サイト内検索

詳細検索

全品ポイント2倍(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. Death note 2 (ジャンプ・コミックス)
Death note 2 (ジャンプ・コミックス)(ジャンプコミックス)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 57件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/07/02
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: ジャンプコミックス
  • サイズ:18cm/196p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-873631-1
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

Death note 2 合流 (ジャンプ・コミックス)

著者 大場 つぐみ (原作),小畑 健 (漫画)

Death note 2 合流 (ジャンプ・コミックス)

421(税込)

DEATH NOTE モノクロ版 2

400(税込)

DEATH NOTE モノクロ版 2

ポイント :3pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

DEATH NOTE カラー版 2

500(税込)

DEATH NOTE カラー版 2

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「Death note 2 (ジャンプ・コミックス)」が含まれるセット商品

Death note(ジャンプコミックス) 12巻セット(ジャンプコミックス)

Death note(ジャンプコミックス) 12巻セット

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー57件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

ジャンプから久しぶりに!

2004/07/13 19:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レジック - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作『ヒカルの碁』と打って変わってダークな雰囲気を漂わせていた1巻でしたが2巻はパッと見、別のマンガかと思いそうな表紙ですね。
2巻ではうしろ姿くらいしか出てこなかったLがお目見えします。でも、カッコイイかと思いきや…。 
だらだら長引かないでイッキに盛りあがって6巻くらいでまとめてくれたらなあ…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

レイ・ペンダー

2015/09/01 13:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tamamim - この投稿者のレビュー一覧を見る

デスノートの中でも、レイ・ペンダーが登場するあたりは印象的な場面の1つだと思います。レイ・ペンダーや婚約者のナオミの頭脳明瞭さからくる展開には結論がわかっていても、何かが覆されるのではないかと期待しながら読み進めてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

論理的な非現実サスペンス

2004/07/02 19:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:祐樹一依 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前巻で満点をつけようかと少しだけ判断を保留した僕でしたが、全く、もう、期待を裏切ることなどありませんでした。満点です。文句言いたくなりません。

 全世界の人間が殺人のターゲット? というスケールの大きい話にもなり得た始まりだっただけに、その意味では多少勢いは緩やかになっていると言えそうです。しかし舞台背景が狭まって、関連人物の動きも静かなだけに、ロジックで背筋を震わせるサスペンスフルな展開は健在。キラとL、未だお互いの居場所を特定するには遠過ぎる位置にいる状況で、如何にしてその距離を縮めていくか、というのが、当面の筋道になりそう。そんな中で、攻めると同時に追われる立場であるキラ(夜神月)が、急浮上した野放しに出来ない「証人」の存在をどう隠滅していくか、という「静かな窮地」からの逆転劇が見所でしょう。

 「顔を知るものの名を書けば心臓麻痺で殺せる」なんて聞いて、つい「これは弱点がないだろう」と思ってしまいがちのデスノートだけれど、突破口とも言える新たな使い道や、意外性と呼べる細かい盲点を突いて現状を打開(新展)させていくやり口(ネーム)は見事。物語の側だけでなく、読む側の心境まで盛り上がってきます。あちこちでコッソリ見受けられる伏線が、どう回収されていくのかも期待出来そうですね。

 そして今回、探偵役であるLの実質的登場と相成りました。彼については、僕の見解は死神のリュークと同じ。まあ、ライトみたく明らかな秀才タイプの美形だったら、と期待に花を咲かせたに違いないファンには申し訳ないですけどね。逆に僕は、あれはあれでとても「らしい」と思うのだけれど。

 3巻も間違いなく必見です。

(初出:CANARYCAGE)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

はまる物語だ

2005/02/14 21:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『デスノート』に『罪と罰』を読み解こうとしたのだけれども、いくつか異なる点が出てきていることをはっきりと現しているのが、この第2巻のカバーであろう。主人公月(というよりキラか)を追うLの姿が中心に描かれているのだ。基本的には第1巻の月の姿を描いているデザインと同じで、描かれているのがLに替わっているというものだけれども、第2巻でこのように描いてしまうというのは、この物語が月とLの対決というか、対比で進めていくのだと表明しているように見える。それは、この第2巻でLが隠れた存在から姿を現してくるという点からも伺える。
 この第2巻では、月によって死に至ったFBI捜査官の婚約者南空なおみが絡んでくるエピソードにかなりのページを割いている。2005年2月現在ではわからないが、実はこの彼女はのちのち大事な役割をするのではなかろうか。
 ああ、いけない。結局この物語にはまっているのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/29 11:44

投稿元:ブクログ

始めはつまらないなと思い
読むのをやめてしまったけど
たまたま読み直してみたら
めちゃめちゃ面白い。
主人公月(ライト)と月を捕らえようとするL(エル)との頭脳バトル。

2004/11/24 21:11

投稿元:ブクログ

内容としては、デスノートの効果的な使い方を細かく描写していくという前巻からの路線を踏襲している。周到に計算した殺し方と、邪魔者を躊躇無く排除し自分の行動に酔っている様は、ライトの頭の良さと悪役としてのしたたかさを充分に感じさせ、Lより一枚上手だと感じさせる。まぁ、Lの描写自体少なく捜査を立て直すというような展開なので仕方が無いかもしれないが。この後の展開は警察、L、ライトを中心とした群像劇のようになっていき、描写も俯瞰的になるが、この段階では主役はあくまでもライトということになっているようだ

2004/10/09 02:17

投稿元:ブクログ

このあたりからLがラブくなってきました(笑)。
かわいい!っていうウワサをきき始めた頃…でしょうか(笑)。

2004/10/08 23:28

投稿元:ブクログ

自分を追うFBI捜査官の名前を知る事に成功した月は、自らの正義を信じ、FBIに裁きをくだす。一方、月を追うLが遂にその姿を現し、包囲網を狭めていく…。知性と知性がぶつかりあう本格サスペンス!!

2004/10/12 02:12

投稿元:ブクログ

死神リュークよりも死神っぽい月に乾杯。

本誌連載では出てなかったルールがあるようですね。生後780日ルールとか。
自我がないからだと思うんですが、このルールだと胎児はどういう扱いなんでしょうか。

ところで、いろんなシーンにあるギャグっぽいネタは原作・作画どっちが考えてるんでしょうか。
(2004/07/04)

2004/11/03 15:29

投稿元:ブクログ

 とか言いつつ、2巻も購入(笑)
 例によって、ひじょーに説明が多いです。しかし、私は気が付きました。これは、綿々とつづく少年マンガの系譜なのです。名付けて「説明しよう」の系譜。
 この「説明しよう」の系譜は、大昔の白土三平の「サスケ」にさかのぼるのです。有名な、分身の術の「説明しよう。これはものすごい早さで走るために、ものが二重に映るように見えることを利用したトリックなのだ」とか言って、世の中の子供達を「ほほぅ〜」と唸らせた、あの系譜なのです。
 その後、その「説明しよう」は、かのタツノコの名作「タイムボカン」の「今週のロボーー!!」での「説明しよう」につながるのだ。
 その後、数々の少年マンガにおいて「説明しよう」が行われたが、その系譜のひとつであることに間違いはない。これからも、子供達を「ほほぅ〜」と唸らせるのに違いない。
 多分、3巻も買うと思う(笑)

2006/03/30 14:07

投稿元:ブクログ

極上に面白い漫画に遭遇。ジャンプでやってる「DEATH NOTE」。画は「ヒカルの碁」描いてた小畑健。面白いらしいよと言われて、「まぁ、あの人なら画が巧いし面白いかもしんまい」と思い、既刊の2巻までを買って読んでみたわけだけど、すげいのな、これ!!惹きこまれた。こいつはなんつー世界観だよ。。吃驚だよ。(04/8/13)

2004/10/27 13:27

投稿元:ブクログ

L登場、月さらに奔走、でも夜神パパがどんどん憔悴してって可哀想。更に面白く推理モノとしても冴えてるし、キャラも大好きなんだけど、この話主人公に共感できないのが最大の難点だなぁ…。『キラの正体編』をそろそろ終わらせて『デスノートという物の真相編』を見たい気もする。そして、月ばかりが悪かったんじゃないという話を描いて欲しい。

2005/01/01 20:02

投稿元:ブクログ

ついにLの素顔が!意外と可愛い!(?)
用意周到なキラにここまでやるか?!と感じることしばしば(笑)
モノローグの多い漫画だけれど、スピード感があってスラスラ読めてしまうのは流石。

2004/11/11 18:29

投稿元:ブクログ

やっぱり面白い!
月の魅力がよく見えて来たし、Lがキモ可愛い。
それから、いよいよキラとLの頭脳合戦が本格化してきてワクワクする。
早く次を!

2004/12/04 22:43

投稿元:ブクログ

キラぷりのライトといい様に扱われてるリュークがたまらなく好きです!!しかもL!!なん・・なんですか!?あの萌えキャラ!!毎週切り抜きするほど今嵌ってます

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む