サイト内検索

詳細検索

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1001-04)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 企画がスラスラ湧いてくるアイデアマラソン発想法
企画がスラスラ湧いてくるアイデアマラソン発想法(日経ビジネス人文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

企画がスラスラ湧いてくるアイデアマラソン発想法 (日経ビジネス人文庫)

著者 樋口 健夫 (著)

企画がスラスラ湧いてくるアイデアマラソン発想法 (日経ビジネス人文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価2.9

評価内訳

続ける事の大切さ

2004/11/24 16:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:知りたい人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アイデアマラソンを一定期間実行すると以下の3つの効果が期待できる。
とこの著者が断言されています。
1.発想力と発想速度は何倍にもなる。
2.生活と仕事の新しい生きがいを発見する。
3.「つき」が来る。
どのように実行するのかについて非常に細かく書かれており、今すぐにで
も実践できる内容です。
守るべき3つのルールは、
1.アイデアマラソン・ノートを常に携帯所持すること。
2.毎日、最低1個はアイデアを発想しノートに記録すること。
3.ノートの具体的な書き方を守ること。
です。
「ネタが切れたときこそ、一番大切な瞬間だ。」
「有効発想密度は、1000個に3個(0.3%)程度だ。」
「一定期間アイデアマラソンを継続すると、自己の隠された能力の開発につながってくる」
「まずは、2ヶ月で100個の発想を出すと、発想が発想を生むようになる。」
といった点が印象に残りました。
また、この本には、継続するための助け舟として発想課題を「発想路」として具体的に提案されています。
根気だけをしっかりと用意して始めてみたいなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

自分という鉱脈を掘れ

2004/01/14 14:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

えー、その昔、ロシアのグルジェフって人が『人間は眠ったまま生まれ、眠ったまま生き、眠ったまま死んで行く機械である。』てなことを言ったわけですよ。
つまり、どんな人間も自分の意志で生きているように思っているけれども、普通、それは錯覚であって、波間にプカプカ漂うクラゲの如く、ただ無自覚に機械的な人生を送っている。絶えざる『自己観察』のみが真の意味での人間としての自覚を促すのだ、と。

えっと、クラゲ云々はあたしが勝手に使った比喩です、グルジェフはそんなことは言ってませんし、まぁ、グルジェフのことはココでは取りあえず脇に置いとくとして、何を言いたいかというと、あたしゃ最近ネットで『夢日記』をつけ始めたわけです。もうちょっとたまったら、URLを公開しようと思ってるんですけど、で、実はここ何年も夢をちゃんと見てない、というか覚えてないというかそんな状態で、じゃ、なんで『夢日記』? いや、まぁ全然見ないわけじゃないし、覚えてる分だけでもネタに、とそういう気持ちだったんですヨ。

で、今年の初めっから、そう決意して眠るようになったんですが、明け方ふと目が覚めて、あー、夢日記のネタは、と、ダメだ、やっぱり夢見てないや、俺、とうつらうつらしながらガッカリしてはまた眠りに落ちる直前に、ふと『アレ? 待てよ、やっぱり俺夢見てるじゃん』と、まぁアラ不思議、そういうことが起こり始めたわけですネ。
つまりですね、落ち着いてじっくり思い出してみると、ちゃんと見ているのです、夢。その気になれば、しっかり思い出せるらしいのです。いかに毎晩自分が見ていた夢に対して無自覚であったか思い知らされました。

夢に限らず、恐らく、ちゃんと自分の頭の中をほじくり返してみれば、もっと突拍子も無い、もっと面白い、そしてスゴク有益なアイデアが出てくるはずなんですよ、きっと。いや、間違いない。
いや、コレは誰でも同じだと思うのですヨ。常日頃から脳みそを搾って、アイデアをひねり出す癖をつけておけば、誰でもいろんな発想を思いつくことが出きるはずなんです。

で、これ、最近出た樋口健夫氏の『アイデアマラソン発想法』

日常の生活の中からたくさんのアイデアをひねり出すための方法が、システマティックに書かれています。
お勧めデス。脳は常日頃からウォームアップしておきましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/14 16:36

投稿元:ブクログ

何年ぶりに読みなおした。


アイディアマラソンは、樋口先生からのメッセージである。

アイディアマラソンを開始して幸せになったので、それを他の人にもおすそ分けします。


アイディアマラソンとは、人生支援型の発想法である。
単に、発想するための方法・手段ではなく、長期間継続することによって、創造能力に影響を与え、最終的に、本人の人生の変革を起こすものである。

誰でも開始できるので、さあ、初めてみよう。


以下は、具体的な方法である。
iPadを使うとノートの良さとITの支援(番号付け、検索)が可能になるのでより簡単にできるようになると思う。

ルール1. ノートを常に所持すること
 A5クリアファイル

ルール2. 毎日発想し、記帳すること
 基本行動
 ・頭脳が発想を出す(原発想行動)
 ・近くの人に話す(表現発想行動)
 ・脳の記憶領域へ一時格納(自動仮収納)
 ・脳から再度強制取り出し(発想記憶再現行動)
 ・ノートに書き込み(発想記入確定行動)
 ・ノートを見て再発想(再発想行動)

ルール3. ノート記入の形式
 ・名称
 ・タイトル
 ・要旨
 ・日付
 ・発想の具体的な内容
 ・連続発想番号
 ・発想のバランス数
   1日1個だとして開始した日からの発想の収支
   発想のバランス数=連続発想番号ーアイディアマラソン継続日数

2006/06/03 21:55

投稿元:ブクログ

ご本人から頂きました。
アイデアは出せば枯れる物ではなく、出すほどに湧いて来るというのはきっとほんとのことだと思う。樋口氏ほどではないが、思いつきはできるだけすぐノートに書き付けるようにしている

2006/07/09 16:18

投稿元:ブクログ

著者は元三井物産出身の方。
日々書き溜めたアイデアは、何十万にも及ぶとか。
その内容には些か、「えっ…」というものもあるが、
発想トレーニングへの彼の姿勢や方法には刺激を受けざるを得ない。

2008/06/23 00:23

投稿元:ブクログ

アイデアマラソンのやり方以外、見るべきものはない。
同じ話を言い方を変えて繰り返しているか、あとは個人的な意見・体験など。

読み物としては悪くない。

2010/09/20 10:30

投稿元:ブクログ

ダメダメ本。がっかり。読んだ時間がもったいない。
主旨「ものになるアイデアは1000に3つ。だから日頃から思いついたことをたくさん書き溜める。また、そうすることでアイデアが出やすいように脳をウォームアップしておく」。これはOK。でもそれだけ。2ページで十分。著者はどうアイデアを醸成させるか(させたか)知りたかったが、そこはなし。
内容が整理されてなく、発散しまくり。「・・・の法則」とよく出てくるが、その場限り。この内容で本を出せることが、驚き。

2011/03/29 00:00

投稿元:ブクログ

アイディアを一日数十個書き続けている著者の、半生の経験も交えた「アイディア蓄積法」。 ハウツーとかというより、心構えとそれにまつわるメリットなどを重ねて書いてある。 心構えやメリットなどを挙げることで、モチベーションを挙げる目的が合ったのかもしれないけど、結局「継続は力」だということに帰結する内容なような。 見習いたいけど、ボクならもっと他のことにも ( 読書・もの作り ) 時間を活用したい。 「継続は力」で。

日経文庫 ランキング

日経文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む