サイト内検索

詳細検索

送料無料

暮らし実用&児童書絵本ポイント2倍(~7/24)

クリスマスの誓い(シルエット・スペシャル・エディション)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

クリスマスの誓い (シルエット・スペシャル・エディション 都合のいい結婚悩める三兄弟)

著者 クリスティン・リマー (作),佐野 雅子 (訳)

クリスマスの誓い (シルエット・スペシャル・エディション 都合のいい結婚悩める三兄弟)

724(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

クリスマスの誓い

648(税込)

クリスマスの誓い

ポイント :6pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ほんのりしたあたたかさ

2004/12/05 22:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:斜麓駆 - この投稿者のレビュー一覧を見る

原題は「スクルージと独身女性」だが,スクルージはディケンズのクリスマスキャロルに登場する金持ちで孤独な老人のこと。ブラボー家の三兄弟の最終話でブラボー家の次男ウィルとジリアン・ダイアモンドのロマンス。クリスマス譚仕立てで,雪に閉じこめられた山小屋で二人だけ(猫が1匹ついてくるが)で過ごすことになってしまう設定になっている。
 夏に柳の下に幽霊が出る日本とは違い,西洋の幽霊はクリスマスにでるらしい。怪我をして眠っている間にジリアンは山小屋の持ち主だったウィルの祖母メイベルの幽霊に出会い,ウィルとキスをしてしまう夢を見る。父親に見捨てられ,母親も自分の店だけに夢中になっていた幼少時,十二月二十六日が誕生日のウィルはその後もクリスマスの頃にいろいろな不幸に襲われクリスマスを恐れるようになっている。普通の人のようにクリスマスを祝おうという気持ちにさせようと,ジリアンはウィルに次々とかつての経験を語る。それ以降ジリアンがウィルに心惹かれていく様子と,メイベルの幽霊がジリアンを導いていく様子が登場し,読者も自然とメイベルの霊に感情移入してしまう。
 「クリスマスにはどんなことでも起こりうる」。西洋にはそんな信仰が一般的なのだろう。日本では人々にそこまでの気持ちはないように思う。そして,プレゼント交換の変わりにキスを交わし合う二人。やがて嵐が去り,山を下りてしまうジリアン。二人の間にクリスマスの奇跡は起こるのか。
 二人がクリスマスツリーにする木は「米松」と訳されているが,これは“ピーラー”,あるいは“ダグラスファー”,“オレゴンパイン”といろいろな種類があるらしい。また,オーナメントという飾り物などクリスマスに関する用語がたくさん出てくるのも楽しい。
なかなか結婚しようとしない息子たちの幸福を祈り,なにくれと画策するブラボー家の大黒柱ケイトリンと,最終話にふさわしく幽霊になってからも思い切りの悪い孫を導いていく祖母メイベルの気持ちがほんのりとした暖かさを感じさせる佳作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/18 02:11

投稿元:ブクログ

「都合のいい結婚」シリーズ12冊目。
ブレイク・ブラボーを父に持つ異母兄弟のお話。ネバダ州ニューベニスに実家を持つ三人の兄弟シリーズの最終巻で、次男の弁護士ウィルがヒーロー。
ヒロインは「悩める三兄弟」シリーズのヒロイン三人組トリプル・スレット(三拍子)の残り一人、ジリアンで、登場人物たちも前作までに出揃っているためか、人物説明的な部分は少なく物語りが進む感じ。ほとんど山奥のキャビンでの出来事が中心。ただ過去の出来事がトラウマになっているため、思い出話や回想シーンではニューベニスなどでの出来事も描写されている。
クリスマスには奇跡が起こるといういかにも欧米設定的な不思議体験が肝かも。
そしてアメリカンなジャンキーな食べ物シーンでは、ちょっとお腹が空くかも。

ロマンス小説 ランキング

ロマンス小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む