詳細検索

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. その言葉、口に出す前に3つ数えなさい あなたが気づかずに言っている悪魔の一言

その言葉、口に出す前に3つ数えなさい あなたが気づかずに言っている悪魔の一言

  • 発行年月:2004.7
  • 出版社:中経出版
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8061-2041-3

  • 国内送料無料

その言葉、口に出す前に3つ数えなさい あなたが気づかずに言っている悪魔の一言

大谷 由里子 (著)

紙書籍

1,512 ポイント:14pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

言葉には辞書的な意味だけではない「温度」がある。使う相手と状況により、同じ言葉が「悪魔」に変わることもある…。人に関わる仕事をしてきた元・吉本興業マネージャーが指南する、...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

言葉には辞書的な意味だけではない「温度」がある。使う相手と状況により、同じ言葉が「悪魔」に変わることもある…。人に関わる仕事をしてきた元・吉本興業マネージャーが指南する、人間関係をよくする「言葉」の取扱説明書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大谷 由里子

略歴
〈大谷由里子〉1963年奈良県生まれ。ノートルダム女子大学卒業。吉本興業でマネージャーを務めた後、企画会社を設立。生涯学習開発財団認定コーチ。著書に「元気をつくる「吉本流」コーチング」など。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.5
3.5
評価内訳 全て(4件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(1件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2005/02/15 00:24

なかなか刺さりました。結構、使っている言葉が書かれていて、日常生活でも気をつけた
ほうがいいんだなあというのを気づかせていただいただけでも良かった。
無意識・不注意・不用意、確かにワンテンポ考えるだけでも違うかも。
3つ数えるほどのんびりはできませんが。
言葉が感情を伝える最大の手段なら、気をつけて使わないといけませんね。

特に心に残ったのが、
「くだらない」
『くだらないと言い出したら、自分の人生そのものがくだらないものになってしまう気がする』
ごもっとも。自分の理解の範囲を超えたときに対処できなくて拒絶した感がありあり。
やっぱり、前向きにいろんなことに首を突っ込みたいですね。

あと、「人間関係を良くする一言」が6つ。これも、心に留めておきたいもの。

評価4 投稿元:ブクログ

2005/08/01 00:12

元吉本興業のプロデューサーが指南する、人間関係を良くする「言葉」の使用法54
ひとつの言葉を取り出して、その言葉を使う状況設定から著者の失敗した言葉遣いの例や、考え方を紹介しています。
私がドキッとしたのは、「忙しい、忙しい」という言葉。
いろんな社長に出会ってきた著者が、その社長たちに教えられた一番の哲学が、「どんなに忙しくても【忙しい】を言うな」という事
忙しいという字は「心」を「亡くす」と書く、と著者は言う。
この言葉使ってないかなぁ・・・と思い返してみると、仕事場でかなりつかっています。
時間って平等だけど、不平等でもある。
意識していないと、「忙しい」を言い訳にして終わってしまう。
仕事の出来る人は、時間の使い方がとてもうまい・・・。
あかん!時間の使い方が下手糞な言い訳に、「忙しい」を使ってる!
とりあえず、「忙しい」という口癖を無くそうと感じ始めた一冊でした。
仕事のシチュエーションの他にも、家族・友人・恋人と使い分けをして読み応えがあります。
部下を持つ人、対人関係でのスパイスにお勧めします。

評価5 投稿元:ブクログ

2012/09/29 07:06

普段何気なく使ってしまう言葉について、
あいてがどう感じるかを
面白エピソードを交えながら紹介されています。

評価2 投稿元:ブクログ

2014/12/30 16:50

先日大谷さんの講演をお聞きし、感銘を受けたので、本も読んでみたいと思って手にとりました。

文字からの情報しかないので、大谷さんが込めているであろう優しいを感じるが難しく、言葉がきつく感じられ、途中何度も投げ出しそうになりました。

人によって、同じ言葉でも全く逆に取られることがあることがよくわかりました。

言葉は本当に難しいですね。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.