サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. あらすじで読む日本の名著 No.2
あらすじで読む日本の名著 No.2
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.11
  • 出版社: 楽書舘
  • サイズ:21cm/157p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8061-1908-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

あらすじで読む日本の名著 No.2

著者 小川 義男 (編著)

三四郎、最後の一句、夜明け前、すみだ川、銀河鉄道の夜など、近代日本文学の名作25編をあらすじで収録。読み損ねたあの作品も、夢中になったあの物語も、これ一冊で網羅できる!【...

もっと見る

あらすじで読む日本の名著 No.2

1,080(税込)

あらすじで読む日本の名著 No.2

1,080(税込)

あらすじで読む日本の名著 No.2

ポイント :10pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

三四郎、最後の一句、夜明け前、すみだ川、銀河鉄道の夜など、近代日本文学の名作25編をあらすじで収録。読み損ねたあの作品も、夢中になったあの物語も、これ一冊で網羅できる!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小川 義男

略歴
〈小川義男〉1932年北海道生まれ。亜細亜大学大学院法学研究科、ならびに早稲田大学大学院商学研究科各修士課程修了。現在、私立狭山ケ丘高等学校校長。著書に「学級崩壊なんかさせるか!」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

よみがえる思い出

2004/03/22 23:47

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アンデルセン - この投稿者のレビュー一覧を見る

懐かしさがこみ上げてくる。
中学、高校時代の教科書に、必ず出てくる数々の名作。
その当時は、国語の授業のなかで読む名作に興味が湧かず、タイトルと作者を受験のために必死で覚える、そんなあさはかな関わり合いでしかなかった。
しかし、本当におもしろい作品に出会ったとき、心の奥底からむさぶるように読みあさった。その一つが、私は夏目漱石の「吾輩は猫である」だった。
胸に強烈な印象を残した作品、読み返そうと思ってもなかなか今となっては、時間に追われるなかで難しいと思っていたときに、この本に出会った。
原作に忠実な一節、ストーリーから、感動したあの当時にフィードバックさせられた。
日本の文豪の名著がぎっしりと詰め込まれ、学生時代の初々しい文学とのふれあいをもう一度思い出させてくれる、そんな一冊の本だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/14 16:41

投稿元:ブクログ

原作を知らない人の為の本ではなく、原作を知っている人が、これってどんな話だったっけ? と思い出すために開く、備忘録代わりの本でしょうね。

2012/12/01 22:24

投稿元:ブクログ

あらすじと言いながら、作品によって文体が異なり、著作を読んでいるような、見事なアンソロジーです。
私個人の感想は、1巻目と同じ。

2010/12/07 19:08

投稿元:ブクログ

69ページほか 「四天王但馬守」→「四王天但馬守」
 ※中勘助『銀の匙』のあらすじ中。四王天但馬守は『絵本太閤記』に登場する明智光秀の家来。ちなみに仏教では、須弥山の中腹にある「四王天」を守るのが「四天王」だそうです。

146ページ 「石田光成」→「石田三成」
 ※野上弥生子『秀吉と利休』のあらすじ中。いかにもありそうな誤字ですね。

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む