サイト内検索

詳細検索

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. あずきがゆばあさんとトラ
あずきがゆばあさんとトラ
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:2004.11
  • 出版社: アートン
  • サイズ:21×30cm/1冊
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-901006-93-2
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

あずきがゆばあさんとトラ (韓国の絵本10選)

著者 チョ ホサン (文),ユン ミスク (絵),おおたけ きよみ (訳)

たまごやスッポン、うんち、石うすなど身近にあるものたちが、あずき粥を一杯ずつ分けてもらい、トラに食べられそうになっていたおばあさんを助けるお話。繰り返し表現とリズミカルな...

もっと見る

あずきがゆばあさんとトラ (韓国の絵本10選)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「あずきがゆばあさんとトラ」が含まれるセット商品

韓国の絵本10選 5巻セット 2 5巻セット

韓国の絵本10選 5巻セット 2 5巻セット

  • 税込価格:8,10075pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

たまごやスッポン、うんち、石うすなど身近にあるものたちが、あずき粥を一杯ずつ分けてもらい、トラに食べられそうになっていたおばあさんを助けるお話。繰り返し表現とリズミカルな擬態語、ユーモラスな絵が楽しい絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

チョ ホサン

略歴
〈ユン〉1969年生まれ。壇国大学校西洋画科卒業。(株)韓国フレーベルで美術研究員として仕事をし、現在はフリーランサー・イラストレーターとして活躍。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

おばあさんとトラと卵、スッポン、うんち、きり、石うす、むしろ、しょいこの愉快なお話です〜韓国のお話ならではのユーモアをお子さんと一緒に楽しんでみませんか。

2005/01/07 17:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まざあぐうす - この投稿者のレビュー一覧を見る

 韓国の有名な昔ばなしの翻訳絵本です。
 ある山里に畑であずきを育てながら一人で暮らしているおばあさんがいました。ある日、あずき畑で働いているおばあさんにトラが襲い掛かって、おばあさんを食べようとしました。
 おばあさんは、「トラさん、トラさん、このあずきが実ってから、あずきがゆを 1ぱいたべるまでまっておくれ」とトラに頼みます。おばあさんと一緒に、あずきがゆも食べたくなったトラは、「あずきができるころにまたきて、とって食ってやるからな」と言い残して去ってゆきました。

 韓国には、冬至に小豆粥を食べるという習慣があるそうです。
 あずきがゆをお釜に、いっぱい作ったおばあさんは、トラに食べられることが悔しくて、悲しくてしくしく泣きました。
 そこへ、やってきておばあさんに、話しかける卵、スッポン、うんち、きり、石うす、むしろやしょいこ…。韓国の農家にはどこにでもありそうなものばかりです。卵はコロコロところがって、スッポンはノソノソはって、うんちはベチャベチャと、きりはピョンピョンとんで、石うすはゴロゴロころがって、むしろはヒラヒラと、しょいこがガタガタと、やってきました。オノマトペがリズミカルな日本語として翻訳されています。
 
 皆、おばあさんが泣いている理由を聞き、おばあさんから、あずきがゆを1ぱいずつもらいます。おばあさんと卵やスッポンたちが交わす会話も昔話特有のくり返しです。そこへ、トラがやって来ました。さて、トラはどうなったでしょう。とっても愉快な結末です。それは、この絵本を読んでからのお楽しみ。
 読み終えた時、私は、日本のある昔話を思い出しました。そして、同じようなお話が伝わっているお隣の国韓国を身近に感じました。子ども達が絵本を通して、韓国を身近に感じることは、将来の二国間関係にきっと良い影響を及ぼすことと思います。韓国ならではのユーモアが感じられる絵本です。お子さんと一緒に楽しんでみませんか。

まざあぐうすの「ほのぼの文庫」は、こちらです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/23 17:57

投稿元:ブクログ

隣の国なのに知らないことが多すぎた。
絵本や昔話には、類似の起源のものもあるかもしれず、相互理解が深まるかもしれません。
お互いの違いを知ることにより、誤解を防げるかもしれません。
韓国の絵本10選は、子供が楽しく読むことができるとともに、貴重な資料です。

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む