍼治療、カイロプラクティック、マッサージ、アロマテラピー」などがあげられる。
むげに否定もできないのだが、あやしいものもあるしなあ。これらの「全体的な効果や精神的な効果は定量的に捉えにくく統計的に処理しがたい」。科学的な数値やデータに落とし込めないからインチキと決めつけるのはなあ。だったらとっくに街の治療院やマッサージは廃れている。それどころか、繁盛してるし。
気に入ったキーワードが、「悲観的帰納法」。
「非常にうまくいっていた理論1は偽であることが判明した
非常にうまくいっていた理論2は偽であることが判明した
非常にうまくいっていた理論3は偽であることが判明した
------------------------------------------------------
したがって(おそらく)非常にうまくいっている理論はすべて
偽であることが判明するだろう」
「つまり、これまでの科学の歴史で目に見えるもののレベルで非常に成功を納めた科学理論はいずれも文字通りには誤りであることがあとになって判明してきている。そうであるならば現在非常に成功している理論もまた遠くない将来誤りであることが判明するであろう」と、いう意味。
ジンテーゼなき弁証法と似て非なるものなのか。救いようがないのはさすが「悲観的」ってところ。
ただ科学哲学っていっても実にさまざま。最近のプロレス団体のようで。そのさわりを知るには、いい本であって、ここから興味の持てる方面へ進まれたし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「正統」科学にあまり「信」を置かない人も、逆にすぐ「非科学的」と言って切り捨ててしまう人も、ご一読を

2005/11/14 20:48

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:半久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は疑似科学、科学哲学入門、線引き問題を三本柱に据えている。疑似科学を「ひとつのテーマ」に持ってくる辺り、着眼点の良さが光る。
普遍性なるものがが疑われ、相対主義が擡頭し、「全ては差異の戯れである」との言説まで飛び出すようになった時代だ。「正統」科学が特権的な知の営みであり続けようとすることに対する、不信や異議の声もやむことはない。私もこういったポストモダン以降の思想には親近感がある。
そして、疑似科学(と呼ばれたくはないかもしれないが)を研究し支持している人達も、その流れの中に一定の割合を占めている。
疑似科学として登場する主なものは、創造科学、占星術、超心理学、代替医療である。と学会的なノリとは異なり、著者はひたすら真面目に哲学的に考察している。単純に疑似科学を悪者にはしていない。
そうなると一筋縄では論駁できないというのが、本書を読み進めるうちに分かってくる。漢方や鍼灸など、比較的効果が検証されているものはどう扱えばいいのだろうか?
それでも、疑似科学の問題点は浮かび上がってくる。そうなると、では科学とはどういう知的営みなのかについても知りたくなってくる。それについても多士済々な議論があるが、疑似科学を鏡に見立てることで、反射対照的に「科学なるもの」の輪郭が浮かび上がるように、入念に仕組んだ論考となっている。
線引き問題については、簡単に言えば確率論的な「程度」思考を導入し、総合的な判断で明確な線を引かずとも解決できると主張している。詳しくは読んで頂きたい。目から鱗と言うほどの結論ではないし、統計で「嘘」をつくこともできるのでは?という留保はあるが、現時点では概ね妥当なものだと感じた。
ここからは話の趣を変える。
本書は、読み進むのにやや骨が折れたのだが、「なぜそうだったのか」ということについての考えを綴ってみたい。
ただし本書の記述はまことに平明で、難解な言い回しはないし、数式も一部に最小限しか出てこない。その意味ではむしろ読みやすい。
要因の一端は、その叙述スタイルにある。
1 ()=括弧文の多用
2 疑問符の多用
3 横書き
括弧文は、私も書く時には好きでよく使う。補助的注釈の他に、副次的主張を盛り込むことで主張に強弱を付ける効果がある。主張の断定性を弱めることで、文章に多面性を持たせることができる(と、勝手に思っている)。
しかし、括弧文は読者側からすれば一時停車の標識にも似て、スムーズには読み進めないこともある。私は書き直しの末、減らすことも多い。
疑問符は多用と書いたが、括弧文ほどではない。そしてそこには書き手の逡巡が見て取れる。ためつすがめつ、誠実に取り組もうとする姿勢の表れに見える。
3は私個人の好みでしかないが、1と2が読み手を引っかからせる。
もちろん、これは文句ではない。本来、哲学書とは読者を半ばで立ち止まらせ、そこから先へすぐには進ませないぐらいの磁力を各所で放っているものだ。
本書は平明ではあるが、哲学者としての「思考」が読み飛ばしにくい文章を形成している。
歯ごたえのある入門書なのである。
《最後にもう一つ、本書が目指さ「ない」ことについての注意書きをしておこう。もしも何か簡単な処方せんや最終的な解決を求めてこの本を読む人がいれば、そういう人は失望することになるだろう。本書は最終的解決を目指してはいない。そもそも哲学という学問は答えを出すことを目標にはしない。なにしろ2000年以上同じ問題を手を変え品を変えして扱ってきているわけで、いまさらそう簡単に答えが出るはずもない。哲学の目的は、ちょっと乱暴に言ってしまえば、「答えを出すこと」ではなく「考えること」「理解すること」だと思う。「もっとよく理解したい」という欲求に駆り立てられて、粘り強く同じ問題についていろいろな方向から考え続けるのが哲学である。》

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/13 04:59

投稿元:ブクログ

哲学書のわりにやけに売れたというカヴァの素敵な一冊。全般的にカヴァに力がはいっているというのは内容に期待が持てるのだ。「進化論vs.創造論」から始まり「占星術」「錬金術」「超心理学」「代替医療」などの科学性に言及しており非常にためになります。否定的な証明を遂行することのほうが肯定的な証明を遂行することよりも格段に難しいものなのねということがひしひしと感じられたりして、この手の線引き問題には学問的な態度とはどういうものか、あるいはそういった態度はいかにして形成したらよいのかということを考えさせられるのでした。冬の夜長に月を見上げつつ炬燵で蜜柑でも食しながら悩みたいものですねという楽しい一冊。

2007/04/08 15:13

投稿元:ブクログ

科学の線引きをテーマにした一冊。
普段何気なく科学と認知しているものでも、どうしてそれが科学と呼べるのか。そもそも「科学」とは何か。

2008/02/12 22:59

投稿元:ブクログ

また読まないとね。難しいけど良書。
科学=妥当性・単純性・汎用性
成績はけっきょく良でした。
パラダイム論が好きです。

2009/06/21 11:33

投稿元:ブクログ

科学のありかたと考え方について書かれた本。
第1章は推論の方法が書かれており、
私が読んだ本の中で、
帰納と演繹について1番わかりやすく書かれた本。
第5章の統計についての考え方は、
統計を用いるすべての研究に言える事である。

半年以上前に読んだ本なので、
記憶がアイマイかも。


【キーワード】
帰納、演繹、反証、論理、通訳不可能性、
科学、科学社会学、科学哲学、相対主義
伊勢田哲治、内井惣七、カール・ポパー

2015/03/02 19:12

投稿元:ブクログ

読書録「疑似科学と科学の哲学」3

著者 伊勢田哲治
出版 名古屋大学出版会

p145より引用
“超能力という目に見えないものの存在を主
張するなら,せめて超能力の実用化につなが
るレシピを示せ,とこういう答えである。”

目次から抜粋引用
“科学の正しいやり方とは?
 科学は昔から科学だったのか?
 目に見えないものも存在するのか?
 科学と疑似科学と社会
 「程度」の問題”

 哲学博士である著者による、科学と疑似科
学を区別する境界を探る手法を記した一冊。
 帰納法から統計的手法まで、科学的に正し
く判断する方法を、具体例をあげて記されて
います。

 上記の引用は、超能力と介入実在論につい
て書かれた一文。一部の人だけが使えるだけ
だと、その他の人にとっては脅威になりかね
ないでしょうから、積極的に誰にでも使える
ようになる方法を示してほしいものです。
そういう事が出来る世界を舞台にした、ライ
トノベルがありますね。
 物事をしっかりと見つめて、何が本当で何
が間違っているか、慌てること無く対処でき
るようになりたいものです。

ーーーーー

2012/05/26 21:18

投稿元:ブクログ

著者、いちいち人間臭い書き方が持ち味か。

p.149 (原理的なレベルで意見が食い違ってしまっている場合に)「哲学というのはそういう場面で議論を整理してなにがしかのことを言う能力と責任のある学問」

ポパーの方法論的反証主義

補助仮説の後付けad hocの変更。

クワイン「どんな仮説でもどんな観察からも支持される」

決定実験の不可能性。過小決定。underdetermination

観察の理論負荷性。通約不可能性。パラダイム。通常科学。アノマリー。パズル解決。異常科学。科学革命。
「ある科学者集団が共有しているものがパラダイムである」クーン
専門母体disciplinary matrix 世界観や問題設定などいくつかの要素を含んだ広い意味でのパラダイム
見本例exemplar パラダイムの核心となる模範となる回答例

「パズル解決によるアノマリーの解消」という「通常科学」の営みがなければ科学ではない。クーン

ラカトシュのリサーチ・プログラム論。固い核。防御帯。新奇な予言、新しい現象の予測。前進的プログラム:防御帯の変更がどんどん新しい予言につながり、それを成功させていくプログラム。

観察と実験

成熟した科学の理論は近似的に真である。

オッカムの剃刀って切れ味がよすぎるんじゃないの? ベッカムの髭剃りくらいでいいと思う。

日本の科学哲学者は原発、放射能、低線量被曝について語ってるのかな?何を語れるのか興味ある。

工学的設計は科学理論ほど抽象度が高くないので、ひとつの人工物のなかに異なるパラダイムを混在させることも可能だろう。疎結合なサブシステム群として。

ロバート・マートン、コロンビア学派。
科学知識社会学。

標本サイズが大きいと、弱い相関でも有意な結果が出やすい。バイアスの疑いも高まる。

線引き問題で、成功した科学、近代科学(≠機械論的世界観)に分類するかどうかを問題にしている。再現性・操作性の高さにより特徴づけられる。

線引き問題って植民地の「被支配者の屈折した同一化欲望」と「支配者による疎外」の綱引きみたいな問題に似てるなーと思った。

「進歩主義的な結論にするためにはポパーやヒュームを否定して帰納主義を採用する必要があった」という印象の議論。「近代科学の成功は、知的価値において前進してるから成功なのだ」というのが、知的価値=善という補助命題(前提)を置いていて、ぼくから見るとトートロジーな感じもする。

「疑似科学」(あんなやつら)を「科学」の仲間にしたら、科学が「前進」(進歩)してないことになってしまう。だから仲間に入れてやんない。といってるように見える。

2011/01/05 01:26

投稿元:ブクログ

M.ガードナーやカール・セーガンとは異なるアプローチのスケプティクス本。
論理学と倫理学から、詰めてゆく本です。
論理選択方法を列挙し「さ、結論はあなたがどうぞ」な纏めかたなので“決め打ち大好き1行トリビア”派には不向き。
今回期せずして伊勢田さんの本を2冊続けて読みましたが、初心者向けの説明がとても丁寧です。期待効用の説明文などもすんなり入れます。

余談ですがリンク先Amazonのユーザーレビュー内「これは、巧妙な政治的著書である」がナナメ上でちょっと笑えます。

2012/04/22 21:51

投稿元:ブクログ

科学と疑似科学の境界設定問題(demarcation problem)を題材に、科学の本質についてたいへん分かりやすく説明している本。科学哲学の入門書の中でも良書だと思う。

本書で扱われている話題は次の通り。第1章は、創造科学と進化論の境界設定を手引きに、帰納法に対するヒュームの批判、仮説演繹法、ポパーの反証主義などの科学的方法論が第2章は、占星術と天文学の境界設定を手引きに、クーンのパラダイム論、Ⅰ・ラカトシュのリサーチ・プログラム論、L・ラウダンのリサーチ・トラディション論が、第3章は、超能力に関する研究を題材に、科学的実在論と反実在論との対立が、それぞれ取り上げられている。

第4章は、代替医療の立場からの機械論的世界観に対する批判を紹介した上で、科学と社会との関係にまつわる諸問題を扱っている。ここでは、マートンの科学社会学、ファイヤーアーベントの認識論的アナーキズム、エディンバラ学派などの社会的構成主義が紹介されているだけでなく、科学に関する政策決定の問題も考察の対象とされている。

第5章の主題はベイジアニズムである。あくまで入門書である本書は、数学的な説明に立ち入ることは避けつつも、仮説の確からしさを扱うベイジアニズムの立場によって、ラカトシュのリサーチ・プログラム論のアイディアを定量的な形で生かすことができることを分かりやすく解説している。

ベイジアニズムに関する話題は京都大学系の科学哲学者の十八番という印象があるが、本書も入門書であるにも関わらず著者自身の立場としてベイジアニズムが前面に押し出されている。さらに科学と疑似科学の境界設定に関しても、「程度」の観点を導入することで、それぞれの疑似科学がどの程度科学的でどの程度非科学的なのかを総合的に判定することが可能だと著者は主張している。

2011/06/23 20:05

投稿元:ブクログ

科学的思考というものを歴史を踏まえつつ要素に分解して説明した入門向け良書。他人の批判、自分への言い訳の妥当性基準にも応用できるはずで、すべての人に読んでもらいたい。

2011/08/07 08:58

投稿元:ブクログ

疑似科学入門がおもしろかったのでこれも読んでみた
疑似科学は歴史的にも論争があったものが多く 
宗教的な問題で進化論の攻防が問題だった時期があったようだ
当時の進化論はいまでもどうかと思う点があるものの
いろいろな疑似科学(的な?)ものの例があげてある
自分は統計が苦手なこともありベイズがでてきたりで
やになってしまった
統計のうわつらだけでなくじっくりと勉強するのもいいかも
気力があるときにもういちど読んでみたい

2011/12/04 17:20

投稿元:ブクログ

ferminさん (http://booklog.jp/users/fermin) にこの本を教えてもらったのはもう2年前。やっと読んだ。

とても面白かった。普通に科学を勉強しているだけだと、考えもしない切り口がいっぱい。考えるための武器もいっぱい与えてくれるけど、その武器は僕には重く、使い方も複雑だ。この本を読んだからといって、僕の「科学」と「疑似科学」に対する態度はなんら変わらなかったかもしれない。でも、考えることは大切で。。。

第3章くらいまでは楽しく読めたんだけど、第4章くらいから頭がおっつかねー。でも、第5章のベイズ統計の話は専門の本を読むよりも分かりやすいんじゃないだろうか。読んだことないけど。で、最終的にベイズ主義によって「線を引かずに線引き問題を解決」するというのが結論としてあるので、意外なところに着地した感じ。


ちなみにタイトルは、『「疑似科学と科学」の哲学』ですね。『「疑似科学」と「科学の哲学」』ではないと気づいたのは読み終わって改めて表紙を見てからだ。

文章はとても読みやすい。ジョーク交じりで楽しい。

この本の中ではたくさんの本が紹介されていて、読みたいと思ったものも多かったけど、その中でもいくつかだけメモ。
谷岡一郎『社会調査のウソ』
金森修『サイエンス・ウォーズ』
ロイ・ウォリス編『排除される知』
西村肇 他『水俣病の科学』
チャルディーニ『影響力の武器』
内井惣七『科学哲学入門』


(2011.11.29)

2011/10/26 13:49

投稿元:ブクログ

 代替医療については,昔読んだこの本で「えー,こんなのあるんだ!」とびっくりしたのを覚えている。この本は擬似科学について哲学的に面白く学べておすすめ。代替医療以外にもいろいろな擬似科学が紹介されている。

自然科学・科学史 ランキング

自然科学・科学史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む