サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 言語・語学・辞典
  4. どんな英語も絶対読める!びっくり英読法
どんな英語も絶対読める!びっくり英読法
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.6
  • 出版社: 中経出版
  • サイズ:21cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8061-2000-6
  • 国内送料無料

紙の本

どんな英語も絶対読める!びっくり英読法

著者 神戸 康弘 (著)

すべての英語に通用する設計図(=新5文型)に、文の先頭・主語の後ろ・動詞・目的語の後ろの4か所のサインに従って当てはめるだけで、英語は読める! ネイティヴと同じ読み方がで...

もっと見る

どんな英語も絶対読める!びっくり英読法

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

すべての英語に通用する設計図(=新5文型)に、文の先頭・主語の後ろ・動詞・目的語の後ろの4か所のサインに従って当てはめるだけで、英語は読める! ネイティヴと同じ読み方ができる新しいルールをやさしく解説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

神戸 康弘

略歴
〈神戸康弘〉京都出身。早稲田大学大学院後期博士課程単位取得。東進ハイスクール講師などを経て現在、山陽学園大学・短期大学講師。著書に「超・英文解釈マニュアル」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2004/09/23 18:13

投稿元:ブクログ

英語を「なんとなく」読んでいて、意味が良くわからなくなってしまう方。昔学んだ内容を復習してみたい方にはお薦めです

2005/02/20 03:00

投稿元:ブクログ

英文の解釈に関して、薬袋氏の一連の著作と並び、私には目から鱗の一冊でした。通勤列車の行き帰りで、読めてしまいました。本書に精通すると、とにかく英文の構造が判りますので、後はどのような日本文にするのか、国語の知識が必要だな感じました。著者が述べている中級編に期待!(斉藤孝先生の一連の著作を読んで日本語を高めますか)

2007/02/27 10:14

投稿元:ブクログ

読んでみました。
基本5文型を順を追って説明しながら、基本的な文章の読み方を説明しています。
ので・・・これだけではアカデミックな文章を頭から読むというには、程遠いと思います。
でも、イラストとか図解が沢山あるので、すごく分かりやすかったです。
(初心者向けでしょうか・・・)

2010/07/03 19:22

投稿元:ブクログ

私は学校でちゃんと文法とかを学んだことはない。(いちおうは、あったけど。)でもTOEIC800超えだし、別にいいんじゃない。英文法なんて必要ないんじゃない、と思っていたけれど、私は「なんとなく」しか英文を読んでいないからこそ、長文でどこまでが主語か、とかを見失ってしまうのであって、きちんと本当に理解できていないのです。
この本を読んで、あーなるほど。受験の為、というより、本当に本を読めるようになるために、という主旨もいい。私が求めているのはそれなのです。こういう「英文法」を学校では教えるべきなのだと思う。
これの方法で、読んでみました。そして、独自の方法で試してみました。
初心者なので、数色の色鉛筆をもって、イントロ、主語、主語の説明、動詞、目的語または補語、説明、に色分け。うん、たしかにこれはわかりやすい。
知らない単語がでてきても、動詞か名詞かくらいがわかればそのまま飛ばせばよいし、きちんと「人に説明するための」日本語にする必要もない。
これを、自然に脳内でできるようになれば、もっと早く、間違えなく文章を読めるぞ。

2010/07/11 21:10

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
今までの5文型は、間違っていた。
このルールにのっとってネイティヴと同じ読み方をすれば、誰でも読めるようになる。

[ 目次 ]
プロローグ 「意識革命」で英語は飛躍的に伸びる!(「英語が読める」って、どういうこと?;どうしてみんな、塾や予備校へ行くの? ほか)
1 まずは最初にここをチェック!「文の先頭」を見よう!―主語が何かたちまちわかる(英語の始まり方は、実はたったの2通り!;先頭の単語が、ひとつ目の「英語版てにをは」だ! ほか)
2 2番目にチェックするのはこれ!「主語の後ろ」を見よう!―本当の動詞が見極められる(主語の後ろもたったの2通り!;主語の後ろの「8つのサイン」が次のナビゲーターだ! ほか)
3 3番目にチェックするのはこれ!「動詞」を見よう!―その後の展開がかんたんにわかる(動詞はたったの3タイプしかない!;動詞のナビゲーター(be動詞;一般動詞;受け身(be動詞+過去分詞)))
4 最後にここをチェックするだけ!「目的語の後ろ」を見よう!―これで英文の意味が全部わかる(目的語は「を」「に」「が」の3タイプしかない;目的語の後ろのナビゲーター(前置詞+名詞など;名詞;動詞を変化させたもの(to動詞…etc.)))

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2013/03/07 12:44

投稿元:ブクログ

私もびっくり!

2010年10月9日の私のブログ記事をお読み下さい。http://goshusandy.blog25.fc2.com/blog-entry-216.html

英文法 ランキング

英文法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む