サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016秋 メディア化キャンペーン(~10/7)

藁くじの花嫁(ハーレクイン・ヒストリカル文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

藁くじの花嫁 (ハーレクイン・ヒストリカル文庫)

著者 ダラス・シュルツェ (著),上木 さよ子 (訳)

藁くじの花嫁 (ハーレクイン・ヒストリカル文庫)

734(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

藁くじで決められた結婚の行方。西部開拓時代が舞台のロマンス。

2005/02/03 02:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三度目の正直 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アメリカンロマンスを多く手がけるダラス・シュルツェのヒストリカル作品。本書は彼女の作品中で一番と言っていい程に人気が高い。これまでは読みたくても入手困難だったので、こうして文庫本として発売されたことで喜んだ人は多いのではないだろうか。
また、ヨーロッパ舞台の作品が圧倒的に多いハーレクイン・ヒストリカルシリーズの中で、数少ないアメリカ舞台である本書は輝きと存在感が違う。


南北戦争終結後の西部開拓時代。
牧場を経営するカウボーイのマクレーン兄弟は、母が他界してから女手のない生活を送ってきたが、まずい食事と汚い部屋に限界を感じていた。それに跡継ぎの息子も必要ということで花嫁を探すことにしだが、どちらも自分は結婚したくないと主張。結局どっちが結婚するか藁くじで決めることにし、その結果兄のルークに決まる。そしてルークは牧師に相談するために足を運んだ教会で、趣味の悪い帽子をかぶった目立たない娘エレナーと出会うことになる。

前半は二人の出会いから結婚まで、後半は本当の夫婦になるまでの道のりが描かれている。
便宜結婚をした二人が心を通わせ本当の夫婦になっていく様はとても自然で読んでいて気持ちが良かった。


西部、カウボーイと聞くと、映画で見るような拳銃で撃ち合ったり決闘したりという図を思い浮かべそうだが、本書のカウボーイたちは文字通りカウ(牛)の世話を仕事とする男たちであってガンマンではないので、そういった荒っぽさは無い。
けれど、祭りでの草競馬のシーンは迫力があり、あっと驚く素敵な場面もある。

ルークの弟のロマンスや、エレナーの叔父一家の意地悪ぶりと滑稽さもみどころだが、ルークがエレナーに初めて出会って以来気になって仕方なかった彼女の悪趣味な帽子にも注目して読んでほしい。最後に思わず笑ってしまう場面が待っているはず。


ロマンス小説、西部開拓時代に興味がある人、藁くじに興味のある人、是非一読を。
思わず笑みがこぼれる爽やかなラストシーンが最高。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ロマンスと西部劇の融合

2004/11/15 15:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:斜麓駆 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 叔父・叔母の元に預けられた賭博師の娘エレナー・ウィリアムズは20歳。南北戦争からそれほど時が経っていないこの時代ではすでに行き遅れ。町の雑貨屋の親父アンドリュー・ウェッブは4人の子持ちだが妻を亡くしており,行き遅れのエレナーを妻に迎えようと考えている。エレナーは仕方がないとは思いつつも,幸せな結婚,愛する人との結婚も望んでいる。
 銀行家である叔父の一人娘でエレナーのいとこに当たるアナベルは両親の愛情を一心に受け,愛らしい娘だが甘やかされて育ったため,エレナーを使用人のように扱い,意地悪をすることも多い。
 「バー・M・バー牧場」のルークとダニエルのマクレーン兄弟は,牧場をうまく経営しているが母親を亡くし,女手のないまま家の中は混乱を極めている。二人とも独身のため,どちらかが結婚することが必要だと話し合いから,どちらが先に結婚するかを藁くじで決めようとする。そして短い藁を引いた兄のルークは不本意ながら花嫁捜しに日曜日に教会の礼拝にやってくる。エレナーが条件に合うことを知ったルークは,エレナーと結婚するためにウィリアムズ家を訪れ,二週間後には結婚したいと申し込む。ウェッブとの結婚よりも,男前のルークとの結婚を承諾したエレナーだが,美しいいとこのアナベルではなく自分が花嫁に選ばれた理由を疑い,不安になる。結婚式は簡単に済んでしまい,エレナーは牧場でルークとの新婚生活をはじめる。
 20歳の世間を知らない娘が荒くれ男どもを手玉にとって,面倒を見ていく姿や,夫との関係を確立しようと努めていく姿は,西部劇を舞台にしたロマンスの面白さを満喫させてくれる。そして,草競馬で起こる大事件はカーチェイスのようなスリルを味わうことができる。互いに愛する気持ちをもちながらも,すれ違い,それを乗り越えて本当に愛し合う夫婦になっていくまでのロマンスと西部劇が見事に融合した快作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/06 16:57

投稿元:ブクログ

☆4.3 楽しく読める佳作。
ヒロイン・ヒーロー共に好感が持てるし、コミカルなシーンもあり、テンポ良く読める。ちょっと喧嘩が長いかな? 
漫画の方が☆が多いようだが、私は断然原作派。

             
出版社 / 著者からの内容紹介   
両親を亡くし、叔父の家に来て6年。エレナーは一刻も早く家を出たかった。
家政婦のようにこき使われる毎日。美人だけど意地悪ないとこ。家庭を持って、愛する人のために働きたい・・・。
ある日、大牧場主のマクレーン兄弟が教会を訪れる。ハンサムで独身の二人は注目の的。その兄のルークにエレナーは突然求婚され・・・。

内容(「BOOK」データベースより)
バー・M・バー牧場のマクレーン兄弟は決断を迫られていた。母親が死んで三年、もうまずい食事にも汚い部屋にもうんざりだ。いま着ているシャツもいつ洗濯したか覚えていない。それに後継者のこともある。この家には家政婦ではなく、どうしても花嫁が必要だ。問題は、兄も弟も結婚する気がないことだった。そこで二人は、ほうきから二本の藁を抜いて、どちらが結婚するかをくじで決めることにした。かくして短い藁を引いた兄の、不本意な花嫁探しが始まった。

2011/01/15 16:31

投稿元:ブクログ

原ちえこさんの漫画を読んでから、ずーっと原作を探していて、やっとブックオフで巡り合えた作品です。
手に入れて嬉しかったので中々読み進められませんでした。
読んでみたらとっても面白かったけど、漫画の方が好きかな。
原作の方がヒロインがたくましいんですよね。
ヒーローもあらくれカウボーイだし。
漫画の方がマイルドに表現してます。

ヒストリカルというとリージェンシーが多い中、南北戦争後のアメリカが舞台というのがちょっと新鮮でした。

2013/07/22 09:34

投稿元:ブクログ

ヒストリカルは本が厚くて敬遠していたのですが、これは面白かったです。いじわるなお金持ちの夫婦に引き取られて育った、心優しいしっかりものの孤児であるヒロインが、ハンサムなカウボーイのヒーローと結婚して幸せになる話です。

ヒーローはお金持ちなんだけど、玉の輿とはちょっと違う気がします。カウボーイのヒーローは広い牧場を持ち、勤勉で毎日牧場で働いていて、ヒロインは彼と彼の仕事仲間のために毎日多量の食事を作ったり洗濯をしたりするのです。ヒロインが喜んでやっているからいいものの、すごく大変そう。

2016/06/20 15:17

投稿元:ブクログ

ヒロイン、プライド高すぎるよー ヒーローが “藁くじ” で結婚を決めたことを知ってヒロインが激高 
ヒーローが毎晩、納屋でひとり寝(←新婚でこれは、ツライ) ヒロイン、あんたが納屋で寝たらどやw 
この時代、20才で、いきおくれと呼ばれるのかぁ キツイな (一一")

2015/06/14 22:50

投稿元:ブクログ

牧場主ヒーローx賭博師の娘ヒロイン

ヒーローに靴投げつけて傷つけたりヒロインがなかなか逞しい。
たまたまヒロインが家事が得意だったからいいものの
結婚したその日から食事洗濯人の世話って大変すぎ。