詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

経済ビジネス ポイント5倍(0601-05)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 音楽未来形 デジタル時代の音楽文化のゆくえ

音楽未来形 デジタル時代の音楽文化のゆくえ

  • 発行年月:2005.3
  • 出版社:洋泉社
  • サイズ:21cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89691-899-1

  • 国内送料無料

音楽未来形 デジタル時代の音楽文化のゆくえ

増田 聡 (著), 谷口 文和 (著)

紙書籍

2,052 ポイント:19pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

いままでの「音楽」の常識はもう通用しない! iPod、CCCD、MP3、サンプリング…。激変する音楽をめぐるテクノロジー環境は、音楽を、リスナーを、ビジネスを、著作権をど...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

いままでの「音楽」の常識はもう通用しない! iPod、CCCD、MP3、サンプリング…。激変する音楽をめぐるテクノロジー環境は、音楽を、リスナーを、ビジネスを、著作権をどう変えるのか?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

増田 聡

略歴
〈増田聡〉1971年北九州市生まれ。法政大学ほか非常勤講師。日本ポピュラー音楽学会理事。
〈谷口文和〉1977年大阪生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科博士課程在学中。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.3
3.3
評価内訳 全て(3件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

音源なんて、ららららら

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2007/05/13 07:53

評価5 投稿者:Living Yellow - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今から今40年ほど昔、フォークの若きカリスマだったボブ・ディランがエレキギターを抱えてあの「ライク・ア・ローリング・ストーン」を歌った時、観客は猛烈なブーイングで答えた。それはその時の彼らの求めている音楽ではなかった。そして今僕はitunesで「中津川ジャンボリー」での吉田拓郎の「ライブ音源」を流しながら、これを書いている。「時代は変わる」。
 本書で音楽の歴史は①楽譜の成立以前の時代、②楽譜が成立し作曲家が音楽の「作者」とみなされるようになった時代、③レコードが誕生し、それによって逆に生演奏が「ライブ」として価値を持つようになった時代、④電子技術の発達でレコードがスタジオで単純に録音されるのではなく、生では演奏不可能なもの(例えばビーチ・ボーイズ「ペット・サウンズ」やビートルズ「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」)を作り出すようになった時代、⑤さらにDJが既存の音源を細かく編集して新たな「作品」を生み出し、それがインターネットで流れる現代、のように描かれているようだ。レコード、ラジオ、CD、MIDIなど我々の身近にある音楽の技術的な基盤を丁寧に解説しつつ、音楽がその姿をどのように変えてきたか、今変えているのか描き出される。
 専門的な通史ではなく未来志向の、読みやすい一冊で、メインテーマは「音楽のさ、ナマとか、オリジナルって本当はどういうことなの?作者ってほんとうは誰なの?」という問いかけだ。
 通読して色々面白い事実も知ることができた。例えば、「TOP40」は当時のジュークボックスの枚数が40枚だったからということとか、40年代ごろ、アメリカでレコード会社、そしてラジオ放送に権益を奪われることを恐れて既存の音楽家団体などが、「録音禁止令」などを出している間に、しがらみがなかった黒人音楽がその隙間をぬってどっとラジオにながれこみ、DJ番組がそこで生まれたということとか、色々。
 「エア・チェック」という言葉を聞いて遠い目をした方にも、きょとんとされた方にもおすすめの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2006/03/26 21:13

ライトな読み応え。参考文献を読み込んで行間を読み解かなければ真価へは到達できなさそう。意義を掘り起こせばきっとすごく重要な本。

評価4 投稿元:ブクログ

2009/02/16 07:18

「音楽とはなにか」という問の難しさは、実は音楽に関する言葉自体が時代とともに意味を変え、そして適切な言葉が作られなかったことが原因となっています。この本はそうした根本的な考えから始めて現代までの音楽の変化を分析しています。デジタル音楽の考え方が変わった一冊でした。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.