サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説・文庫・ラノベポイント2倍(~9/29)

死霊 1(講談社文芸文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文芸文庫
  • サイズ:16cm/423p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-198321-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

死霊 1 (講談社文芸文庫)

著者 埴谷 雄高 (著)

死霊 1 (講談社文芸文庫)

1,512(税込)

死霊I

1,242(税込)

死霊I

ポイント :11pt / 紙の本より270おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

まずは講談社の蛮勇に拍手。この出版不況の世の中に、よりによって埴谷雄高なんて。『死霊』なんて。あまりのめりこんで読まないように。「わからんなぁ」とぼやきながら読むぐらいでちょうどいいです

2003/06/24 11:07

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pipi姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 おそらく今の若い読者はこのような小説を読んだことはないだろう。とても「物語」が語られているとは言い難く、リアリティなどどこにもないような観念的で非日常的な「日常会話」が繰り返される作品である。人間存在の根源を求め、生きる意味と死ぬ意味を堂々巡りのように追い求めつづける4人の男達。
 このあまりにも沈鬱で苦しい小説を自分に引きつけすぎると、生きていられなくなる。この小説を読んで自殺した若者が何人もいたというのもわかる。
 
 後半へいくほど舞台設定が荒唐無稽になり、現実からの遊離が甚だしくなるのも、本作が50年もかかって書き続けられてきたからだろう。第3巻の終わりのほうになると、同語が反復されて文体がねちこくなり、老人特有のしつこさが鼻についてくる。50年間の執筆期間には波があり、著者の油が乗っていると思われるのは第2巻だ。小説としてはこの第2巻が数少ない盛り上がりの一つを見せる。圧巻はなんと言ってもスパイ私刑場面。凄惨であると同時に息をのむ美しさでもある。

 悩める知識人埴谷雄高にとって女は絶対的な他者であったのか、この小説の主人公三輪与志(よし)の若き婚約者津田安寿子の一途な想いがまったく与志に届かないように思えるのは、著者の孤絶した魂の反映だろうか。孤独の淵にたたずむ三輪与志、そして彼を理解しようと絶望的な努力を払う津田安寿子、この恋人たちの間に漂う緊迫した切なさは、物語の中でも精彩を放っている。孤高の人を一途に愛しながら決して近づくことができないもどかしさを安寿子自身が絶望ととらえず静かに受け入れているかのような態度には、健気さといじらしさを感じる。

 第3巻では原罪論が展開される。イエス・キリストをも原罪を背負った人間として批判するくだりは、興味深かった。それは、人間は生まれる前にすでに何億もの兄弟殺しを行っているという話だ。何億個もの精子の中からたった一つが生き残り、卵子と合体する。残りの精子はすべて死に絶えるのだ。つまり、人は誕生の時点ですでに何億もの兄弟の死を見ている。さらには、この世にうまれてからは数限りない動植物を殺してそれを食している。人間は他者の死なくしては生きていけない存在なのだ。埴谷は繰り返しこのことを述べている。
 そんなことはわかりきっていることなのに、夥しい死の上に成り立つおのれの存在に思い至れば、なおのこと、その犠牲に応える生を生きねばならないという結論に達するのではないか。では、『死霊』を読んで死に向かう若者たちに向かって、埴谷は「死ぬな」というメッセージを発しているのではないのか? そして、他者を殺さねば生きていけない人間について、埴谷のメッセージのいわんとすることの深奥はまだ不明だ。この小説は政治的であると同時に高度に観念的で、結論らしきものは見えない。

 埴谷雄高の文体は美しい。今の若い作家には書けそうもない文体だ。全体に西洋的な香りが色濃く漂う風景描写はヨーロッパ映画を彷彿させる。とりわけ霧の描写は美しく幽玄で、映画「ユリシーズの瞳」を思い出した。戦争と革命の世紀を生きた陰鬱な体験が霧の中で深い悲しみと癒せぬ絶望を刻印する、「ユリシーズの瞳」の深い霧の場面を想起させる。

 正直いって、長さの割には読むところが少ない小説だ。だが、途中でやめられない魅力がある。そして、看過できない警句を随所に含むものだから、やはり偉大な作品と呼ぶべきなのだろう。
 最後まで読んでも埴谷がいうところの「虚体」だの「虚在」だのはさっぱり理解できなかったけどね(^_^;)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「日本初の形而上学小説」がついに文庫化された

2003/02/19 11:53

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林浩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 埴谷雄高(1911-1997)の作品はこれまでどれひとつ文庫化されたことがなかった。死後はや五年、まさか彼の代表作『死霊(しれい)』が文庫で読めるようになるとは驚きである。第1巻では第1章から第3章までを収録。全9章だから、予定で行けば3分冊になるのだろう。存在論、革命論、神秘主義、思考実験などのカオス(混沌)とでもいうべきこの前代未聞の小説は、1945年から1995年にかけて断続的に発表され未完に終わった、文字通りのライフワークである。四人の異母兄弟を中心に繰り広げられる、全存在の革命とは何かをめぐるめくるめく5日間の出来事を、極めて美しい詩的表現で書き綴っている。難解であるにも関わらず、そこには哲学的な制約に縛られたアカデミズム臭さはない。学問的伝統の遺産ではなく、あくまでも自分の言葉で表現するという姿勢が(かといってそれは遺産を無視しているというわけではない)、かえって本書を一種の独自の哲学たらしめ、同様に一冊の「美学」たらしめている(じっさい埴谷は東西の哲学的教養においても抜きん出ている)。第3章までの展開はいわば序幕と言える。主人公の三輪与志が自らの生(あるいは死)の出発点に選んだ「自同律の不快」への異様な執着。神出鬼没の行動力で、反社会的な革命理論を滔々と語り続ける首猛夫の企み。本書は冒頭に掲げられた銘のように「悪意と深淵の間に彷徨いつつ/宇宙のごとく/私語する死霊たち」の終わりなき物語なのだ。それは、四人がそれぞれの革命思想を披瀝する独白の世界(あるいは反世界)である。埴谷雄高の本名は、般若豊という。珍しい名前だが、彼は先立った妻との間に子供をもうけなかった。彼の血を継ぐものはいない。『死霊』の世界は、独身者の、とりわけ男性という「子を産まぬ性」の弧絶した叫びに彩られているように思える。

 願わくば、同社の埴谷雄高全集第3巻『死霊』へ本編と一緒に収録された第9章の「結末」の未定稿や「新版への自序」「最新版への自序」、第11巻に収められた断章群、第19巻に収められた未完の第4章の初出稿、さらに最晩年にNHKの特番製作のために語られたロング・インタビューの書籍化『埴谷雄高独白「死霊」の世界』などをすべて合本して、文庫第4巻を編んで欲しいものだ。全集第3巻の解題で白川正芳氏が明かした、第9章以後の衝撃のプロットもぜひ収録して欲しい。ようするに、埴谷の「死霊」プロジェクトの全貌を、こうしてより広い読者に提供するための文庫化のいまこそ、まとめて見せて欲しいのだ。率直に言えば、『死霊』の単行本は、古本屋でよく目にするし、値段も安い(下手をすると文庫より安い)。つまり、従来と同じ内容の文庫化では売行きにも限界があるはずだ。そのあたりを講談社がよくよく勘案してくれればいいと思う。なお、この文庫第1巻には小川国夫氏のあとがきが付されており、深い印象を読む者に残す。第5章「夢魔の世界」(文庫第2巻に収録されるだろう)に出てくる革命集団内部のリンチによる同志の死刑場面について言及しているあたりは、極めて現在的な意義を有する問いかけであると思う。さらに、この紹介文を読んでいる皆さんには、当サイトでも大いに活躍された名物編集者の故・安原顕氏が全集完結に際して寄せたコメントも、ぜひ読んでもらいたい。いかにも氏らしい愛情溢れる一言一言がこれまた印象深く、忘れがたい。

連載書評コラム「小林浩の人文レジ前」2003年2月18日分より。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/12/15 04:37

投稿元:ブクログ

序文から第3章まで。以前読んだのは学生時代だから、30数年ぶりか。今の方が読んでいて面白い。第3章、黒川建吉と屋根裏の蝙蝠とのエピソードが心に残る。狂言回しとしての首猛夫に対するかすかな苛立ちなど、昔読んだ時の感情が蘇って来る。 423頁

2005/06/01 18:03

投稿元:ブクログ

埴谷雄高作品の初の文庫化だそうです。以前勤めていた会社が中目黒にあって、駅前の図書館に毎日通ってこの本(ハードカバー)を読んでいました。ただ、冒頭の部分を読んでいる途中から図書館から姿を消してしまったので、この文庫化は嬉しい。

2005/01/12 04:17

投稿元:ブクログ

本書は、浅く読み流すべきものではない。深く読み込み、何度も咀嚼すべきもの。この中には、存在の秘密、生命の意義などについて、思索のエッセンスが緻密に詰め込まれている。日本の誇るべき文学作品のひとつ、という謳い文句は断じて伊達ではない。同様の文体、話のつくりでもカラマーゾフの兄弟(日本語訳版)を読むよりは遥かに面白い。独特の言い回し、文体に慣れるまでは多少時間がかかるかもしれないが、3回ほど読み直せば問題はないだろう。読み返しが無駄にならない本である。

ただし、中途半端な読み方をすると精神に鬱の症状がでたりするのでその気のある人にはオススメできない。きちんと読めればそれすら問題ではないが、誰でもそこまで読み込めるわけではないので(本書を読んで自殺願望が高まった、という人は本意に到っていない、と僕は思う)。

(高校時代〜大学卒業時まで、一種のバイブルとしていた本です。いつのまにか文庫化されていたのか…。所持しているものは文庫版ではないのだが、掲載内容は同じモノとしてレビューを書きました。)

2005/05/21 16:35

投稿元:ブクログ

『ゲド戦記』とともに永遠のバイブル。
時空を超えて「存在」を問いかけてくる作者の手腕と想像力にあと何度読み返せば追いつけるのか。完成を目指して再筆した矢先に逝ってしまった作者がのりうつれる語り部は今この世にいるのだろうか。。。
文庫で再版されたので手に入りやすくなりました。

2013/02/01 06:28

投稿元:ブクログ

『ぼくらの頭脳の鍛え方』
書斎の本棚から百冊(立花隆選)94
日本文学
個人的な思い入れもある一冊。

2005/10/31 01:17

投稿元:ブクログ

なかなか気軽に読めない本。日本の総合小説だと思う。ゆっくり時間をかけて、何度も読み返して自分の中に取り込んでいきたい。そういう本。

2006/06/04 19:19

投稿元:ブクログ

あなたの知力の限界に挑戦する・・・いわば「知のための知」の書。これがわからないうちはヒトだ。そして、わからないうちは、この世界はまだまだ知る意味があるということ。この世界に退屈した、などという言葉は、これを読みこなした後で言うがいい

2007/03/02 21:00

投稿元:ブクログ

学生時代にハードカバーで読みました。非常に哲学的な小説。それでいながら、推理小説のような雰囲気も持っている気がします。好き嫌いは、はっきり分かれると思います。未完であるのが残念で仕方がありません。

2007/06/26 04:00

投稿元:ブクログ

これをこの本棚に入れるか否か迷った。
というのも足掛け六年、未だに自分はこの本を「読めていない」気がするのだ。手探りで読もうとすれば、たちまち掴んでいたものが消えてしまう感覚。あと何年かかることやら。

2008/05/28 00:15

投稿元:ブクログ

作者が死ぬまで描き続けた傑作です。完結はできませんでしたが、インタビューによるネタバレが全集に掲載されています。

2011/06/16 20:40

投稿元:ブクログ

もちろんこの小説の存在はかなり昔から知っていたが、書店で見つけた「第8章」のハードカバー版を買い、そこだけ読んだこともある。
戦後日本文学にとって重要な作品らしいが、吉本隆明さんなどによる辛辣な批評もあって、どうもいまだに「評価が定まった」とはいいがたい小説なのではないか。
観念小説である。
ドストエフスキーを参照しているだけあって、たくさんの人物がどんどん出てくるが、彼らの交わす会話はいきなり抽象的で、日常生活の次元からはあまりにもかけ離れている。
この巻には1章から3章まで。
この作品に出てくる若者達の年齢はよくわからないが、たぶん20歳台前半だろう。そんな青二才が、ずっと年かさの中年男に向かって観念論を吐きつける。しかも、中年男の方も、これをまともに受け取って互角に論選を始める。このへんがあまりにも嘘くさく、まるで自己陶酔したケツの青いガキが、偏りまくった観念論をそのまま「小説」にしてしまったかのような、つたないおさなさに近い面もあるだろう。
ただ、幻想的な情景の設定など、ディテールはそうそう薄っぺらなものでもないようだ。
ともあれ、続きを読んで様子を見てみる。

2013/02/10 22:48

投稿元:ブクログ

(1巻読了時点)
物語そのものよりも登場人物たちの抽象的な「語り」に焦点を当てて描かれた「死霊」。おそらく一読して全てを了解できる読者はいないだろう。
全体を通して暗く、起伏がない。語っている内容もどうして会話が通じているのかわからないほどに難解である。何の脈絡もなく突然始まる会話はとりとめもない抽象的な思考で、まさに垂れ流すように延々と続く。独特な意味付けがされた言葉が出てくるがその意味は説明されない。読みづらい。しかも物語との接点は薄い。1巻を読み終えた時点では登場人物たちの各思想はほとんど何の接点も持たずに突然現れて消えている。好きな人もいるかもしれないが私は読むのが苦痛だった。
しかし、情景の描写は巧みで、映画を、それも映像美にとことんまでこだわった映画を見ているようで、惹きつけられた。
…何というかバラバラの「語り」を物語でくっつけたようないびつな印象を受けた。
ただ読みやすいのが良いわけではないがもう少し読者の方を向いてほしい。

2011/05/17 23:46

投稿元:ブクログ

 大まじめに読んでも、流して読んでも腹を抱えて笑える。いやらしいほど散りばめられたモチーフが、こんなにも面白さを生むのだとしたら、世にある娯楽小説のほとんどはこれに勝てない気がする。あっは! ぷふい!