サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説・文庫・ラノベポイント2倍(~9/29)

浮雲(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/354p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-310071-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

浮雲 (岩波文庫)

著者 二葉亭 四迷 (作),十川 信介 (校注)

浮雲 (岩波文庫)

821(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価3.5

評価内訳

2004/09/22 04:00

投稿元:ブクログ

秀才だが要領の悪い文三と、ミーハーな従妹・お勢、要領はいいが軽薄な昇の三角関係を中心に、官僚腐敗を批判した、近代リアリズム小説。言文一致を成し遂げた未完小説でもある。

文三と昇、お勢とお政、四者が各々の果たすべき役割をきっちり守り、歯がゆい人間関係を寧ろ整然と見えるほどに演出している。まさに出来すぎた物語だが、不自然ではない。ありがちな男女関係・上下関係を無駄なくさらりと書き上げている。
 韻を踏んだ調子のいい文章、諸所に散りばめられる洒落冗談、その奥に含まれた痛烈な社会風刺。処世術を知らない者は惨めな思いをするばかりで、正しいことをしているのに報われない。文三は男としては意気地なしだが、人のいい青年であるがゆえに私は最後まで彼を憎むことはできなかった。

2007/11/05 20:24

投稿元:ブクログ

面白い。近代文学でこんなにおもしろかったのは初めてかもしれない。現代にも言えることですね、これは。未完なのは残念だけど。

2006/08/02 01:18

投稿元:ブクログ

坪内逍遥の提唱した近代小説のあり方を履行したのはこの小説じゃないでしょうか。一度ロシア語で書いたものを和訳したんですよね(二葉亭四迷はロシア語学校で学んでいた)未完なのが残念です。

2006/12/13 00:27

投稿元:ブクログ

初の言文一致体小説だということで、読んでみました。内容自体は物凄くつまらないので、近代小説が好きな方にはオススメできない本です。小説を「言文一致体」でどのように表現したらいいのか、当時のその苦悩がわかります。

2008/05/29 03:25

投稿元:ブクログ

何てことない話といえばそれまでだけれど、こういう素朴な日常を描いたものって好きです。
恋の淡さも、今の時代から考えると奥手すぎるほど控えめな様子も、
恋心を抑えきれずに右往左往してしまう様子も、じれったいけれど、何か共感できちゃいます。

そして何より、言葉回しがすごく面白かったです。
駄洒落みたいな掛詞や、ひとつの言葉を引き出すための飾り言葉や枕詞(っていうのかしら)が散りばめられていて、
日本語って、すごく茶目っ気があって楽しい・面白い文化だなと思いました。

2012/11/11 14:36

投稿元:ブクログ

学校の課題で、途中まで読んだ。
想像よりは読みやすかったけど、やっぱりこの時代の作品というのはつらつらしていて嫌らしい。
漱石よりいいような気がするけれど…やっぱ気のせいかもしれない。

2012/03/14 16:34

投稿元:ブクログ

いつの時代も、完璧な男性ではなく、自分を必要としてくれる男性に惹かれるものなのかな。

それにしても文三さんヘタレすぎでしょー

2011/07/31 06:57

投稿元:ブクログ

読みだすと楽しい。けど、まあ煮え切らない文三。お勢の奔放なところにも苛々した。まあでも当時では小説は人の内面を書くものとした先駆け的な作品なので、こういうドロドロ感は否めないのかもしれないですけど。

2008/11/17 23:43

投稿元:ブクログ

 二十三歳の青年が失職したり、家の中で一緒に住んでいた従姉妹への恋や同僚への嫉妬、憎悪や叔母との関係など、人間の仔細な描写の極めて卓越に描かれた作品。明治十九年(出版二十年)、二葉亭四迷が齢わずか二十三にして完成させた作品である。大変おもしろく、夢中になって読んだ。こういった昔の小説で、自分と歳が近い青年の物語というのは、非常に身にしみておもしろく感じられる。2008-11.17.

2008/12/12 23:35

投稿元:ブクログ

2008/11/22,23,26

必読書150に掲載。

作品自体はとてもいいものだと思うし、読みやすくて面白い作品だった。
しかし、私は主要登場人物3人がそれぞれ好めない特性をもっているため、どうもだめだった。
特に主人公・文三の友人(友人と呼べるのか?)の本田昇がみていて腹が立つ。
んでもってお勢も腹が立つ。

解説いわく、この本は当時の若者を見事に描かれているというが、
当時はこんなにひどかったのか!と思わされた。

まあ、今現在のほうがひどいのかもしれないが、、、

2008/06/11 02:27

投稿元:ブクログ

人を信じることは大切です。疑いの余地なんて至るところに存在するけれど、疑いは態度に表れ、人間関係を悪化させる。

理想と現実には常にギャップや矛盾が氾濫し、そこに上手く折り合いをつけないと、延々とラビリンスへ迷い込んでしまふ。

気高く、媚びない文三が、没落(リストラ・失恋)していく。真面目に生きる意味なんてあるのか?という問いかけのようで、だけどエンディングを曖昧にぼかすことで、上手く思考の機会を読者に与えてる。

対極の人物だって、表面上は幸せに見えても、実際幸せには描かれていない。

浮雲の「浮」は浮き世、そして憂き世の掛詞なのかな?

四迷はきっと厭世感にうちひしがれていたのでしょう。

2010/01/12 23:14

投稿元:ブクログ

言文一致体によって、日本の近代文学に多大な影響を与えた(らしい)記念碑的作品。
軽妙な文体で読みやすく、登場人物もステレオタイプであると同時に、生き生きとしている。

2014/02/25 00:51

投稿元:ブクログ

江戸の戯作小説の雰囲気を色濃く残した作品だと感じました。軽妙な語り口には、最初は読みづらいものでしたが、だんだん慣れてくると気にならない。話の筋自体はさして印象に残るものでもないんですが、決着がつかず未完であるのが意外な結末。

2011/04/24 20:58

投稿元:ブクログ

あれ?わたしが読んだのとこの画像のカヴァーの絵が違う…これは観菊の場面だな。
言文一致運動とかは置いておいて、普通に面白かった。語り手(作者)がときどき剽軽者だ。最後の方のお勢が不可解。作者はもっと書くつもりだったんじゃないだろうか?

お勢「デモあれは品(ヒン)が悪いもの」
お政「品(シン)が悪(ワリ)いてッたッて」「覚えがないならないでいいゃアネ」
教養がある娘は標準語でお母さんが江戸弁!

2009/12/13 23:34

投稿元:ブクログ

まるで今の日本人だ、って妙に親近感。
言う事考えは立派だけどヘタレな文三はまるで自分みたいだって思った。(だから妙にイライラするの)明治の時代というものはきっと長い日本歴史の中で一番揺れ動き楽しい時代だったんだろうなぁって。
それにしたって変な文章の書き方で読みずらいけど、これが凄い新鮮だったんだろうなぁってよく分かる作品でした。