詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 男性向けコミック
  4. 鉄子の旅 1 (IKKI COMIX)

鉄子の旅 1 (IKKI COMIX)(IKKI コミックス)

試し読みする

  • 発行年月:2005.1
  • 出版社:小学館
  • レーベル:IKKI コミックス
  • サイズ:19cm/179p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-188541-8

コミック 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

鉄子の旅 1 (IKKI COMIX)

菊池 直恵 (著), 横見 浩彦 (著)

紙書籍

607 ポイント:5pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

540(5pt) 鉄子の旅 1

紙書籍より:67円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「鉄子の旅 1 (IKKI COMIX)」が含まれるセット商品

鉄子の旅(Big comics ikki) 6巻セット

鉄子の旅(Big comics ikki) 6巻セット

  • 菊池直恵
  • 税込価格:3,64233pt
  • 発送可能日:購入できません

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(33件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

トラベル・エッセイの新機軸

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2004/12/21 20:18

評価4 投稿者:GG - この投稿者のレビュー一覧を見る

いやー、これは楽しい。エッセイ・マンガにもさまざまな種類があり、いまやグルメマンガ、育児マンガ、日記マンガなどは立派な一つのジャンルになってきている。マニアックなところでは、ジャズコレクター・マンガなどというのもあるが、鉄道ファン(いわゆるテツ)に焦点を当てたマンガはこれが最初ではないだろうか。

売れない女性マンガ家キクチが、トラベルライター横見を紹介されるところから話は始まる。マンガの連載ができるだけでなく、会社持ちでガイド付の旅までできるなんて、と大いに盛り上がったキクチであったが、世の中はそんなに甘くなかった…。

彼女を待っていたのは、久留里線全駅乗下車(第一旅)、長野鉄道「木島線」最終日(第四旅)、大垣夜行で行く有田&紀州鉄道(第六旅)、…等々の何ともディープな鉄道趣味の世界だった。

一口に鉄道ファンといってもさまざまな流派があるそうだ。「テツといっても、興味の対象は人それぞれだからね。時刻表好きや写真好き、車両好きや模型好き、俺の知りあいには切符好きもいるよ!」(82頁)
本作に登場する横見浩彦氏は駅好きで、日本全国のJRすべての駅を制覇しているそうだ。第一旅の久留里線全線乗下車とは、その路線のすべての駅に降りてすべての駅から電車に乗ることなのである。

そんな鉄道旅につきあわされる主人公キクチの落胆や動揺の表情が見所だが、旅を続けるうちに少しずつ自分自身も微妙にテツ化していく。生真面目な描線が話に実にマッチしている。

マンガのよし悪しは再読したくなるかどうかで計られる。これは結構繰り返し読みしたくなる作品と見た。続巻も楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2006/03/13 21:40

ホントにもう、鉄ヲタの世界は
広すぎてついてけません。
ただまぁ、「スウィッチ・バック」は
大好きです(笑)

評価4 投稿元:ブクログ

2005/06/25 16:48

200506 前から気になっていて、初めて読んだらなかなか面白い。ここまでの「鉄」は周りにはいない・・・

評価5 投稿元:ブクログ

2005/05/03 13:35

「鉄」の夫と娘を持つ友人Oにすすめられ借りて読みましたが本当に面白い!抵抗しながらも徐々に「鉄」の世界に漬かっていく主人公の漫画家と友人Oが重なってみえました。

評価4 投稿元:ブクログ

2005/01/27 21:58

「鉄」、それは、鉄道オタクのこと。日夜鉄道に乗り、研究にはげむ、鉄道を愛する人たちのことです。そんな‘鉄‘の中でも特に強烈なひとり、横見氏と共に、作者であるキクチ女史は今日も鉄道に乗るのです。
この漫画は旅漫画ではありません。鉄道漫画です。鉄道に乗って遠くまで旅しても、観光らしい観光はいっさいしないのです。どっちかっていうと横見氏のキワモノっぷりを楽しむ漫画かも。キクチ女史の容赦のなさも気持ちいいです。
ただ遠くへ行きたい、そう思ったことのある人は、この旅を真似てみるのもいいかもしれませんよ。

評価4 投稿元:ブクログ

2005/05/24 13:33

鉄道の旅がしたくなる1冊。このマンガを読んでから、駅のホームで電車の写真などを撮っている人を温かい目で見る事ができるようになりました。

評価5 投稿元:ブクログ

2005/09/28 00:04

テツ(鉄道愛好家)の中のテツ、横見浩彦と、鉄道なんて、単なる移動手段としか考えていない作者、菊池直恵。
そして担当編集者の3人(時々特別ゲストも。)で、日本全国津々浦々、ハイテンションな横見さんに
なかば引きずられるようにテツな旅をする、鉄道旅行ルポ漫画。 もちろん完全ノンフィクション。

オタク文化のひとつの頂点、鉄道と、旅の楽しさを伝える旅行ルポ、そいつにギャグが折り重なった
新たなジャンル。 N.Y.Cityのおすすめ、です

評価3 投稿元:ブクログ

2007/08/04 21:48

鉄まんがの元祖(?)。鉄道の詳細はわかりませんが、ニュアンスは伝わってきます。キャラだちしてますね。図書館予約数は15(07/08/04現在)です。つづく…

評価4 投稿元:ブクログ

2006/10/01 23:26

「今日もいっぱい電車にのれるぞ!!」とのたまう人たちは、「今日もいっぱい古本をさがすぞ!!」とのたまう人たちと似たものがある。彼らには「おたく」という軽い言葉は似合わない。その上のランクの言葉である「マニア」がしっくりくる。本書は、鉄壁の鉄道マニアと一緒に鉄道に乗る漫画家と編集者の話である。ただそれだけなのに、おもしろい。過剰な地道さが生むすばらしいものを堪能出来る1冊。

評価5 投稿元:ブクログ

2006/05/06 13:42

一番大きく描かれてる眼鏡さんが鉄子さんだと思ってましたorzちがいますからね!押角駅の見開き表現が素晴らしかった一冊。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/04/12 19:14

まとめて読むと面白いですね。鉄道マニアになろうとは思いませんが、鉄道が好きな人の気持ちは分るようになりました。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/04/10 00:56

著者自身が作中に出てくるノンフィクション鉄道旅漫画。著者自身ユルめ。逆にハイテンションな鉄ヲタ横見さんとのギャップ、旅に同行する編集者の中立的な言動をギャグとして楽しむマニアックな作品。そこがまたよい(鉄道好きとしても楽しめる良作)。5巻まで出てる。よくキクチさんついていってるなあ(笑)

評価4 投稿元:ブクログ

2007/05/05 17:27

タモリ倶楽部が、「鉄番組」と化しているので、鉄道の楽しみ方を知るために購入。
「鉄」のバイタリティの凄さが実感できる。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/04/22 19:39

最強の鉄とそれをひややかに見守る作者の目線の絶妙なマッチングが溜まらんとです。単なる鉄道旅行記でも、おもしろ珍道中でもない、鉄道への愛が溢れた素晴らしい漫画ですよ。ちなみに鉄分たっぷり我らが南田マネージャーと豊岡真澄のコンビも第五巻に登場しております

評価4 投稿元:ブクログ

2006/06/20 09:48

がぜん「鉄」に興味がわいてきました。
これは、漫画家がうまいから面白いんだと思います。
菊池さん、絵もストーリーも上手ですよね。他の作品ないのかな?

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 現在お取り扱いができません

    発送可能日: 購入できません 納期・配送の目安について

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

    電子書籍版を立ち読みする

    hontoアプリの確認

    立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

    • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

    最新の「honto」アプリをご利用の方

    立ち読みする

    最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

    hontoビューアアプリ

    ビューアアプリについて

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.