サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. ネットは新聞を殺すのか 変貌するマスメディア
ネットは新聞を殺すのか 変貌するマスメディア
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.9
  • 出版社: NTT出版
  • サイズ:19cm/227p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7571-0110-4
  • 国内送料無料

紙の本

ネットは新聞を殺すのか 変貌するマスメディア

著者 青木 日照 (著),湯川 鶴章 (著),国際社会経済研究所 (監修)

既存のジャーナリズムを「速報性」「詳細性」において圧倒するインターネット。若年層ではすでに新聞を離れ、ネットで情報を得る傾向が強まっている。新聞はインターネット時代に生き...

もっと見る

ネットは新聞を殺すのか 変貌するマスメディア

1,620(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

既存のジャーナリズムを「速報性」「詳細性」において圧倒するインターネット。若年層ではすでに新聞を離れ、ネットで情報を得る傾向が強まっている。新聞はインターネット時代に生きのびることができるのかを考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

青木 日照

略歴
〈青木〉1949年東京都生まれ。日本電気(株)コーポレート・コミュニケーション部エグゼクティブ・エキスパート。
〈湯川〉1958年和歌山県生まれ。(株)時事通信社編集委員。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2005/04/19 15:02

投稿元:ブクログ

新聞業界の今と未来を説いた本です。インターネットの広告についても詳しく述べられています。近々第二弾が刊行予定。

2013/05/07 18:22

投稿元:ブクログ

 「変貌するマスメディア」の現状と今後の方向性を知ってみたくて本書を手にとってみたが、本書の視点はちょっと違うのではないのかとの思いを持った。
 「変貌するジャーナリズム」においては、現状の一部を切り取っているだけで、事業の全容が見えた気がしない。
 「変貌する新聞事業」では、事業構造の深い考察があるわけではなく、一部の視点からの考察にとどまっているように思える。
 「新聞の将来に影響を与える技術動向」でも、新しい技術がどのような影響をもたらすのかが、全く見えなかった。
 「若者の新聞離れ」はよく聞くし、「情報の発信」というネットの双方向性については既によく知られていることだが、本書の読後に「新聞業界とネットの今後の世界」の全体像が見えてきたようには思えなかった。
 「ネット」の影響で、新聞が事業の存亡を賭けた大きな影響を受けるだろうことは容易に想像がつくが、本書はその現状と将来を的確に指摘しているようには思えない。
 本書は、残念な書であると思う。

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

サイト内検索

キーワードを入力