サイト内検索

詳細検索

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. SEで成功する人ただのSEで終わる人 ITキャリアで勝ち残る7つの法則
SEで成功する人ただのSEで終わる人 ITキャリアで勝ち残る7つの法則
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 中経出版
  • サイズ:19cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8061-1791-9
  • 国内送料無料

紙の本

SEで成功する人ただのSEで終わる人 ITキャリアで勝ち残る7つの法則

著者 高橋浩一+ITキャリア研究会 (著)

ITキャリア・クライシスの到来に対処するため、SE、ITコンサルタントが「必要とされる人材」になる7つの成功法則を紹介。差がつくITキャリア形成の秘訣とは?【「TRC M...

もっと見る

SEで成功する人ただのSEで終わる人 ITキャリアで勝ち残る7つの法則

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ITキャリア・クライシスの到来に対処するため、SE、ITコンサルタントが「必要とされる人材」になる7つの成功法則を紹介。差がつくITキャリア形成の秘訣とは?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高橋浩一+ITキャリア研究会

略歴
〈高橋〉1962年生まれ。学習院大学法学部卒業。出光興産勤務を経てコンサルティング会社でIT人材のためのキャリア開発支援に取り組む。ITキャリア研究会主宰。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

業界の“いま”を読みとる一冊…かな?^^;

2003/04/19 23:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:お気楽ノンタくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

キャリアを積み年収を増やしていきたい、ITコンサルタントやプロジェクトマネージャを目指す若きSEのために書かれています。

一言で言うと、
『ITの名のもとに肥大した業界が、今後縮小していくだろう。 そうなったときに、アンタは生き残れるのかい?』
ってな感じの内容です。

導入部は、
「SEの年収は今後ドンドン下がっていくぞ。能力主義が導入されれば、デキルSEとそれ以外に分けられ、年収格差がドンドン広がるゾ…イヒヒ」
と、いきなり脅しとも、煽りともとれる内容ではじまります。
(注:一部脚色しちゃいました ^^;)

# あり得るだけに、単なる脅しぢゃないのですが…

さらに、
「会社に教育を期待しちゃダメ。自分自身でキャリアを磨け」とつづき、そのヒントが本書に書かれているわけです。

ただ、多くのヒントが書かれていますが、具体事例や技術的な内容は無いので、実践的な内容を期待する読者には向きません。
また、ヒント自体も一般的で新鮮みに欠ける印象を受けました。

私なりの解釈で内容をかいつまんで言うと

 ・企業経営に関して知識を持て
 ・給料は会社の儲けから支払われている
 ・ビジネスを学べ
 ・勉強しろ
 ・本を読め
 ・コミュニケーションが大事
 ・挨拶をしよう
 ・「ありがとう」を言おう
 ・自分が本当にやりたいことを見つけろ
 ・仲間を作れ
 ・etc…

どうでしょうか?
IT業界で成功するヒントというよりは、社会人としての基本姿勢を教えているだけではないでしょうか?
もちろん、この他SEに大切な心構えなども示されてはいますが、日頃勉強している人にはあまり役立たないかも知れません。
そんな訳で、新人SEが仕事に対する心構えを学ぶにはよい参考書になるでしょう。

最後に、本書は若いITコンサルタントとSEを対象として書かれていますが、
門外漢の私が読んでも、(他人事だからかなぁ…^^;)内情が垣間見れて面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日経コンピュータ書評

2003/05/28 16:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経コンピュータ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 IT業界でエンジニア/コンサルタントとして活躍してきた著者が、SE向けにキャリアの積み方を指南する。著者は「『勤勉が報われる』という考えは幻想」とし、「日々の忙しさにかまけず、将来のキャリアについてじっくり考える」ことの重要性を説く。
 「SE35歳限界説」を基に年収ダウンを予測しつつ将来の指針を示すなど、論旨は明確。特に若手SEに一読を薦める。明日から仕事に取り組む姿勢が変わるはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/09/05 10:17

投稿元:ブクログ

(2003.05.29読了)(2003.05.18購入)
ITキャリアで勝ち残る7つの法則
(「BOOK」データベースより)amazon
先行きが見えない時代だからこそ、「世の中の不変の真理」を手掛かりにこれからのキャリアプランを考えることが重要だ。これは、ITキャリアに限らず、ビジネスパーソン全般にいえることだ。そのヒントが本書に書かれている。本書はITキャリア・クライシスに真正面から立ち向かい、着実に自分の目指す方向にキャリアを積みつつ、年収を増やしていきたいと願う二〇代、三〇代のSEやITコンサルタント、これから技術以外の面で能力を伸ばしてITコンサルタントを目指すSE、今から自己キャリアのリカバリーを決意する現役のプロジェクト・マネジャー、さらにはITキャリア予備軍の学生諸君の「豊かな人生プラン」の参考材料になる。

2011/09/22 15:10

投稿元:ブクログ

SEやシステムコンサルタント向けに書かれた指南書。

4月からSEとして働くので読んでみた。
この手の本は鮮度が重要であり、2003年の本なので書かれた当時の業界に対する情報はほとんどあてにならない。
しかし、IT業界で働いていく上でのキャリアアップや考え方は実践できそうである。
働きだすのが楽しみになった。

2011/07/09 12:07

投稿元:ブクログ

コンサルを想定した本だが、プログラマでも参考にはなる。右脳を鍛えることの重要性、ファシリテーターが求められていることが印象に残った

2011/09/16 21:12

投稿元:ブクログ

目先の現実だけに目を向けず、将来のキャリアを真剣に考えて欲しいとする著者の思いのこもった本に窺える。
自分は専門ではないが、専門職の方には自らの想いを奮いたたせられるのではないだろうか!と感じました。

SE・ITコンサルタントが【必要とされる人材】になる7つの成功法則は、
1、左脳を生かすシステム思考を身につける
2、右脳を使って直感力を伸ばせ
3、ビジネス関連の知識を増やせ
4、コミュニケーション・ケア実践マニュアル
5、プレゼンテーション力ー自分の意見を的確に話せ
6、自分のやりたいことを大切にしろ
7、ITキャリアを語り合える仲間をつくれ

2012/09/23 11:00

投稿元:ブクログ

☆$$タイトルは良かったが、いまいち。$$脳の話しとかじゃなくて、実践的な内容が$$欲しかったが、無かった。