サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~7/31)

花嫁の持参金(ハーレクイン・ヒストリカル文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

花嫁の持参金 (ハーレクイン・ヒストリカル文庫 愛と称号と財産と)

著者 スーザン・スペンサー・ポール (著),永幡 みちこ (訳)

花嫁の持参金 (ハーレクイン・ヒストリカル文庫 愛と称号と財産と)

734(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/08/05 00:41

投稿元:ブクログ

リリスは十年を過ごした修道院に別れを告げ、故郷に向かっていた。ところが途中、拉致されて見知らぬ城へ連れていかれた。誰が、なぜ私を?ここはどこなの?翌日すべてが明らかになった。ここはガイア―彼女の故郷ウェルウィンの南、イール川の下流にある広大な所領だ。領主アレクサンダーの話では、リリスの持参金となる上流の土地で川がせき止められ、ガイアの農地が干からびたという。リリスを手中に収めた彼は名案を考えついた。そうだ、彼女を花嫁にすれば持参金が手に入る。

ヒーローが強引、でも中世ものならそんなものかと。ヒロインは気丈で冷静。父親にはもっと早くに会いにいかせてあげれば良かったのに。