詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

経済ビジネス ポイント5倍(0601-05)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 男性向けコミック
  4. 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 8 後 (角川コミックス・エース)

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 8 後 (角川コミックス・エース)(角川コミックス・エース)

コミック 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 8 ジャブロー編 後 (角川コミックス・エース)

安彦 良和 (著), 矢立 肇 (原案), 富野 由悠季 (原案), 大河原 邦男 (メカニックデザイン)

紙書籍

626 ポイント:5pt

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

626(5pt) 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(8)

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【星雲賞コミック部門(第43回)】【「TRC MARC」の商品解説】

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 8 後 (角川コミックス・エース)」が含まれるセット商品

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

店舗ニュース

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(12件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

オリジン8巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/29 09:27

評価5 投稿者:ぱちとと - この投稿者のレビュー一覧を見る

「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインや作画を担当された安彦良和先生によるコミカライズ版です。安彦先生の独自の解釈によるオリジナル要素満載の物語が、安彦先生の美麗な画で描かれます。8巻はWBがジャブローに帰還し、そこでの戦いが描かれます。ジャブロー突入までのシャアの暗躍や、大改修中でガンダムを使えないアムロが一体どう戦うのか・・・など、アニメには無かった要素も盛りだくさんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2015/03/29 21:46

ホワイトベースがジャブローに到着する。
一方、ホワイトベースの後を追うことでジャブローに基地があると察知したシャアは、アッガイとズゴックによるジャブロー潜入作戦を展開する。
カツ・レツ・キッカ大活躍スペシャル。
ガンダムのコアベース換装、ホワイトベースの戦艦化、ジム、アッガイ、ズゴックなど、新しいはずなのに懐かしいモビルスーツたち。

評価5 投稿元:ブクログ

2004/11/26 01:59

ジャブロー編後半。分厚いなあ・・・。安彦シャアズゴックvs安彦アムロジムの戦いとか。赤ハナで★+1。アッガイで★+1。

評価3 投稿元:ブクログ

2005/11/20 18:29

ガンダムです。ヤッパガンダムでしょう!!
アニメでは語られていない部分も補正してストーリーを進めてるので、アニメ見た人にもオススメですよ!

評価5 投稿元:ブクログ

2005/05/21 23:38

アニメでは分かりずらかった部分などが
わかりやすくなってる気がする
人間関係とか!
シャア・セイラ編がとてもおもしろい!
初代ガンダムだいすき

評価4 投稿元:ブクログ

2005/10/28 06:52

ついにジャブローに到着したWB。だが陽動によってWBの守りが手薄になったところへシャアがズゴックに乗って強襲をかける。シャア専用ズゴックvsジム(アムロ搭乗)の戦いなど、TV版よりも詳しく再現されている。アカハナやアッガイも登場するが、あっという間にジムにやられるなんて…。もう少し見せ場を作って欲しかった。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/08/25 19:35

じゃブロー編後編。

「ORIGIN」コアユニット、使わないっていう話だったのでは……。
これ、後からいれるというのは、かなり無理があるような気がしますが、どうなんだろう。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/05/07 13:51

ジャブロー編 後編なんで、ジャブローが堕ち…ません。

アムロたちがここで正式に軍属になりますね。
考えてみれば、民間人ばっかの即席戦艦が良くここまで頑張ってこれたなぁ、と思ってしまう。

それはそうと、シャアとセイラ(キャスバルとアルテイシア)兄妹が、それぞれを兄妹として認識して再会。

さあ、いよいよ物語も終盤に差し掛かってきた、かな?

評価4 投稿元:ブクログ

2011/09/15 01:20

ジャブロー着港からジャブロー襲撃までを描いた第8巻
ようやくジャブローに着港。おぉ、本当に中米を抜けて南米に逃げ込むのか。タクラマカン砂漠とかオデッサは何処へ…。WBの大改修とか、ジムの活躍とか、コアポッドの登場とか色々メカ的に見るべき所はあるんですが、何と言ってもズゴックだよね今巻は。5巻でも顔見せしてたけど本格的な起動は今回が初。今までと比べ物にならないくらいフォルムが変わってて、大河原先生良い仕事してんなぁって感じ。ちなみにジムのお腹ズドンも勿論あり。このシーンはスタイリッシュ感は映像の方が上だけど、重厚な兵器同士の格闘戦と、にも関わらず近接戦闘で一撃というシャアのズバ抜けた技量がよく分かる良い一枚絵でした。
ストーリー的には結構もりだくさん。スレッガー登場とかニュータイプに関する描写とかシャア・セイラの兄妹邂逅とか今後の伏線的な要素もあり、ちびトリオ活躍とかウッディ大尉登場→退場とかガルシア(笑)戦死とかシャア復活のような今までのまとめのような要素もあり。中盤の山って感じでした。
ジャブロー戦はもう少し盛り上がっても良かったな…☆4つ

評価5 投稿元:ブクログ

2012/03/27 21:56

原作ではあまり語られていないニュータイプ観にこの時点からより突っ込んでいるのが最も違いとして印象的。本編で分かりにくいところがどんどん具体化されていくため原作ファンにはたまらないと思える。
脱出用コアブロックの成立理由を立てたりジムの活躍で盛り上げたりとメカニック設定の面でもツボを抑えてくる。
ジャブロー到着の盛り上げ方やミライとブライトの関係、ウッディ大尉の活躍、セイラの動揺と魅せ方の面でも丁寧で心情をつかみやすいため原作以上に話をつかみやすい。
ジャブロー戦自体では子供たちの爆弾処理の回とジャブロー内での戦闘を直結させることでテンポが良い。またシャアだけが有能に見えたり、アムロとシャアのお互いの認識の仕方に差をつけたりと興味深い魅せ方をしている。

評価0 投稿元:ブクログ

2014/10/01 19:43

ジャブローに到着、保育所から抜け出したカツ・レツ・キッカの三人が見つけた爆弾を処理したアムロは直後に始まったジオンの侵攻に改修中のガンダムではなくジムで対抗する。ウッディ大尉とかガルシアとか、あっさりと死んでしまうキャラが多いがカツレツキッカの出番も多いせいかあまりシリアスな印象がない。あのアッザムがこのタイミングで登場。アッザムリーダーの本領が発揮されぬまま撃沈してしまった。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/07/22 10:55

ここからが本当のジャブロー編。軍属になったホワイトベース乗組員たちをまっているものは。
北米から南米へ移動するのは当然のルートで自然だから、この改編は素晴らしいと思われる。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.