サイト内検索

詳細検索

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 皇国の守護者 1 反逆の戦場
皇国の守護者 1 反逆の戦場(C★NOVELS FANTASIA)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

皇国の守護者 1 反逆の戦場 (C・novels fantasia)

著者 佐藤 大輔 (著)

皇国の守護者 1 反逆の戦場 (C・novels fantasia)

972(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

皇国の守護者1 - 反逆の戦場

648(税込)

皇国の守護者1 - 反逆の戦場

ポイント :6pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「皇国の守護者 1 反逆の戦場」が含まれるセット商品

皇国の守護者 (C・novels fantasia) 9巻セット(C★NOVELS FANTASIA)

皇国の守護者 (C・novels fantasia) 9巻セット

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.2

評価内訳

ファンタジック・ハード戦記 第一巻

2008/04/08 22:28

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 佐藤大輔さんは、劇画家の小林源文さんがらみで
一応名前は、知っていたのですが、
(数々の作品で主要キャラとして登場するので
 しかも、初期は、まじめキャラでしたが、
 後半は、凄い悪役で、、、
 で、佐藤さんの近影を見たらそっくりなので、 
 佐藤さんが怒っていないかこっちが心配になるぐらい)
 小林源文がらみということで、超軍事オタクなのは、窺い知れるのですが、
今までは、戦略ゲームのシナリオとかの仕事をしていたようで
知る人ぞ知るみたいな人でしたが、
サバイバルゲームとか、軍事オタクの人は、知っていたでしょうが、、。
 この皇国の守護者シリーズで大ブレーク、一躍有名になりました。
この新書ノベルズだけの力というより、メディアミックスでの伊藤悠さんのマンガ版の
絡みで知ったという人もいるのではないでしょうか。

 では、紹介。

 一番わかりやすいのは、マンガ版のビジュアルを見てもそうなのですが、
日露戦争っぽい世界観で架空の国の戦いが描かれるファンタジーというのが、
一番の簡略化した説明でないかと思います。
 (実際は、日露戦争よりちょっと前ぐらいでしょうか
  まぁ長期執筆の構想なので、ちょっと前にしたのかもしれません)
ところが、読んでみるとちょっと違ったのですが、、。
 我々の価値感とか、名前も殆ど同じ
皇国に帝国が侵攻。戦いが始まりました。
帝国の方は、ロシアとドイツを二つ足した感じです。
ロシアで充分なのですが人物の名前の雰囲気なんかは、ドイツっぽいです。
 で、尚且つ、大協約という(コンコード)世界条約があるみたい
(色んな種族人以外も参加していて)
です。(詳細は、1巻目では不明)
で、 剣牙虎というサーベルタイガーが出てきたり
(皇国で飼われていて軍用になっています)
翼龍(所謂、西洋的ドラゴン)水龍(東洋的龍 人語を解します)なども出てきます。
 この辺でファンタジーな要素を 出しつつ、物語を展開といった風ですが、
基本は、戦記物です。それもガチガチのハードコアな戦記物です。
小銃のライフリングの話から、各種野砲の説明、部隊配置図、
部隊編成表まで、掲載されています。
 この辺のハードな感じは同じ中公ノベルスの荒巻義雄さんの
流れでしょうか。

 1巻目で描かれるのは、
天狼会戦で敗北した皇国軍の撤退戦で
主人公の新庄が所謂、もっとも被害の大きくなるとされる殿軍を
引き受け獅子奮迅の活躍を見せます。
 この人、典型的な、いい将校で宮崎駿さんも好きだといい
司馬さんなんかも好んで書く、有能なる野戦将校です。
(漫画版、ナウシカでも3巻で敵側であるはずの攻城包囲軍の土鬼の優秀な野戦将校を
登場させています)
現場の指揮官としては、めちゃめちゃ優秀でちょっと"アヤ"を
つけても良かったかなぁなんて思うぐらいです。
まだまだ1巻目だけでは、この後どうなるかわかりませんが、、。

 まぁ幕開けということで、、。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最初は少し驚きます。

2001/08/24 10:34

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:刀章 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 佐藤大輔氏の本は、独特な記述方法があり初めての読者には少々違和感を感じる方が多いと言われます。とにかく戦場における記述の精緻さやリアリティにおいて他の作家の追随を許さないとの定評があります。
 また、そのリアリティとエンターテインメントとのバランスが高度に保たれており戦記物愛好者以外の読者の評価も高い著者です。
 さて、「皇国の守護者」なのですが、この作品は戦記物語というより架空世界に繰り広げられるファンタジーといえるでしょう。龍や翼龍、剣牙虎といった魅力的な架空の動物も登場します。その架空の動物達も非常にリアルに記述されており、ライトノベルによく登場するお決まりの存在以上のものとなっています。
 もちろん、戦記の部分もよく出来ており、圧倒的な敵部隊を相手に孤軍奮闘する姿が、単なるヒーロー物以上の形で提示されています。
 特にこの主人公は非常に歪んだ形で感情表現を行うといった(またその理由となる過去ももっています)人間なのですがその表現のうまさから戦争に対する日本人的な抵抗感をうまく逆説的に代弁しており、感情移入しやすいところもあります。

 最初に書いたとおり戦場における記述は精緻を極めております。ところが実は読み飛ばしても物語としては大して問題ありませんから読みなれていない人はそれでもいいと思います。また読みなおすときにでも、その気になれば読めばより楽しめます。その辺はコミックスですが士郎正宗氏の作品と相通ずる部分があるかもしれまん。
とてもお勧めのシリーズの一巻です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/02 14:03

投稿元:ブクログ

ストーリーは19世紀末ごろの地球に似た世界でこれまた日本にそっくりな世界観の皇国の最北地の北領(ほくれい)に帝国の大群が攻め込んできて大将はロクに戦わないうちに敗走。
取り残されたカタチになった主人公・・話が開始された当初は大隊所属の中尉で指揮官ですらないが隊長戦死のために野戦任官で大尉昇進し代行し懸命に劣勢から抜け出すさまが凄惨な戦場描写でもって描いたといったところ。
少ない兵力・危機的な状況を挽回するに於いて兵站描写が丁寧で説得力がありそこらへんに転がっている架空戦記モノと一線を画している

2004/12/11 00:25

投稿元:ブクログ

単純な仮想戦史に留まらない珠玉の出来。人物の書き込みなども非常に素晴らしく、重さの割りに一気に読めてしまう。
ブラックロッド、ヘルシングあたりが好きな人にはもう一つお薦め。

2007/05/25 20:29

投稿元:ブクログ

いやー、久々にここまで面白い長編シリーズ読んだ!!
現在「ウルトラジャンプ」で連載している同名漫画の原作……といったら通りがいいのかな?
でもだな、漫画化されてない部分、できない部分っちゅーのが実はあって、んでもってそこも凄く面白いんだ!
10巻早く出ないかな〜〜〜

2007/07/14 22:07

投稿元:ブクログ

読み難い読み難い〜と思って読みつつ、気付けば本半ば迄あっさりと。初巻の為か用語・状況説明に度々話の腰を折られますが、キャラが動き出してからが速い!!頁をめくる手は止まりませんでした。07年7/12読了。

2007/01/26 17:51

投稿元:ブクログ

何時間もずーーっと立ち読みしているお客さんがいた。
私は漫画でドキドキしたい気持ちが勝って、未だ手をつけられずにおりますが。

2006/10/11 02:05

投稿元:ブクログ

コミックス読了後、展開が気になって原作に手を出しまして。ものの見事に夢中になり、続巻を切望。諸々で聊か読みにくさはあるものの、面白い。戦記ものが好きな人にはお薦め。

2006/07/17 20:03

投稿元:ブクログ

新城直衛のキャラクターに脱帽。剣牙虎や龍などのささやかなファンタジーなところ、あと日露ベースなところが好きです。

2007/04/18 00:22

投稿元:ブクログ

「よろしくないわけでもあるのか、曹長? 命令はでている。僕等は剣虎兵なのだ。断然攻撃あるのみだ。粉砕してやる」
(P.108)
「ならば、ありとあらゆる道徳を守って勇敢に戦うとでも?」
 新城は訊ねた。
「半日後には、みんな揃って討死にだ。そんな運命、少なくとも僕は御免こうむる。死して無能な護国の鬼となるより、生きて姑息な弱兵と誹られたほうが好みだ。どのみち地獄に落ちるにしても、せめてものこと、納得だけはしていたい」
(P.187)

2006/07/13 23:58

投稿元:ブクログ

どんな地獄のような状況でも出来る最高を求めよう。
忘れた頃にいつの間にか新刊出てたりする。
漫画版も面白い。

2006/08/01 02:46

投稿元:ブクログ

漫画版読んでから購入。
に…西田…(涙)
しょっぱなから落ちこむこともありましたが
読み終わる頃には次巻を求めて本屋に駆け込みました。

2006/09/11 04:43

投稿元:ブクログ

皇国と帝国の戦争小説。主人公はじめ、様々なキャラクターの独創性に痺れる。漫画化してます(この本棚にもある)。

2008/03/07 21:25

投稿元:ブクログ

漫画を読んで面白そうだったので。全9巻。何となく圧倒される迫力がありますね。後半は政治性が強くなります。戦術もすごいが人の裏面の心理描写がさらにすごくて面白い。9巻で最終だと「?」という感じもするけど、続巻は出るのでしょうか?

2006/11/20 19:37

投稿元:ブクログ

漫画版と合わせて買い始めました。重厚で丹念な語り口がたまらない。戦争部分もいいが、政治闘争部分もリアルで読んでいて唸る。漫画にはまだ出ていない天霧冴香と、新城の友人・羽鳥守人が好きです。