詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

経済ビジネス ポイント5倍(0601-05)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. 今夜はパラシュート博物館へ

今夜はパラシュート博物館へ(講談社文庫)

  • 発行年月:2004.3
  • 出版社:講談社
  • レーベル:講談社文庫
  • サイズ:15cm/383p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273983-6

文庫 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

今夜はパラシュート博物館へ (講談社文庫)

森 博嗣 (著)

  • 全体の評価 未評価
  • あなたの評価 この商品を評価して本棚に反映 評価しました! ×

紙書籍

669 ポイント:6pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

540(5pt) 今夜はパラシュート博物館へ THE LAST DIVE TO PARACHUTE MUSEUM

紙書籍より:129円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

収録作品一覧

どちらかが魔女 7-72
双頭の鷲の旗の下に 73-128
ぶるぶる人形にうってつけの夜 129-196

ユーザーレビュー

全体の評価 未評価
0.0
評価内訳 全て(0件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

“その後”のお楽しみに惹かれないわけがない。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2004/05/24 14:46

評価4 投稿者:purple28 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 森博嗣の短編集は、ちょっと苦手だったはずなんですが。そのことをすっかり忘れていて(笑)、とても楽しめました。やっぱりおなじみのシリーズだからでしょうね。
 「どちらかが魔女」「双頭の鷲の旗の下に」、この2作がS&Mシリーズ。「ぶるぶる人形にうってつけの夜」がVシリーズ。

 S&Mシリーズはすでに完結していて、その後のストーリー、という感じだったのですが、これがもう、笑える。お腹かかえて笑いました。会話がね、面白い。萌絵なのに(笑)。
 初っぱな、萌絵と睦子のかけあい(?)があるのですが、その言葉のやりとりを含む描写が秀逸。両シリーズとも、会話だけを抜粋してシャッフルしていろいろつなげてみると、すごく面白いストーリーができ上がるんじゃないかと思います。
 残り5作はノンシリーズ。その、ノンシリーズってのがクセモノで、それに同調できないことが多い。けれど今回はそれほどでもなかったです。
 ちょっと大人になったかな<私(笑)。

 中でも心に残ったのは「卒業文集」。
 小学6年生が拙い言葉で綴った文集そのままですが、最後まで読むと、また読み返したくなる作品です。私もこんな先生みたいな人になれればいいな、と。
 とっても森博嗣らしいのが「素敵な模型屋さん」。
 申し訳ないのですが、私は軽く読む程度で、すっとばしました。ちょっと情熱が足りなかったのね(笑)。まあでも、ちょっとくらい情熱が足りなくったって、充分楽しめるんです。

 で。やっぱり私、小鳥遊練無が一番好きだなぁ、と。


紫微の乱読部屋

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2004/09/28 22:34

短編集なわけで、小技の効いたちょっとしたミステリから、なんだかほのぼのする文章まで詰め込んであって割とお得感のある本作ですが「ぶるぶる人形にうってつけの夜」はどうかと思ったよ、本当に。

まあ最初からフランソワ様が飛ばしてらっしゃってそれを追っかけるだけでも楽しいのですがね。

個人的には「恋之坂ナイトグライド」と「素敵な模型屋さん」が好きです。

あと、ハチクロだいすきなわたしとしては羽海野チカのイラストより解説が素敵だなって思いましたよ。

評価5 投稿元:ブクログ

2005/04/05 01:11

この短編集は、「落ちシリーズ」だそうです。
仕掛けの多い短編が盛りだくさんで、かなり楽しめます。
S&Mシリーズの登場人物が出てくる作品も2つあります。
特に、「ゲームの国〜名探偵磯莉卑呂矛の事件簿〜」が面白いです。

評価3 投稿元:ブクログ

2005/09/28 21:50

Vシリーズのインターバルで出た短編集。「ぶるぶる人形・・・」でだまされたんだよなぁ。。。釘の謎がわかりませんが。

評価3 投稿元:ブクログ

2005/10/31 06:19

N大医学部に在籍する小鳥遊練無は、構内で出会った風変わりなお嬢様に誘われて、「ぶるぶる人形を追跡する会」に参加した。大学に出没する踊る紙人形を観察し、謎を解こうというのだが……。不可思議な謎と魅力的な謎解きに満ちた「ぶるぶる人形にうってつけの夜」ほか、魅惑の七編を収録した珠玉の第三短編集。

評価3 投稿元:ブクログ

2005/11/24 18:44

Vシリーズが5冊でたところで間の短編集。犀川&萌絵シリーズのキャラクタも出てくる。それぞれの私生活が少し垣間見える感じ。そういうキャラクタの出てこない短編は、結構私には難解ですが(汗)、判らなくてもいいや、という感じ(^^;

評価3 投稿元:ブクログ

2005/12/15 15:05

ぶるぶる人形にうってつけの夜が最高。S&MとVシリーズの接点がここにもある。が、卒業文集とかは読む人を選ぶだろう。
★☆☆☆☆〜★★★★★ということでランクは間を取る。

評価3 投稿元:ブクログ

2006/08/30 14:55

S&M、Vシリーズのおまけ的要素が強い短編集。薫田川夫人が可愛いですv【060812新/060822】

評価5 投稿元:ブクログ

2007/02/02 01:01

森氏の作品は長編でも短篇でも重量的なものが変わらない気がする。
みっしりしているというか。うーんおもしろい!
でもでも『スカイ・クロラ』系のわけわかんない話はほんとわかんない。
雰囲気だけ楽しむ感じ。匂いを味わうっつーんでしょうか。まあ面白いんだけどね。

久しぶりに犀川先生と萌絵に会えたし、ご満悦です。ほんでもってれんちゃんも出るとあっては…!まったく短篇ってなんてお得なものなんでしょ。
するするっと読めてしまうので、するするっと読もうと思いまーす!

評価4 投稿元:ブクログ

2006/08/22 09:26

短編集の3作目。S&MやVシリーズが入っていてオチも素晴らしく、ファンとしてはとても楽しめました。 森氏特有のおとぼけ・ダジャレ・趣味な感じも非常に良い。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/03/13 15:28

【2006.08.25.Fri】
短編集。コレはミステリーでない。ファンタジー?少し哲学的な香りもする。最初の3編はおなじみのシリーズの住人たちが登場する。答えは誰の中に…?答えが曖昧なものはなぜか心に残る。引きずり、沈殿するのだ。今作はどれもがそんな現象を引き起こさせる。「結局何だったのか?」という問いはこの世界では愚問以外の何物でもなく、明かされることを好まない。森博嗣の、理系ながらも文学的な小説の作り方に毎回感服するが、彼自身も読者の文学的思考・洞察に強く期待しているように思えてならない。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/07/20 14:17

森キャラクター共演の楽しさ!ファンなら読むべき一冊。短編集としても勿論楽しめる、バラエティに富んだ作品集である。ぶるぶる人形と萌絵がかわいい。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/10/05 01:36

安朋さーーーーん!!!!!!!
…というのが1番の感想です(笑)
やっぱり犀川先生が好きなんです。
他の短編は『ゲームの国』が好きでした。
中に出てくる
『無理に難しく考えようとしてないか? 頭蓋の中で夢を見ようとしていないか?』という言葉がすごく好きです。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/10/01 18:48

前半はわたし好みの作品。
「ぶるぶる人形〜」なんて、大好きな小鳥遊くんと萌絵が出会っちゃうし、「双頭の鷲の〜」では国枝先生の旦那さんが出てくるし、「どちらかが魔女」では大御坊の意外な面が見れるし、いやぁもうお腹いっぱいです、って感じ。
S&Mシリーズが好きな人なら絶対楽しめる!
後半はちょっとファンタジーって感じでどうも私には分からない世界だった・・・
でも一番最後の「素敵な模型屋さん」は夢があってえぇなぁ。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/06/17 15:28

ミステリらしいのもあれば、さっぱり訳がわからないやつもあり、バリエーションに富んでいて良い、と言えば前向きに評価した感じか。羽海野チカの解説らしからぬ解説も好きだ。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.