サイト内検索

詳細検索

送料無料

エントリー限定! お店とネット利用で最大200ポイント(~9/30)

消えた乙女(ハーレクイン・ヒストリカル)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

消えた乙女 (ハーレクイン・ヒストリカル)

著者 ニコラ・コーニック (作),鈴木 たえ子 (訳)

消えた乙女 (ハーレクイン・ヒストリカル)

929(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2005/06/05 18:58

投稿元:ブクログ

父を亡くし兄も亡くし、唯一残った親戚のアミーリアのコンパニオン(話し相手)として生計を立てるサラ。そんなサラの元に弁護士がやってくる。亡き兄からの手紙を携えてきたのだった。その手紙には兄に隠し子がいることが打ち明けてあり、「サラに打ち明けるつもりはなかったが、もし娘オリヴィアから助けて欲しいと連絡があった時には力になってあげて欲しい」という手紙と、オリヴィアからの「ブランチランドに戻ってきて助けて欲しい」という手紙の2通が渡された。兄からの頼みだ。絶対に守りたいとは思うものの、以前の我が家であったブランチランド館は、従兄の代となり、彼は悪の巣窟として名高い館に変えてしまっていた。そこに足を踏み入れれば、サラの評判は地に落ちるのは確実。しかし、アミーリアをはじめ皆がサラを止めようとするのだった。

ロマンス小説 ランキング

ロマンス小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む