サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~7/31)

刃舞(中公文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.9
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-204418-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

刃舞 (中公文庫 手習重兵衛)

著者 鈴木 英治 (著)

刃舞 (中公文庫 手習重兵衛)

700(税込)

手習重兵衛 - 刃舞

540(税込)

手習重兵衛 - 刃舞

ポイント :5pt / 紙の本より160おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

本当のクライマックスが待ち遠しい

2004/12/24 03:25

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちょも - この投稿者のレビュー一覧を見る

 手習重兵衛シリーズ最新作。第1弾ではどこから何のために江戸にやってきたかなぞのまま終わった本シリーズ。前作第3弾でその謎がはっきりしながらも強敵との対決を残したまま終わり本作がシリーズ第4弾。敵である遠藤恒之助は、いつでも重兵衛を討てる状態にありながら彼が鍛錬を終え自分を倒せる自信を持つまでじっと待っている。重兵衛が剣の腕を磨く間には、おなじみの町方同心とのやり取りがあったり故郷から許婚を名乗る女性が江戸に来たりとサイドストーリーも退屈させないのはさすが。文庫本で約300頁の内、重兵衛と恒之助の決闘シーンはほんの数頁でしかないのだがそこの迫力は読んでいてたまらなくなる。意外な結末にはあっけにとられたが、本作で重兵衛の鍛錬の間、恒之助が待っていた分、次回作までは重兵衛が待つということか。そろそろ本シリーズ本当のクライマックスが近づいてきているように思う。シリーズ第5弾が今から待ち遠しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/28 09:11

投稿元:ブクログ

人物が青春している鈴木英治作品!
今回は強さを求めた重兵衛
敵と通じ合うのも鈴木先生の作品らしい
強敵と書いてともと呼ぶ!

2010/01/30 23:19

投稿元:ブクログ

前巻で「秘剣」とか出てきて安直な展開になるかと危惧したが、杞憂に終わった。まっとうなストーリーでまぁ満足、と。

2012/12/01 00:37

投稿元:ブクログ

重兵衛シリーズ④
そういえばこのシリーズは、黙兵衛シリーズの外記のような渋い酒好きのおじさんが出ない。
渋いおじさん好きの私としてはちょっと寂しい。
河上のおっさんは酒好きだけど、3枚目だから嫌です。(笑)

内容ですが、③で出てきた重兵衛の敵、もとい友や弟の仇である遠藤との決着をつける巻です。
と思ってたら、一応勝ったけど逃げられちゃったからまだ再戦があるようです。

信州から出てきた自称許婚の吉乃が可愛いけど、あそこまで料理下手だと辛いな;
でも重兵衛も信州にいたときは吉乃を憎からず想っていたはずなのに、心変わりとは残酷なものだ。