詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 児童書・絵本
  4. きみを守るためにぼくは夢をみる

きみを守るためにぼくは夢をみる

  • 発行年月:2003.5
  • 出版社:講談社
  • サイズ:19cm/270p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-06-211709-8

  • 国内送料無料

きみを守るためにぼくは夢をみる

白倉 由美 (著), 新海 誠 (装画)

紙書籍

1,404 ポイント:13pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

こんなに切ない恋もある…。一夜にして7年の時が流れ、少女は美しい17歳に、しかし少年は10歳のままで…。それは、不思議な恋のはじまり。【「TRC MARC」の商品解説】

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

著者紹介

白倉 由美

略歴
〈白倉〉1965年千葉県生まれ。「スゥエードキルシュ」でまんが家としてデビューし、『少年チャンピオン』などで活躍。現在は小説家。小説に「おおきくなりません」「ミルナの禁忌」がある。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.3
3.3
評価内訳 全て(32件)
★★★★★(5件)
★★★★☆(7件)
★★★☆☆(11件)
★★☆☆☆(4件)
★☆☆☆☆(3件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

将来に向けた可能性

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/06/29 09:50

評価3 投稿者:豆鉄砲 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公である大江朔は、10歳の誕生日を迎えたその日、川原砂緒というクラスメートの少女と「はじめてのデート」をする。デートを堪能した帰り道、公園のベンチで二人は将来について考え、未来に向けた<ある約束>を誓う。
 彼女と別れ、朔は今日の出来事を夢うつろに考えるまま、家で待っている母親の手料理、彼女が見せた笑顔、そんな何気ないことを思い、頭の中から響いてくる<眠りをささやく声>に耳を傾け、闇の眠りへと落ちていく。
 眠りから覚めた朔に待っていた現実は、七年の時を超えた未来だった。
 10歳の体のまま7年後の世界に降り立った朔。その世界に存在する人たちはみな、七年もの成長を遂げていた。いくばくかの時間を超えた少年が経験する苦悩、彼女との約束の結末、たどり着いた世界の「答え」とはいったい何だったのだろうか。
 
 やさしさに満ちた文章が心に響く。作中に登場する弟、医者、そして彼女etc……、どの人物たちも「大江朔という人間の将来性」を見捨てようとはしない。だからこそ、思い悩む者の心の葛藤が胸を打つ。
 作者が見せようとする世界は、丹念に描いた青春の輝きを文章に込め、爽快な気分かもし出し、躍動させ、沈んだ心を活気づける。
 最終章「きみを守るためにぼくは夢をみる」の中でみせる少年少女の決断は、ひとつの形でしかない。大人に近づこうとする一歩を踏みこんだ成長のプレリュード。作者が伝えようとした「勇気」を受け止めてほしい。
 
 小説は、読んでみたい! と思うことが前提にあって、始めて成立するものだと思う。そういった意味で、本書「きみのため……」はイラストのやさしさが胸を打ち、この一冊を書店で手に取ることに成功している。もちろん「児童書にありがちな「<楽しさ>を堪能する」という文体が大きなネックなっていることも。

 家族全員で楽しめる作品としてオススメ。
 社会性などの小難しいことを考えないで、ただ文中に広がっている恋愛だけを楽しめばいい。それ以上のことは何もいらないから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/04/24 11:28

評価0 投稿者:白倉由美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『君を守るためにぼくは夢をみる』について
 この物語は、私が初めて書いた児童文学です。
 こどもの頃から、本が大好きでした。学校から帰ると、すぐ児童館にいって、いろんな本を読みました。小学校の一年生から、六年生までの長い長い間です。いろんな色が踊ってる絵本や、ファンタジー、童話など、毎日、胸をわくわくさせて、本を開いていました。
 そんな気持ちを、この本を読んでくれるあなたが持ってくれたらいいな、というのが、今の正直な気持ちです。
 この本を出版するうえで、いろいろとお手数をかけてしまった講談社の阿部薫さま、それにすてきな、夏の匂いのいっぱいするイラストをかいてくださった、新海誠さまにとても感謝しています。
ありがとうございました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2007/01/10 02:59

『ほしのこえ』の新海誠氏つながりで、気になる一冊。
著者の白倉由美氏は『グレーテルの記憶』『おおきくなりません』の著者でもある。これも関連で気になる。

評価5 投稿元:ブクログ

2008/03/12 16:33

高校の図書館司書の先生に薦めていただいて読んだ本。
あたしが活字嫌いなの知ってたのかなぁ…とても読みやすかったです。

朔はある日突然消えてしまう。そして戻ってきたと思ったらそこは…7年後の世界。しかし朔は10歳のままで…。
初恋の少女は17歳。
朔の落っことしてしまった時間はどこへ?
そして不思議な恋の始まり。

評価5 投稿元:ブクログ

2006/07/06 03:12

図書館で借りて、あまりの好きさに買いに走った1冊です。イラストに惹かれただけだったけど、それだけじゃない、美しい文章で綴られる物語。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/01/14 21:20

少し出かけていただけのはずが、いきなり7年の歳月が経過していたらそれはもう驚くだろうな。
周りの人たちが思いのほか温かい。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/11/30 19:29

第1章を読んだときは、10歳のナイトみたいな少年のデート(しかも相手が、あの川原 砂緒ですよ!!)ということで、若干、

けっ!

とか思いました。

でも、2章からが、せつない。自分だけが7年間という時間をなくしてしまうのです。理屈は、一切なし(笑)

今までの白倉作品、大塚作品とも、リンクしいて−−というか、名前が同じだけで生い立ちとかは全然違うわけですが−−そうか、最近は、貴生とはつきあってないのか、あんまりしあわせそうじゃなかったもんな……とか、公彦、やっぱり大きくなったら、狂気を抱えてしまうのかとか、思ってしまいます。

まあ、そういう読み方じゃなくて、そういう名前の俳優さんが、その役をやっているという、手塚 治虫や、獸木 野生のスターシステムみたいなものだと思ってみるのが正しいんだと思います。

というか、もっと1つずつみるのが、もっと正しい読み方で、こういう読み方は、まんまと罠にはまっているのかも……。

砂緒ちゃんがねぇ、主人公の朔の一人称なのでよけいにということもありますが、砂緒ちゃんの気持ちが、見えてこないんですよ。
めちゃくちゃ純粋なまま7年間を過ごしたんだと思うけれど、公彦と一緒にいることで、何か感じるところはなかったのかとか……。
ある意味、本当に永遠の少女です。

一貫して、白倉 由美のテーマは、「大人になる」ということだった気がするので、児童文学という選択肢はありかなぁと思います。
ただ、他の児童文学と同じく、本当にその言葉が、子どもに届くかというと……難しいかも。

あぁでも、1人でも届けば、それはそれで意味のあることなのかも。

評価3 投稿元:ブクログ

2008/08/21 18:24

本当にこれは児童書とよべるのか??っとうたがう作品だった。
そして、主人公が10歳という設定だが、10歳というリアル感が無い。
10歳でこんなことが話せたり、考えたりできるのだろうかとうたがってしまった。
また、ストーリーの終わりが、なんとなく物足りないというか
曖昧な感じで、後味があまりよろしくない感じがしました。
全体的には、キレイにまとまっているし、読み易いんですけどね。
それに、可愛らしいラブストーリーって感じがしました。

この作品は、表紙の新海誠さんの絵に引かれて読んでみました。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/03/26 23:05

小学5年生の姿のまま7年の時が過ぎてしまった朔。大好き彼女は自分よりも背が高く、ずっと大人だ…。とてもとてもピュアなラブ・ストーリーです。「世界の中心で…」に通じるところがあるかな、主人公の名前も朔だし。
きっと、10代始めの頃に読めばもっと感動が大きかったんだろうと思う本でした。

評価2 投稿元:ブクログ

2012/02/01 14:08

新海さん表紙読み。
10歳の男の子のキャラが女性による脳内男の子像という風に思えて。あとがきで児童文学って書いてあるけれど…ラノべか少女漫画の印象だった。続きを読むべきなのか?

評価5 投稿元:ブクログ

2008/01/14 13:53

この表紙を見た瞬間【読もう!】という威力が沸いてきました。思っていた通り、キャラクターや話のすべてが好きです。とくに主人公の朔くんの外見とか、私の理想そのままで最高の一冊だと思います。是非映画化してほしいです。オススメ度は高い!

評価5 投稿元:ブクログ

2009/04/15 23:26

読んでいて児童文学だということを忘れてしまいました。
これ、児童文学じゃなくてもいけると思います。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/09/07 01:08

全体的なストーリーよりも、その時々の言葉だったり、シチュエーションを深く味わいながら読んだ。これは、読者の年令や、その人の環境、心境によって感想が変わるような気がする。所々琴線に触れるところもあり、涙がポロリ。登場人物の、それぞれの立場で考えられるところは児童書としてもすごくいいな、と思った。
主人公の年齢に無理があるのは否めないが、
あくまでファンタジーなので、そういうことは深く追求しないで砂緒(すなお )な気持ちで読むことをおすすめします。

評価3 投稿元:ブクログ

2008/06/27 22:10

恋愛ファンタジー小説。文字が詰まってる割にはテンポ良く読めるので
個人的には、携帯小説よりもこちらを推奨したいです。途中に挿絵はありませんが・・・。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/04/13 20:16

10歳の誕生日。初めてのデートをした帰り道、一夜で7年の歳月が流れ相手の少女は17歳に。でも自分は10歳のままで…あとがきを読んでビックリしたが、これ児童文学らしい。
砂緒ちゃんが7年も朔を待っていたのは、大人になりたくなかったからなんだろう。でも10歳の朔と17歳の砂緒はいっしょに大人になることを決意する。
7年の歳月を飛び越えてしまった原因は明かされなかったけど面白い。最後の背伸びのキスが素敵だった。切なくて、ちょっと甘い話。
ただ2人の会話が10歳と思えないのと、同級生だった男子が10歳に絡むのはいくらなんでも…微妙。
でも三木・モトユキ・エリクソン先生が登場したのでいいかw

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.