詳細検索

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

かめのヘンリー

  • 発行年月:2003.4
  • 出版社:福音館書店
  • サイズ:28cm/1冊
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-8340-1939-X

絵本

  • 国内送料無料

かめのヘンリー (日本傑作絵本シリーズ)

ゆもと かずみ (作), ほりかわ りまこ (絵)

紙書籍

1,296 ポイント:12pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

ぬいぐるみのヘンリーは、仲良しのちよみちゃんのそばに戻るために、一大決心をしました…。ぬいぐるみと子どもの強いきずなを、さわやかに描いた絵本です。【「TRC MARC」の...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

ぬいぐるみのヘンリーは、仲良しのちよみちゃんのそばに戻るために、一大決心をしました…。ぬいぐるみと子どもの強いきずなを、さわやかに描いた絵本です。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ゆもと かずみ

略歴
〈ほりかわ〉1965年東京都生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科修了。さしえの仕事に「エッフェルとうの足音」「ふつうのおひめさま」など。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(9件)
★★★★★(2件)
★★★★☆(6件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

ガメラをちっちゃくしたようなカメのヘンリー。黄色いタオルのような生地でできたような感じが、何ともいえなくて。ここでも悪玉は…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/05/02 20:39

評価4 投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今は殆ど書店で絵本を手にすることはない。ついこの間まで幼稚園に行っていた娘も、もう中学生。今更、絵本でもないだろう。でも、時たま我が家に絵本が舞い込んでくる。抽選で当ったり、今回みたいに作者から贈られてきたり。無論、そんなことはめったにないけれど。だから、くればうきうきして家族中で読んでしまう。大きくなった娘たちが、大版の絵本を開いているのを見ると、椎名誠が息子さんの部屋で昔読んであげた絵本を見つけたときの、どこか心の底が明るくなったような気持ちが良くわかる。

そう、この本は絵を描いている ほりかわ りまこさんから頂いた最新の宝物。作者のゆもとさんのマネをして紹介すれば、こんなふうになる。

かめのヘンリーはぬいぐるみ。
ちよみちゃんが あかちゃんのとき やってきた。
それから ずっと ちよみちゃんの だいのおともだち。
いつも ひだりては ちよみちゃんに にぎられて ときどき なめられたりしている。
だから ひだりてのぬのじは うすくなってしまった。

あるとき ちよみちゃんが ねつをだした。
いえにやってきたおいしゃさんは そんなヘンリーをみて いった。
ほこりや ばいきんは からだによくないって。

ちよみちゃんのお母さんは、そんなヘンリーをあとで洗おうと決心して、ちよみちゃんが眠っている間に、ヘンリーを物置にしまってしまう。暗い小部屋で、洗濯してもらうのをじっと待つヘンリーに、そこに片付けられたまま、見向きもされなくなった鏡や時計たちが囁く「そうやって、人間はぼくたちのことを忘れていくんだって」。

そんなことがあるもんか、ヘンリーは思うけれど、お母さんはいつまでたってもやってこない。そんなある夜、ちよみちゃんの弟のぬいぐるみの くまちゃんがやってきた。病気が治らない ちよみちゃんが ヘンリーって言っているって。物置の仲間たちがいう、ただ洗ってもらうのを待っているのかって。ヘンリーの冒険が始まった。

ほりかわ りまこの絵は、けっして可愛らしいものではない。ちよみちゃんにしても、愛くるしい少女ではない。彼女の描くヘンリーもちよみちゃんも、物置の風景も、日本というよりは海外、それもアメリカかヨーロッパのそれを思わせる。でも、それが少しもおかしくない。いや、最後のほう、物干しの景色をみれば、むしろ、そのほうがすっきりすることが良くわかる。ともかく新しい感じなのだ。

私が、一番気に入ったのは、ヘンリーが自分の身体を洗う場面。泡が、あっちにいったり、こっちにきたり。最後は、ヘンリーがその中に埋もれてしまって。それから、お風呂に飛び込むところも、いい。パッシャーンって。ちょうど、TVで水泳をやっていたから、すんなり心に入ってくる。突然、庭の景色が逆さまになったりして。

ヘンリーが可愛いガメラに見える、なんていったら、ほりかわさんは怒るだろうか。

ゆもと かずみの狙いが、そんなところにあるはずはないけれど、最近のお母さんの地位の下落は、目覚しいものがある。バブル後の地価に匹敵するかもしれない。読んだばかりの小説で言えば、桐野夏生『リアルワールド』、みやべみゆき『ブレイブ・ストーリー』、重松清『トワイライト』、森絵都『永遠の出口』。どれも、主題はまったく違うけれど、子供たちを追い詰めるのは、彼らのことを全く理解しようとしない母親。その点、父親は、家庭に関しては無責任に生きているのに、なぜかいい役どころ。

これって、なに?って言いたくならない? 一体だれが苦労してお乳をあげ、オムツを取替え、病院に走り、毎日お弁当を作っているの、お父さんは、ただ座ってウンチクかたむけてるだけじゃない。おちちはパパからはでないんだよ、本当に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ものおきに入れてしまったおもちゃ、そのままになっていませんか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/07/22 19:01

評価4 投稿者:バムセ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ぬいぐるみのかめのヘンリーがちよみちゃんのところに来たのは、まだちよみちゃんが赤ちゃんのときでした。ちよみちゃんと、ヘンリーはそのときからずっといっしょです。でも、あるときちよみちゃんがびょうきになってしまいました。おいしゃさんがそばにいたヘンリーを見て「ほこりやばいきんは、びょうきによくありませんよ。」と言ったので、おかあさんはヘンリーをものおきべやにしまってしまいました。おかあさんは「あとで、きれいにあらってあげる。」と言っていたから、それまでのがまん、とヘンリーは思っていました。それなのに、なかなか来てくれません。そのうえものおきべやにいた時計やかがみたちは、「ものおきべやにはいったら、にどとそとにはでられないのよ」と言うではありませんか。ヘンリーは、びっくりしました。それから三日後、ものおきべやにいるヘンリーのところに、ぬいぐるみのくまくんがやってきました。くまくんは、ちよみちゃんのおとうとのぬいぐるみです。ちよみちゃんがヘンリーのことをねむりながら呼んでいるというのです。ヘンリーはもう、ものおきごやの中で、誰かが洗いに来てくれるのを待っているのはやめました。ヘンリーはうーんとふんばって自分でものおきごやから出て行くことに決めたのです。
 ちよみちゃんがびょうきとたたかっているあいだ、ヘンリーもちよみちゃんのところにもどれるように、がんばっていたのです。
 「夏の庭」「ポプラの秋」など執筆した湯本香樹実がおはなしを書いて、堀川理万子が絵を描きました。なんだかぎゅっとしたくなるようなぬいぐるみのかめのヘンリーが描かれています。
 ものおきに「ちょっとのあいだだけ…」と思って、しまったままにしているおもちゃはありませんか? ものおきべやのなかで、ふるいいすやほこりだらけのりょこうかばんたちときっと話をしているはずですよ。

(バムセ/図書館の学校・児童書選書委員会)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2011/12/06 22:26

 ぬいぐるみのかめ、ヘンリーがちよみちゃんのために頑張る(笑)そんな話。

 ぬいぐるみに魂がこもって、人間のように動き回る話、オイラ大好きです。
 それから、登場するヘンリーの顔とか、質感とか、本当にぬいぐるみっぽくていい。汚くて、物置部屋に押し込まれてしまったヘンリーが、きれいになろうと自分で石けんをつけておふろに入って、きれいになったときのヘンリーの喜び。ぬいぐるみって,子どもの心の支えなんです。のほほんとしているような、それでいて頑張り屋さんで、とっても魅力的なヘンリーです。

評価0 投稿元:ブクログ

2009/11/15 11:44

冒頭、『こんとあき』を思いだす。
ヘンリーのがんばりに、どんどんひきこまれる。
こんといい、ヘンリーといい、女の子に大事に大事にされてるヌイグルミって、こんなにがんばっちゃうんだなぁ。
ちょこっと、うらやましくなっちゃう。いやいや、女の子がどれだけヌイグルミを愛していたか、だものね。そこが、ね、わたしとは、ね……(汗)

おかあさんが、よごれたヘンリーを「洗わなきゃ」って思うとこ、いいんだなぁ。
それから。
干されたヘンリーが、ちょっと色がうすくなってるっていうのも。
(こういう、「そうそう♪」を表現するって、すごいなぁって思う。)

評価5 投稿元:ブクログ

2009/12/23 22:26

とにかくヘンリーの可愛さにヤラれました。小さなぬいぐるみでも、大切にされた子は心が宿るんだろうな~。女の子を心配し、頑張るヘンリーの姿には心打たれるものがあります。何度も読み返したくなる絵本です。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/04/25 12:47

とりわけ幼い者にとって、温かみのあるぬいぐるみがどれほど大切なものか・・・。

そして、ヘンリーの「勇気の一歩」に読んでいるこちらも胸がドキドキします。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/08/17 13:49

ヘンリーはちよみちゃんの大事なぬいぐるみ。病気になった彼女のそばにいたくて、勇気を出して行動に出ます。
あきらかに荒唐無稽という訳でもなく、ありえそうな線を保っている所がにくい。絵もほっこりとかわいらしく、日常のささやかな幸せを堪能。女の子は特にハマります。5分ほど。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/01/14 12:29

湯本さんと堀川さんの本を気に入っていたので3歳児に読み聞かせ。悲しくなるシーンなど真剣に共感していた様子。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/09/16 22:14

ぬいぐるみはお友達のうちの子たちに是非聞かせたいと思って借りてきた一冊。
どうなることかとハラハラドキドキしたけれど、ハッピーエンドでよかったぁ。ヘンリーけなげです。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.