詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 男性向けコミック
  4. よつばと! 1 (電撃コミックス)

よつばと! 1 (電撃コミックス)(電撃コミックス)

コミック

  • 国内送料無料

よつばと! 1 (電撃コミックス)

あずま きよひこ (著)

紙書籍

648 ポイント:6pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【文化庁メディア芸術祭(第10回)】【手塚治虫文化賞マンガ大賞(第20回)】【「TRC MARC」の商品解説】

ジュンク堂書店盛岡店さん

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「よつばと! 1 (電撃コミックス)」が含まれるセット商品

よつばと!(電撃コミックス) 13巻セット(電撃コミックス)

よつばと!(電撃コミックス) 13巻セット

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮駅前店

5歳の女の子が父やご...

ジュンク堂書店三宮駅前店さん

5歳の女の子が父やご近所さんと過ごす日常。
普通すぎて凄い事なんて起きないですが、
5歳児にとっては小さな事件も大事件。

普通がこんなにも面白いものなんだと気付かせてくれる
作品です。


コミック担当

ジュンク堂書店新宿店

「よつば」という元気...

ジュンク堂書店新宿店さん

「よつば」という元気で好奇心旺盛な小さな女の子が主人公です。漫画はよつばの日常が描かれます。散歩をしたり、お祭りに出かけたり、目にするもの全てが珍しく、面白く、毎日が驚きの連続です。しかしこの漫画のすごいところは、決してよつばの視点で描かれていないところです。全身で笑い、泣き、走り回るよつばを見つめる他者(大人)の視点で描かれています。子どもの頃に戻るのではなく、大人のままで子どもと一緒に遊んで童心に戻る感覚。新しく、懐かしい、そんな不思議な漫画です。 コミック担当 HK

ユーザーレビュー

全体の評価 4.7
4.7
評価内訳 全て(393件)
★★★★★(255件)
★★★★☆(78件)
★★★☆☆(27件)
★★☆☆☆(2件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

術中はまっているな、と、思いつつ何度もとりだして眺めてはにやにやしているのでした。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2004/06/03 07:16

評価5 投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「あの」あずまきよひこの新連載の主人公が「ちいさなおんなのこ」であると知ったとき、ずりぃよ、それ、絶対に面白くなるにきまっているもん、とか、思ったり思わなかったり。
「あずまんが大王」を一読すればたちどころに了解できるように、あずまきよひこは、人間と日常を描くのが、とことんうまい。卓越した観察眼をもつゆえ、なのだろうが、括弧いりの「物語」よりも、いかにもそこいらに転がっていそうな些末なことがらを、軽やかなユーモアというオブラートにくるんで提示して「魅」せる。
で、この作の主役のよつばちゃんは、「こども」でしょ。もともと、こどもと動物は、外見の可愛らしさと挙動の予測不能性で、ドラマとか映画の実写畑では、大人のキャストを食うくらいの存在感をもつもの。
にもかかわらず、マンガの世界でこどもと動物をメインすえたものが意外に少ないのは、こどもとか動物とかが多くの読者にとって既知の存在であるため、ごまかしがききにくく、「本物以上」に魅力的に描くためには、高いレベルでの表現力が必要となるためで、はい、正直、この「よつばと!」で、あずまきよひこの実力を見なおしましたわ、わたし。
これから読む方は、以上のようなくだくだしい理屈はすっぱり忘れて、頭をからっぽにして、素直に楽しんでくださいね。

酩酊亭亭主

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ただただ可笑しくて笑い転げてたあの頃

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2004/05/28 11:15

評価5 投稿者:Rin-k - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほら、昔はさ、いろんなしがらみとか小理屈とか無くて、ほんの些細な事、たとえば友達がちょっと変な事したとか、道歩いてて変なもん見たー、とかで涙が出るまで笑えた事ってあったじゃない。
それがさ、だんだん損得とか理屈とか知って、苦笑いとか作り笑いとか覚えて、意味を考えて笑うとか、人の失敗を嘲笑うとか、無理やり笑わせようと作られたものに付き合って笑わないと損?だから笑うとか、そんなどっか醒めた笑いばっかりになって来てるんだよね。
いつの間にか、ただ可笑しくて笑う事って滅多に無くなっちゃった。

「よつばと」は、ホント、ただ可笑しい。
裏の意味とか必要無し。理屈もない。悪意もない。ただよつばと一緒にいてよつばを見ているだけで、気が付いたら笑ってる。
ものすごく気持ちがよくて楽しくて、
でもちょっと切ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

爆笑なのに、ちょっぴり切なくなるのはなぜだろう?

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/09/01 14:50

評価5 投稿者:れい - この投稿者のレビュー一覧を見る


「あいつはなんでも楽しめるからな。よつばは無敵だ」



巻末のとーちゃんのセリフがとても印象的な一冊。
ものすごく素敵な一冊です。
のちのちの世にまで残したい名作。
ほんきで。

主人公のよつばちゃんには、本当に学ばされることが多い! きっと、彼女の周りの人間は、よつばちゃんとしゃべってるだけで幸せになれるんだよね。時にはべそかいたりもしながら、それさえもすごく可愛い。



とにかく絶対読んでください。
もうその一言。
あずまきよひこ氏の、絶妙な間の外し方は健在。
「どうしてあんな返事になっちゃうの!?」と突っ込みたくなること請け合い。

「よつばちゃん、何年生?」
「とーちゃんが好き!」

「どこから引っ越してきたの?」
「えーと、ひだりー」

「よかったなぁ。お礼いいなさい」
「うん! アイスクリームください!!」

こんなのを、あのくりくりお目めでいわれた日には、抱腹絶倒間違いなし! あんな発想は、普通じゃないって!


と、コミカルなのにとても含蓄深い、そんな名作。
ぜひ、お国のお偉い方々に読んでもらいたいよね(?)



チャームアップ実践委員会も開催中〜。
街ゆく男たちを振り向かせよう!
れい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日常の中の何気ない毎日

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/01/28 15:21

評価5 投稿者:しなもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

日常系の漫画では一番好きな作品です。よつばと、とーちゃん、おとなりさんやジャンボ等、毎日よつばの楽しい日々が丁寧なタッチで描かれています。巻が進むごとに発売日の感覚が長くなってくのが少し残念ですが、楽しみはとっておいたほうがいいということで^^
日々の何気ない、だけどちょっとおかしかったりかなしかったり、日常の出来事をひとつひとつ拾い集めるようにしてつくられている作品。お薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

小さな人の日常

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2013/10/16 20:28

評価5 投稿者:亜出 - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供には人生は楽です。よつばちゃんは毎日を楽しんでいて、父ちゃんと周りと遊んでいる。簡単です。暖かいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2004/10/03 14:51

ちょっと変わった女の子よつばと、よつばの周囲の人々の何の変哲もない日常。

特に大きなドラマがあるわけでもない、本当にどこにでもありそうな世界だけれども、それが逆に読む者の心を惹きつけます。

評価5 投稿元:ブクログ

2004/10/03 14:06

あずまんが大王で大ブレイクした作者の現在連載中の作品。
よつばちゃんが無条件で可愛らしいので、読んでるとつい顔がニヤける。
ふーか好きです。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/11/14 09:15

再読。よつばちゃんがかわいくて、笑ってしまう。
よつばちゃんが隣に住んでいたら毎日楽しいだろうなあ。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/03/28 07:50

天真爛漫はコミックの必須アイテムで、その最高をいきそうだけどそれに癒されるかというとどちらかというと暗いコミックに魅かれるワタシとしてはついていけない。ブランコすら知らないという設定にして、日常の中の驚き、喜び再発見というコンセプトなのかもしれない。絵のタッチもクリアで気持ちいい。

評価5 投稿元:ブクログ

2004/10/21 21:02

ちょっと変わった女の子よつばの、なんでもない日常を描いたお話。ウチは家族で読んでいます。オタクだけでなく小さい子から親御さんまで広く読んでいただきたい。

評価4 投稿元:ブクログ

2004/12/06 15:42

危なかった・・・電車の中で読んで危うく、薄ら笑いを浮かべている変な人になるところでした。
読む場所かんがえんとーーーw

評価5 投稿元:ブクログ

2006/11/12 11:11

作者は「あずまんが大王」描いてた人なんですね。いや、4コマは興味ないので、僕はそっちは読んでないんですけど。。すっっっっっごい面白い、これ!!!!「よつばと!」ってのは、つまりは「よつば&!」ってことで、よつばを中心に話は展開してくんだけど、今までこんな漫画見たことないなぁってくらいにすごいと思う。。。よつばの小憎たらしさがたまらん。。。今月号のSTUDIOVOICEでは保坂さんがこの漫画について書いてたね、そういやぁ。奇遇だなぁ、と思った。たしかにそういう感じするかも。(06/8/11)

評価5 投稿元:ブクログ

2008/07/31 21:58

ほのぼのした話なんだけど、読んでて時々泣きそうになる。現実はこんなにいい人たちばかりのはずがないもの。

評価5 投稿元:ブクログ

2005/02/12 12:54

現3巻。不思議幼児の絡んだ、なんでもないユルイ日常を描いている…だけのように思えるものの、なんでこんなに面白いんだろうか、という。どこにでも有りそうでなさそうな日常が良いのだろうね。読んでてとなりのトトロを思い出します。

評価4 投稿元:ブクログ

2004/11/26 03:49

ほのぼのしてる漫画。あずまんが大王のあずまきよひこのやつだし、読んで損はないでしょう。見てると元気が出てきます。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.