サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016年7月期メディア化特集(~7/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 歌舞伎・文楽の見方が面白いほどわかる本
歌舞伎・文楽の見方が面白いほどわかる本
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 中経出版
  • サイズ:21cm/363p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8061-1803-6
  • 国内送料無料

紙の本

歌舞伎・文楽の見方が面白いほどわかる本

著者 七海 友信 (著)

チケットはどこで買う? 最初は何から見ればいいの? 古典のパワーと生命力のある「歌舞伎」と「文楽」をドッキングして、初めての人にもわかりやすくその魅力と本質を伝えます。【...

もっと見る

歌舞伎・文楽の見方が面白いほどわかる本

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

チケットはどこで買う? 最初は何から見ればいいの? 古典のパワーと生命力のある「歌舞伎」と「文楽」をドッキングして、初めての人にもわかりやすくその魅力と本質を伝えます。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

七海 友信

略歴
〈七海友信〉1967年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。NHK入局後、主に日本古典芸能の番組制作に携わる。現在、音楽・伝統芸能番組部ディレクター。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/02/04 16:10

投稿元:ブクログ

歌舞伎・文楽のビギナー2人が持つさまざまな疑問に、一人の詳しい人が平易な言葉で答えていくという体裁をとっているため、とてもわかりやすく説明されています。

かつて、出雲阿国がかぶき踊りを始め、それが歌舞伎の元となっているのに、なぜ今では女性は排除され、男性が女形を演じているのか、疑問でした。
それは女性が踊ることで、内容が次第に風紀に反するものになったため、幕府から禁止令が出て、その次少年たちが踊るようになりましたが、これまた風紀に反するものになったため、さらに幕府から禁止令が出て、最後に成人男性が踊ることで、ようやく芸として落ち着いたとのことです。

「白波五人男」は、白い波が立つほどカッコイイ男性達、と言う意味かと思っていましたが、実は白波とは、泥棒の意味だと知ってビックリ。

また、「勧進帳」の幕切れで弁慶が花道を通るときなどの「六方」とは、「東西南北・天地」→「六つの方角」→「六方」という意味で、世界の全方向に力をとどろかせるという意味だそうです。
コネタ満載の歌舞伎の章は、とても興味深く、おもしろく読みました。

ただ、後半の自分が縁遠い文楽の章は、あまりピンときませんでした。
観にいくようになってから読み直したら、ぐっと詳しくなり、おもしろく読めるだろうと思います。
文楽は歌舞伎と違って、世襲制ではなく、実力主義の一代の世界だとは知りませんでした。
情報が満載なので、また読み返したい一冊です。