詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

かぐわしき天使(ハーレクイン・ヒストリカル)

新書

  • 国内送料無料

かぐわしき天使 (ハーレクイン・ヒストリカル)

アン・グレイシー (作), 江田 さだえ (訳)

紙書籍

929 ポイント:8pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4.5
4.5
評価内訳 全て(3件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

牧師の娘と元陸軍少佐、互いにトラウマを越えて。19世紀初頭、英国摂政時代が舞台のロマンス。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2005/07/19 22:11

評価5 投稿者:三度目の正直 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハーレクインの本の中でも人気が高いヒストリカルシリーズ。主にヨーロッパを舞台に、中世ものから18、19世紀ものまでロマンス小説好きの心をくすぐるような粒揃いである。
アン・グレイシーの著作はまだ少なく、日本語に翻訳されている分に至っては片手で数えられる程しかない。けれど、秀作揃いなうえに、温かな読後感が最高で、最も注目なヒストリカル作家の一人。
大人気を博した前作『氷の伯爵』では、思わず微笑んでしまう可愛いらしいヒロインだったが、本書も負けず劣らずに初々しく可愛いヒロインが描かれている。
1812年イギリス。
牧師の娘ケイトは、父と兄を亡くし天涯孤独の身に。仕事を探していたところ、一人の老貴婦人が訪ねてきて、自分のところで暮らし社交界にも披露すると言ってきた。社交界に出入りしたくないつらい過去があるケイトは老貴婦人の申し出を断るが、なんと彼女は老貴婦人に誘拐され、荒れ果てた屋敷に連れて来られる。そこは、人を寄せ付けず部屋に閉じこもっている老貴婦人の孫ジャックの屋敷だった。
ケイトはなぜ自分がこの屋敷に連れてこられたのか、ジャックの方も突然現われたケイトがいったい何者なのか分からないままに二人の出会いは幕を開ける。
裏表紙に書かれているあらすじを読んだだけでも面白さが伝わってくるが、実際はその何十倍も面白い。ストーリーの運びがとにかくうまく、え?なになに?っと、1ページ目からぐいぐい引っ張り込まれてしまった。しかも、あらすじからは予想もつかない裏事情がわんさか出てきては、あらぬ方向に物語が展開していくので目が離せなくなる。退屈なんて言葉とは全く無縁の作品である。
良家の娘が下働きの仕事をするなど考えられなかった時代。それでもケイトは、誰にも世話にならずに自分で生活費を稼ぎたいという自尊心の強い女性。その頑固さには、ジャックもジャックの祖母のレディ・カーヒルも舌を巻く。特に調理場の床を磨くことをめぐってのケイトとジャックのしつこい程の押し問答には、呆れるやら笑えるやらで、どっちでもいいやん!と思わずツッコミを入れてしまった。
ケイトの過去には、思わず同情せずにはいられないような悲惨な出来事がある。倒れそうになる体に自分で鞭を打ちながら、毅然と顎を上げ、大地に両足をつけ必死に踏ん張っているかのような彼女の姿は、強がっているのが見え見えな分だけとても痛々しい。
最後に、彼女がとても恐れ避けていた過去の悪夢と再び対峙する場面では、逃げ出しそうになる心と体を必死に抑えるその姿に、そして、彼女の勇気とジャックを含め一部の人々の優しさに思わず泣いてしまった。ジャックも反対に、ケイトのお陰でトラウマを乗り越えることができる。
お互いの支えで、お互いにトラウマを乗り越えることができた二人の絆と未来は確かなもの。本当に素敵な読後感を残してくれる傑作だった。
また、実直で、ずけずけとしたものの言い方が気持ちのいいジャックの祖母のレディ・カーヒルなど、脇を固める登場人物たちもとても味があって魅力的。
願わくば、ジャックの友人フランシスを主人公にしたスピンオフ作品を読んでみたいと思った読者は私だけではないだろう。アン・グレイシーさま、お願いします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価0 投稿元:ブクログ

2010/07/13 23:02

天涯孤独になったケイトは、ひとりで生きるために仕事を探していた。そんなある日突然見知らぬ老婦人がたずねてきて、ケイトを社交界にお披露目するつもりだ、と言い出した。申し出を断ると、なんと老貴婦人は彼女を誘拐してしまう。着いた先は老婦人の孫ジャックの屋敷だった。ジャックは父親の遺産も相続できず、あげくのはてには婚約者も失い、自暴自棄で部屋にとじこもっているという。屋敷には家来もおらず、見渡す限り荒れ放題だ。わたしはここでなにをすればいいのかしら。

ヒロインの過去が辛すぎる。それでも必死で生きていこうとしているヒロインは凄い。ヒーローも辛い過去があるけれど、ヒロインに比べれば、と思える。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/12/27 23:16

かなりヒロインが地雷目設定。悲惨な境遇にもめげずにいい子なんだけど。
ヒーローが尊大なのに端々からメロメロ(自覚無し)な様子がうかがえてかなりwwwなんだけど、ヒロインは好かれてないと思ってるから、すれ違いがいじらしくてたまらない~

-----------
なんだかんだ再読しまくりなので☆4.5かな

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.