詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. 自転車ツーキニスト

自転車ツーキニスト(知恵の森文庫)

  • 発行年月:2003.6
  • 出版社:光文社
  • レーベル:知恵の森文庫
  • サイズ:16cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-78226-4

文庫 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

自転車ツーキニスト (知恵の森文庫)

疋田 智 (著)

紙書籍

700 ポイント:6pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

648(6pt) 自転車ツーキニスト

紙書籍より:52円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.7
3.7
評価内訳 全て(16件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

二倍おいしい読書。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/12/21 03:55

評価5 投稿者:アルテミス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 しばらく前から自転車通勤をしている。
 18歳から30歳までずっと同じ体重だったのに、30歳になってから毎年1kgずつ増え始め、数年前生活環境が変化してからは、一気にドドーン!と増えてしまったのだ。

 美容面を横においても、急激に体重が増えると何が困るって、手持ちの服が入らなくなること。増え方が半端でなかったので、靴まできつくなった。他にも、立っているのがしんどい、正座が5分ともたなくなるなど(前は、2時間でも3時間でも平気だった)。
 いよいよ危機感を抱いたのは2度目に大台を超えた時で(つまり20kg増えた時)、こりゃやばい、糖尿病になりかねない(親が糖尿病なので、素質は充分にある)、何とかせねばと真剣に考えた。
 ところが。ケチな私はフィットネスクラブの入会金を払う気になれず、しかも不精なため通い続けられる自信もなかった。

 で、思いついたのが自転車である。実は高校時代に部活で、今の勤務先の近くに自転車で通っていたのだ。あの頃と同じスピードは無理にしても、バスと電車を乗り継ぎさらに徒歩という元の通勤手段よりは早いだろうと考えた。自転車代しかお金がかからず、しかも余計な時間を使わないとなれば、いかに3日坊主の私でも続くだろう。
 結果はほぼ予測どおりで、季節が春夏秋と過ぎた現時点で、まだ続いている。体重も5kg減った。減った量が少ないのは、毎日自転車を使っているわけではないため。無理に毎日やるぞと力むと、早々に挫折すると考えた。うーん、私は自分を相当に根性無しと思っているな。
 
 そんな折に、先達の存在を知った。いや、知るだけは前から知っていたのだが、本が出ているのを知らなかった。
 で、読んでみた。

 読む前は自転車通勤についてのハウツー物だと思っていたのだが、そういう章もあるのだが、それよりは自転車をキーワードに、世の中のさまざまなことを考えるエッセイ集の趣が強い。
 自転車での通勤についての文章では、うんうん、そうだよなあと共感した。
 テレビ屋さんという著者ならではの体験には、笑い、怒り、考えさせられた。
 中心となるのは無論、日本の自転車を取り巻く環境である。車道と歩道、どちらを走ればいいのか? スーパーやホームセンターの、あの異様に安い自転車の裏側に潜む問題点は? 自転車泥棒は?
 それに、著者が仕事で出会った国内外の人々の、自転車への思い。
 
 さらに、この本の特色として。
 本書は単行本で出版されていた「自転車通勤でいこう」を大幅加筆修正したものなのだが、その加筆分に書体の違う活字が使われている。そのため自転車通勤初心者の素朴な、そしてちょっぴり感傷的な文章と、それから数年を経た、当時の素朴さに苦笑し訂正し新たな考察を加え、でもやっぱり少しばかり感傷的な文章を交互に読むという、珍しい経験ができる。
 単行本時の著者に近い初心者の私は、元の文章に共感し、加筆分に知識をもらうという二倍おいしい読書となった。

 ただ、同じ初心者と言っても、ベースにある体験が違った。私は、子供用自転車を除けばママチャリしか乗った事がなかった。本格的な自転車に乗って東京から宮崎まで旅したことのある著者とは、道具としての自転車に対する姿勢が違った。
 だから自転車屋のおじさんに薦められるままに、シティサイクルを買ってしまった。シティサイクルとしては高価な部類に属するのでそれなりに軽いし、太りなまった体でも、運動部だった高校生の頃のママチャリより速く走れる。
 でも、スポーツタイプはそんなに軽くて速いのか。ああ、買う前に読むんだった(あ、本書はまだ出てなかったか)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2005/05/25 01:52

 ツーキニストって言うのはツーリングと通勤を引っかけた、中〜長距離自転車通勤をする人のこと。著者は、自転車関連の著作が多いとは言え、一介のサラリーマン。そんな人が書いたからこそ、ツーキニストって言葉に真実味が出る。ツーキニストらしく、時には寄り道しながらマイペースで綴られるエッセイ。

自宅と職場(学校)が20km以内なら、雨の心配のない日にはツーキニストになるのもイイかもしれない。

表紙にもなってる「スーツ姿にバイク用穴あきヘルメット+ロードバイク」ってのはちょっと所じゃなく異質で、カッコイイよ!!

評価2 投稿元:ブクログ

2007/12/25 12:41

来年からの自転車ツーキニストに先駆けて、やはり読んでおかねばと思い購入。前半は面白かったが、後半はどうもいまいち。2007/12/22

評価3 投稿元:ブクログ

2008/09/09 23:12

最近ハマってるチャリ通。それに関連して読んでみた。
書き方がキザな感じもするけど、自転車が好きな気持ちはよく理解できた。

評価3 投稿元:ブクログ

2008/07/22 23:59

自転車の良さを世に知らしめた代表的な作品なのかな?
僕の職場環境では自転車通勤が出来ないのが残念です。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/09/16 13:21

疋田さんは、まあ自転車業界では有名人で取り敢えず通勤しようぜ、いいから乗ってみなよ、いいことばっかだから!!って主張する自転車を愛する人、だというイメージしか正直無くって若干煙たい気がしておりました。が、この本の、特に直截的に自転車を礼賛する章ではない部分がとても面白くて、ふむ普通にめちゃ頭のいい人なんだなと改めて。バンドやってるケイイチローの章とか自身の新婚旅行の章とか、スパイスとしての自転車は出てくるけれどそうではなく純粋に書きたいことを書いている、という感じがとても心地よくて目から鱗でした。

ま、自転車乗らない人はそれほど興味ないとは思いますが、それでも少しでも運動に興味があるなら手にとってみてもいいと思います。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/10/25 00:30

読み終わった日:2008/9/11
自転車ブームの火付け役!「保護もされない代わりに自由かつ無責任。それは自転車のペダルを踏むことの快感の一つとも言える。」という点に共感。

評価3 投稿元:ブクログ

2009/01/27 08:58

自転車ツーキニスト元祖、疋田さんのデビュー作。
かく言う私もツーキニスト。自転車通勤の事を勉強したくて一番最初に買った本。

今から考えると、彼もまだまだ知識不十分のまま書いている感じがして今ひとつな気がした。

評価2 投稿元:ブクログ

2010/05/30 18:05

まあ正直この本じゃ自転車に乗りたくなるようにはならないと思う。
なんというか自転車に乗るというのが楽しいというようなワクワク感がない。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/11/01 08:20

[ 内容 ]
ふとしたきっかけで自転車通勤を始め、自転車にのめり込んでしまった著者が、自転車生活の魅力、自転車への熱い思いを吐露!
快適な自転車通勤に必要なものは?
真の自転車的社会とは?
今すぐ自転車で出かけたくなる一冊。

[ 目次 ]
第1章 私が自転車通勤をはじめた理由(マンションの総会からはじまった;妻の自転車を買いに行く ほか)
第2章 自転車のある風景(バタングランデ村の自転車は緑色に光る;機能美ということについて ほか)
第3章 自転車をめぐる素敵な面々(桂社長の流儀;外交官が自転車に乗ると ほか)
第4章 自転車的な社会に…。(クルマを手放すことにした;自転車的な社会に…。)
おまけの章 快適な自転車通勤のために(自転車通勤環境はどの程度のものか;自転車の種類は何がいいか ほか)

[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

評価4 投稿元:ブクログ

2011/01/21 00:43

今更自転車通勤に関する本なんて読まなくても,僕は自転車通勤志願者なのだが,筆者が日暮里~赤坂を通勤しているという点,および出版当時の年齢が僕と同じということで,試しに読んでみた。

第一章の自転車に関するウンチクで読むのを辞めようかと思ったが,二章以降が思いのほか面白かった。っていうか,自転車に関係のない話が多かったのがよいww
自転車に関わる文化的な位置や世界における自転車の役割というようなエッセイが一番面白かった。さすがはテレビマンの視点だな。

いやー,自転車っていいものですね。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/07/18 18:01

疋田さんの処女作です。自転車通勤を世の中に広めた功績は大きいですね。それ以前にも自転車通勤の方はたくさんいたとおもいますが、疋田さんのおかげで、2010年になった今でも自転車通勤ブーム。最初に仕掛けた疋田さんは、今でも雑誌などによく登場しています。

新しいブームを起こすというのはまあ偶然のこともあるでしょうが、一発当てると大きいですね

評価4 投稿元:ブクログ

2010/08/15 13:40

筆者は自転車ツーキニスト(通勤する人を意味する造語)の疋田智氏。TBSの報道番組のディレクター(当時)。

疋田氏はマンションの自治会の総会で、自転車置き場が議題に上がったのを機に、ずっと放置してあった学生時代からの愛車に目を向けた。

ランドナーはツーリング用のバイクで、かつては一世を風靡したが、いまはMTBなどに押され、ほとんど売っていない。

疋田氏は、大学の卒業旅行で東京から故郷・宮崎までランドナーで旅をした。

そういえば、自転車に乗っていないなぁ。磨いてみるか。ゴシゴシ。自転車はかつての輝きを取り戻した。

そうだ、これで会社まで通ってみるか。当時、住んでいたのは西日暮里。TBSのある赤坂までは15kmほど。1時間も乗れば、通える距離だ。実際、乗っていると、これが快適。84キロあった体重は68キロになった。

自転車に乗っていると、景色が変わって見えた。季節感、空気、東京の道路事情…。やがて、こうして、同書が出たわけだ。

僕は自転車に興味を持ちだしてから、この本を手に取ったわけだけど、普通の人も「よし、自転車に乗ってみるか」と思える。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/07/27 00:00

私はこれで「自転車ツーキニスト」になりました
 筆者は、TBSにお勤めの疋田さん。大の読書家でもあり、不定期に発行されるメルマガの書評欄も大好きです。このサイトでも書評書いてくれたらうれしいなぁ。
 この本はその疋田さんを知るきっかけになった本でもあり、往復40キロの自転車通勤をするきっかけになった本です。今は往復120キロあるんでやってませんが、がんばりすぎない自転車通勤は最高です。自転車通勤を考えている方にはオススメの一冊。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/10/19 11:39

タイトルの「自転車ツーキニスト」とは、自転車で通勤する人のことださうです。
近年かういふ人たちは増殖中だと聞きます。実際、街へ出ると実感するのであります。
わたくし自身は軟弱に車通勤してゐますが、その途上で多くの自転車通勤者を見かけます。
かつこ好いスポーツ車はもちろん、折畳自転車や小径車(ミニベロつていふのですかね)みたいな小さな自転車に乗つてゐる人も多い。
因みにわたくしの住む地方では、自転車のことを「ケッタ」と呼称します。

平たく言つてしまへば、自転車通勤は環境に好いし、健康的でお勧めですよ、といふ誰でも認識してゐることを、実体験を通じて主張するのが本書の内容と申せませう。
自転車に乗ると、日本の交通体系とか環境政策とか否応無く実感すると言ひます。ようするに自転車に優しくない国だなあと。歩道側からも車道側からも邪魔者扱ひされる存在。
北欧の自転車先進国みたいに行政が率先して対策を打たなければ、今後自転車通勤者が殖えても問題点ばかり浮き彫りになることでせう。

などといふ硬い話ばかりではなく、自転車にまつはる著者の体験談が、陽性の文章に乗つて語られます。特に第三章などは、テレビのディレクターといふ著者の職業ならではの物語があつて、読ませる内容であります。

自転車の薀蓄を求めやうとする本ではなく、純粋に読み物として愉しむと同時に、最終的には「人の幸福とは何か」なんて事まで考へる一冊でございます。

http://ameblo.jp/genjigawa/entry-11383210334.html

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 1~3日 納期・配送の目安について

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

    電子書籍版を立ち読みする

    hontoアプリの確認

    立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

    • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

    最新の「honto」アプリをご利用の方

    立ち読みする

    最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

    hontoビューアアプリ

    ビューアアプリについて

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.