詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. 気分はフルハウス

気分はフルハウス(扶桑社ミステリー)

  • 発行年月:2004.2
  • 出版社:扶桑社
  • レーベル:扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/430p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-04337-2

文庫

  • 国内送料無料

気分はフルハウス (扶桑社ミステリー)

ジャネット・イヴァノヴィッチ (著), 細美 遙子 (訳)

紙書籍

946 ポイント:8pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

会社経営者ニックは2人の子持ち女性ビリーと結婚を誓い合う仲に。だが、鍵の紛失、ゴキブリの大量発生、不振な爆破事件など、襲い掛かる問題の数々…!【「TRC MARC」の商品...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

会社経営者ニックは2人の子持ち女性ビリーと結婚を誓い合う仲に。だが、鍵の紛失、ゴキブリの大量発生、不振な爆破事件など、襲い掛かる問題の数々…!【「TRC MARC」の商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(4件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(4件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価4 投稿元:ブクログ

2004/10/10 17:00

かの有名な(笑)ステファニー・プラム・シリーズとは別の新シリーズ第一作。
ヴァージニア州パーセルビルに住むビリー・ピアスは、子供たちが前夫とともに夏のバカンスに出かけている間に、ポロ教室に入った。ポロ教室の先生は、地元の大富豪で、新聞社の経営者でプレーボーイの誉れ高いニック・カハチェクというすこぶるつきの男前。
まじめでドジなビリーはポロ教室で馬に足を踏まれ、ニックに介抱される羽目になった。これまで知っていた女性とはまるで違うビリーに恋したニックは、従妹のディー・ディーを彼女の家に押し付けるのを手始めに、持てる技術を総動員してビリーを口説きはじめる。一方、ビリーの家の周りでは泥棒がううろつき害虫が大発生、ニックの家では爆破事件とてんやわんやの中、ニックはビリーに結婚の約束を取り付けたが・・・

ミステリと言うよりロマンス小説といった方がいい作品ですが、ステファニー・シリーズの持っている、ドキドキハラハラ感やどたばたぶりは共通していて楽しい。
まじめな小学校の先生でタダシイ生活をしたがっているビリーに、これまでの女性とは違う「愛」を感じて、戸惑いながらなんとか口説き落とそうとするニック。その行きつ戻りつ感が、うっふんです。
また、ニックの従妹のディーディーと彼女の婚約者のプロレスラー「殺し屋フランキー」、ディーディーの弟マックスなど、脇役が面白い。後半はミステリの要素もちょっぴりきかせてありますが、これはまあ、ロマンスを楽しむ作品ですね〜。この第一作ではまだ登場しないカハチェク家の召使にして父なる存在のフォンの存在が気になる〜。次作もきっと読むでしょうね♪

評価4 投稿元:ブクログ

2005/09/20 18:16

ステファニー・プラムシリーズでお馴染み、イヴァノヴィッチの新作。御伽噺並みにハッピーエンドに向かっていくが、独特の脇キャラの個性は健在。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/09/24 20:05

子供が夏休みの旅行で留守中にポロ教室に通うビリー。ポロ教室の講師で大金持ちのニックとバツイチのビリーはビビっと恋に落ちる。どんどん深まる二人の中、ところがビリーの身の回りに不審なことが起こり出し、ニックの家では事件が続発。

大金持ちのハンサムな男性と二児の母(たぶん美人)のロマンスなんて、ハーレクイン的。
ミステリというより恋愛小説で、もう二人には当てられっぱなし。それでもウンザリしないのは、ディーディーと婚約者のレスラーとか、生意気だけどまだ幼さが残る子供たちとか、そして、何よりマックス!の存在のおかげ。
イヴァノヴィッチの本ってオタクがよく出てくるよね。マックスは「お仲間」というより、ボスキャラだけど。
読み終わると、うちのチビずをギューってしたくなる。
恋愛小説なのにね。
ヒロインがメソメソして助けられてるだけじゃないのが、爽快。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/04/17 16:39

ちょっとしたミステリは入るものの、やっぱりロマンスものの範疇に入るのかなあ。正直なところ、もうあなたたちが惹かれ合ってるのは十分わかりましたから!と何度か言いたくなりはしたけれど、かなりおもしろく読めた。さすがイヴァノヴィッチ、普通のロマンスものとは違って、ただのキレイキレイではなく。ユニークでユーモアがあって。登場人物全員、どこかちょっとヘンだけど好きになれる。とにかく、気楽になにか読みたいときはぴったり。先に二作目の「気分はフル回転」を読んでいたんだけれど、それをもう一度読みたい気すらしてきました。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.