サイト内検索

詳細検索

送料無料

カレンダーポイント5倍キャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 横田浜夫と丸山晴美の明るい節約生活入門 年収100万円でも大丈夫!楽しく元気に暮らす!!
横田浜夫と丸山晴美の明るい節約生活入門 年収100万円でも大丈夫!楽しく元気に暮らす!!
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 経済界
  • サイズ:19cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7667-8256-9
  • 国内送料無料

紙の本

横田浜夫と丸山晴美の明るい節約生活入門 年収100万円でも大丈夫!楽しく元気に暮らす!!

著者 横田 浜夫 (著),丸山 晴美 (著)

公共料金のムダを削るポイント、賢い買い物をするためのコツなど、マネーの達人=横田浜夫と、節約カリスマ=丸山晴美が「明るく、楽しく、夢のある」生活のアイデアを大公開! 年収...

もっと見る

横田浜夫と丸山晴美の明るい節約生活入門 年収100万円でも大丈夫!楽しく元気に暮らす!!

1,234(税込)

ポイント :11pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

公共料金のムダを削るポイント、賢い買い物をするためのコツなど、マネーの達人=横田浜夫と、節約カリスマ=丸山晴美が「明るく、楽しく、夢のある」生活のアイデアを大公開! 年収100万円シリーズ第3弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

横田 浜夫

略歴
〈横田〉1958年東京生まれ。マネー評論、小説など幅広い分野で活躍中。
〈丸山〉1974年新潟県生まれ。テレビや雑誌等でも活躍中。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

節約は自分にあった方法でコツコツと

2003/04/27 13:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みいしゃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

節約界のカリスマレディ丸山晴美さんとはみ出し銀行マン横田濱夫さんの対談とそれぞれの節約に関する考えをまとめた本。
節約に関するノウハウ本というより「明るい節約生活を実践する為のポリシー本」です。
丸山さんの考える「節約」と「ケチ」の違い。横田さんの銀行員時代の経験から導き出された「節約=貧乏」ではなく「貧乏=節約してない人」という理論など、「節約はめんどうくさい」「あそこまでして節約したくない」などの偏見を取り払ってくれる。

この本は年収100万円シリーズの第3弾なのだが、同シリーズの横田濱夫さんの明るく賢く暮らす年収100万円安心!生活術を読んだ時に私は重大な勘違いをしていた事を知った。

「年収100万円安心生活術」の予算割の中で横田さんは食費を1日1000円で計算していた。私はこれを「意外と食費が多いが、健康が一番の節約という著者の持論から、高価な物を食べる事は厳禁だがバランスのとれた食生活が必要との観点からこうなっている」と思っていたが、実際は横田さんが自炊が苦手で外食が多くなるのでこういう予算になっていたそうだ。

「年収100万円安心生活術」を読んだ読者から「お前の食費の予算は甘い」という指摘を受けた横田さんが丸山さんから食費節約の指南を受けている。
自炊苦手の横田さんが無理無く実践出きる食費節約術に注目したい。

やはり節約は無理をしていては続かない。
その人のライフスタイルや得意分野を生かした節約術が一番の「明るい節約生活」だと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/13 22:53

投稿元:ブクログ

節約アドバイザーの女性と、元銀行員で投資に詳しい男性の共著。
最近は似たテーマの本が多いので、共著というのがいいかな、と試してみました。
足りないところを補うというか~違う方面からの指摘が面白いですよ。
一ヶ月の実録で、ここはお金を使いすぎたと後悔していたりするのも親しみがもてます。

きっかり100万しか収入がない人向けというわけではなく、月収20万ぐらいある人なら目的のために節約してみたらという提案になっています。
丸山さんは22歳で家を買いたいと思い立ち、節約を始め、4年で500万円ためたとか。
何にどれぐらいお金がかかるものなのか、具体的に目安が書いてあるので、わかりやすい。

やたらにケチになるのではなく、合理的で健康的な暮らし。
楽しみながら実行できるようなやり方を目指す。
現在の生活のチェックリスト。
性格面からのチェック。
不要な見栄を捨て、無駄を見つけて排除すれば、精神的にもはらはらしなくて済むようになると。
公共料金の無駄を削るポイントなど。

コンビニは値段設定が高めなので、スーパーのほうがいい。
ファーストフードも楽しむが、あまり多いと健康によくない。
コンビニ弁当やファーストフードで済ませる回数は減らし、ちょっとおいしいものは時々ちゃんと食べて、味を覚えたほうがいい。
そして自炊するのが何よりも節約の近道だと。
自炊したことがなかった横田氏が玄米食に挑戦していきます。
さて、その結果は?

丸山さんの簡単レシピも、ひたすら安価にすることを追及しているわけではなく、味や彩にも変化をつけて食べることを楽しむ気持ちが伝わってきます。
リストでチェックしてみたら、私はすでに無駄はあまりしていないタイプに入りました。
まあ最近はねえ‥もっとずっと前から計画的ならよかったのにね(苦笑)

家計 ランキング

家計のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む