サイト内検索

詳細検索

送料無料

カレンダーポイント5倍キャンペーン(~9/30)

悪霊 改版 上巻(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 47件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/651p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-201017-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

悪霊 改版 上巻 (新潮文庫)

著者 ドストエフスキー (著),江川 卓 (訳)

悪霊 改版 上巻 (新潮文庫)

907(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー47件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ニコライ・スタヴローギンの内面

2006/01/11 13:20

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 19世紀ロシアにあらわれたニヒリストと呼ばれるテロ集団を題材にした物語。ピョートル・ヴェルホーヴェンスキーに率いられた彼らは、巧みに県知事に取り入り、暴動や放火をかげで操る。そして、転向者のシャートフをリンチして殺害する。暴力や殺戮場面の連続には少々気がめいるものの、ドストエフスキー文学特有の個性的な人物群は、忘れがたい印象を私たちの中に残してくれる。
 シャートフは短気で喧嘩っ早いが、根は純粋で正義感にあふれた青年である。その友キリーロフは、人生に何の意味も希望も見いださず、虚無を生きようとするあまり、いつ何時自殺をしてもかまわないと常々公言している。しかしその一方、子供好きで、友への思いやりももっている。彼は自らがシャートフ殺しの犯人であるという遺書を書いて自殺させられる。ピョートルの父で、西欧かぶれの衒学者ステパン氏は、ロシア的知性に失望し放浪の旅に出るが、最期にロシア民衆の精神に真の救いを見いだす。旅先で死の床につく彼を看病する心優しい聖書売りの女性ソフィアも魅力的な存在である。
 しかしこの作品中最も深刻な人物像は、主人公ニコライ・スタヴローギンであろう。虚無と暴力のいずれかに生きることしかできず、最後に自ら死を選ぶ彼の内面はどのようなものだったか。同じく死を選んだキリーロフとの次の会話が、その一端をのぞかせてくれる。
〈「かりにきみが月に住んでいたと仮定してみる...そこで、滑稽で醜悪な悪事のかぎりをつくしてきたとする...きみはここにいても、月ではきみの名前がもの笑いの種にされ...唾を吐きかけられるだろうことを確実に知っているわけです。ところが、きみはいまここにいて、こっちから月を眺めている。だとしたら、きみが月でしでかしたことや、月の連中が千年もきみに唾を吐きかけるだろうことが、ここにいるきみに何のかかわりがあります、そうでしょうが?」
「わかりませんね」とキリーロフは答えた。「僕は月にいたことがないし」何の皮肉も交えず、彼はこうつけくわえた。」〉
 ニコライはここで、自分がどんな罪を犯そうとも、世間からの非難など気にしないということを主張している。しかし、彼がことさらに月のようなはるか彼方の世界に自己の悪行をおきざりにしようとする理由は何か?それは彼が自ら犯した罪をおそれ、そこから遠く離れようとしているからではないか?一方、精神にいささか異常があるものの、良心には一点の曇りもないキリーロフにこの比喩は通じない。そもそも自分への罵倒を月面上で聞くのと地球上で聞くのに、どんな違いがあるのかが彼には理解できない。キリーロフが皮肉なしに上の言葉を吐いたのは、ごく自然なことであった。
 本書が発表された当時、出版社の検閲により削除された「スタヴローギンの告白」の章において、ニコライは、神父のチホンに向かって、かつて自分が少女を犯し、自殺に追いやったことを告白し、世間にそれを公表すると明言する。しかし、チホンも指摘するように、そこには、自分がどんなにすごい悪人かを人々に見せつけようとするニコライの虚栄心が垣間見える。そこに真の悔悟はなく、存在するのは社会に対する意地の悪い挑戦だけである。ちょうど月にいる人々に何を言われようとかまわないと言ったのと同じ態度なのだ。
 さらにこの告白では、ニコライがおびえているものが明らかにされている。それは死んだ少女の亡霊である。ある意味でそれは、彼の罪が作り出した良心の呵責ではないだろうか?亡霊の正体が何であれ、ニコライは最後までそれに悩まされ、それにより自ら命を絶った。彼にとってそれは、月の世界の出来事とは到底考えることのできない現実であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

埴谷雄高の『死霊』と併せてお愉しみください

2005/09/20 09:27

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:phi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 成る程,確かに,これは埴谷雄高の『死霊』のサンプルですね。と言うか,サンプリングのレヴェルではなく,もうカヴァリングです。この作品に『カラマーゾフの兄弟』とカントの『純粋理性批判』とを加えて,それを掻き混ぜると,『死霊』の出来上がり,と,こうなる訳ですね──大雑把に過ぎますか──。
 ドストエーフスキイの諸著書について,良く言われるように,これも,リーダビリティは高いです。読ませますね。しかし……,まぁ,私などが大先生の作品にけちを付けても,袋叩きを通り越して,完全無視されるでしょうが,やはり気になったもので。
 それは全体の構成です。各章の接続が貧弱なんですよね。シークェンシャルに書いたのではなく,各々のピースを,用意しておいて,パズルのように配置しました,という感じ。この不連続感は,この作品が連載物だった,ということに起因しているかも知れません。19 世紀のことですから,現在の,コンピュータでのエディットなどは勿論無かった訳ですし。
 後,登場人物の中では,キリーロフに若干の共感を憶えました。某教授は某誌において「スタヴローギンに強く心を惹かれていた」と書いてらっしゃいましたが,私には,完全無欠である彼は遠過ぎます。
 読了後,『死霊』も,もし完成していたら,この結末だったのかな? と考えました。んんん……,やはり,この他に,書きようは無い気がします。■

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

印象に残る作品。

2016/01/08 11:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あかーきぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初、ステパン氏の話が滔々と続く序章で挫折しそうになったが、主人公の貴公子ニコライ(スタヴローギン)が漸く登場する辺りから、物語は段々と面白くなってくる。ピョートルの動きは忙しなく、そしてあざとい。スタヴローギンへの彼の心酔ぶりは異常な程である。何とも言えない不気味な感じが作品全体を通して漂っている。それは、思想に取り憑かれた人々の末路、主人公の持つ性格の所以であろうか。救いが無く、全体的に暗い雰囲気であるが、ドストエフスキーの長編作品群の中で、これが最も印象に残った。本作については恐らく好き嫌いが分かれるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/02 20:09

投稿元:ブクログ

不安と恐怖の渦巻く時代、スマートで教養がありながらも絶対悪として描かれた青年を中心に、さまざまな思いを抱えながら破滅へと進む人々が描かれる。

2007/07/28 23:23

投稿元:ブクログ

「あなたが無神論者なのは、あなたが坊ちゃんだからです、最低の坊ちゃんだからです。というのは、ぼく自身、坊ちゃんだからです。いいですか、労働によって神を手に入れるのです。本質のすべてはここにあります、さもないとあなたは、醜い黴のように消えてしまいますよ。労働で手に入れるのです。」

「神を労働で?どんな労働でです?」

「百姓の労働です。さあ、行って、あなたの富を捨てていらっしゃい…ああ!あなたは笑っていますね、それがただの手品になるのがこわいんですね?」

しかしスタヴローギンは笑っていなかった。

「きみは、神を労働によって、それも百姓の労働によって手に入れられると考えているんですか?」

まるで熟考の必要のある何か新しい重大なことをほんとうに見いだしでもしたように、ちょっと考えてから、彼は聞き返した。

2008/05/29 01:39

投稿元:ブクログ

なんかすごいということがわかる。
カラアニもだけど、、、文章の密度というか、おいしさというかコクというのか。
ドストエフスキーが特別なのか、それともこういう雰囲気の小説はほかにもあるのだろうか?

2007/01/13 16:22

投稿元:ブクログ

主要人物が皆ハイテンションなので退屈しない。不吉な題名とは裏腹に、内容はジェットコースター並みに面白い。おすすめです。

2009/06/30 19:07

投稿元:ブクログ

農奴解放令によってこれまでの価値観が崩れ、混乱を深める過渡期のロシア。改革という名のもとただ破壊に走る若者達の破滅的な行動を、作者は「悪霊につかれた者たち」として表現しました。それは人間誰もが潜在的に持っている「悪」の表出にすぎないのかもしれません。数あるドストエフスキーの作品中でも「救い」の見られない、残酷で悲しい作品です。

2009/11/20 22:43

投稿元:ブクログ

(2004.08.23読了)(1997.09.19購入)
高校生の頃、米川正夫訳で、「罪と罰」を読みました。何がなにやらよくわかりませんでした。2000年に、工藤精一郎訳で「罪と罰」を読み直しました。今度は面白くてどんどん読めました。訳者との相性で、読みやすさが違うのではないかと思います。
今度の、「悪霊」は江川卓訳です。残念ながら読みにくかった。訳に関係なしに翻訳物のわかりにくさの原因の一つは、苗字、名前がなじみがなくさらに愛称が使われると、慣れるまで誰のことかがわからないというのもあります。

物語に主に出てくる人物は、ステパン・トロフィーモヴィチ・ヴェルホーヴェンスキー氏とワルワーラ・ペトローヴナ・スタブローギナという陸軍中将夫人。
ステパン氏は、外国帰りの大学講師。詩人、学者、市民活動家。ワルワーラ夫人は資産家。
二人の交流は、22年続いている。夫人は、乳母のようにステパン氏の世話をやいてきた。その代償として、時には奴隷的服従を彼に要求した。
新しい時代の動きを感じ取ったワルワーラ夫人は、時代がどう動こうとしているのかを知るために、新聞雑誌、国外で出される禁制出版物や、檄文にいたるまで、全部自分で読んでみようとした。だがわけがわからないので、ステパン氏に説明を求めたが、彼の説明は夫人を少しも満足させなかった。
そこで夫人は、ペテルブルクに出て、万事実地に確かめ、直接に当たってみた上で、もしできるなら、新しい活動にすべてを賭けてみようといい、自分の手で新しい雑誌を創刊して、それに余生のすべてを捧げるとまで言い出した。
夫人は、新思想に身を投じるために、自宅で夜の集まりを催し始め、文学者仲間に声をかけると、大勢押しかけてくるようになった。批評家、小説家、劇作家、諷刺作家、暴露記者と揃っていた。ステパン氏は、新思想の指導者たちに渡りをつけて、ワルワーラ夫人のサロンに招待したりした。サロンでの話題は、検閲や硬音符の廃止、ロシア文字のローマ字化、追放事件、勧工場のスキャンダル、自由な連邦的結合のもとでのロシアの民族別分立策の利点、陸海軍の廃止、ドニエプル沿岸のポーランドの失地回復、農民改革や檄文の流布、相続、家族制度、親子関係、聖職者の廃絶、婦権問題、等等であった。

ロシア帝政末期の貴族社会の様子が描かれているのだろう。ロシアの歴史を勉強してみるか。

著者 ドストエフスキー
1821年10月30日 モスクワ生まれ、次男
1837年2月 母(マリヤ・フョードロヴナ)死去
1839年6月 父(ミハイル・アンドレーヴィチ)農奴に惨殺される
1843年8月 工兵士官学校卒業
1846年1月 「貧しき人びと」発表
1849年4月23日 逮捕、11月死刑判決(ペトラシェフスキー会)
1865年 「地下室の手記」発表
1866年 「賭博者」「罪と罰」発表
1868年 「白痴」発表
1871年 「悪霊」発表
1881年1月28日 死去、59歳

2008/08/07 23:17

投稿元:ブクログ

 無神論的革命思想を携えて集まった秘密組織の人たちが上流階級の秩序を破壊する様を、悪霊のらんちき騒ぎに見立てて描いた小説。【参考】人物相関図を印刷して持ち歩かないと確実に登場人物がこんがらがるので次を参照。→http://f.hatena.ne.jp/ariyoshi/20080208201513 。2008.8.1-4.

2007/12/13 09:16

投稿元:ブクログ

漫画の「モンスター」もモチーフにしたんじゃないかと思う。背後で静かに笑う、冷徹な悪の存在がリアル。ただ、結局歪んだ思想の悪は勝手に破滅するとういう結末で、もっと盛り上がって終わってほしかった。

2008/01/17 18:54

投稿元:ブクログ

今読んでる。
ドストエフスキーの良き個性、特徴であって悪い所でもあるんだけど、同じ所を何回も読み返さないと何を言ってんだか分からない(笑)
なんか思想家(?)としてのドストエフスキー全開な本だと思う。

2008/09/24 05:20

投稿元:ブクログ

08/06/30
面白い!につきる。ドストエフスキーって作者の印象だけで「難しいかも」「つまんないかも」と思ってたけど、想像を絶する面白さ。登場人物がみんな個性的。書き口も皮肉も面白い。確かにちょっと難解な部分や表現や、書き手にしか判らないような感情の変化とかがあるけど、それも含めて面白い。
総合的な感想は下巻の時に。

2011/05/16 22:36

投稿元:ブクログ

農奴解放令によっていっさいの旧価値が崩壊し、
動揺と混乱を深める過渡期ロシア。
悪霊に憑かれた豚の群れが、
湖に飛び込んで溺死するという聖書の記述から
無神論的革命思想を悪霊と見立て、
それに憑かれた人々とその破滅を描く。
そんな裏表紙の触れ込みのドストエフスキーの大作、悪霊。

罪と罰で遅かれ、初めてドストエフスキーに触れ感銘を受け、
そして次に選んだのがこの悪霊。
罪と罰で慣れたのか、今回は読みやすく感じる。
やはり人間の心理描写を描くのにすごく長けているというか、
時代性というものを感じずに読み進めることができる。
とても100年以上前の作品とは思えない、ある意味新しさがある。

重苦しい裏表紙の触れ込みからは想像することもできない、
前半のステパン先生の情けなさにどこか安心感すら覚える。
物語はニコライやステパン先生の息子ピョートルの帰還によって
途端に加速感を増し、重みと緊張感を持たせる。
賽は投げられたり。彼らの運命は確かに破滅へと回り始めていた。

2010/05/15 21:16

投稿元:ブクログ

1861年の農奴解放令によって一切の旧価値が崩壊し、動揺と混乱を深める過渡期ロシア。青年たちは、無政府主義や無神論に走り、秘密結社を組織してロシア社会の転覆を企てる。本書は、無神論的革命思想を悪霊に見立て、それに憑かれた人々とその破滅を、実在の事件をもとに描いたものである。

登場人物が多いのと、一人の登場人物に対して呼び名がいくつもあることが災いして、誰が誰なのかよくわからなかった。
物語自体も内容が込み入っていて、一度読んだだけでは理解できない部分が多く、非常に難しいと感じた。