詳細検索

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. ライトノベル
  4. ロスト・メビウス ブギーポップ・バウンディング

ロスト・メビウス ブギーポップ・バウンディング(電撃文庫)

  • 発行年月:2005.4
  • 出版社:メディアワークス
  • レーベル:電撃文庫
  • サイズ:15cm/313p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3018-6

文庫 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

ロスト・メビウス ブギーポップ・バウンディング (電撃文庫)

上遠野 浩平 (著)

  • 全体の評価 未評価
  • あなたの評価 この商品を評価して本棚に反映 評価しました! ×

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 未評価
0.0
評価内訳 全て(0件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

あなたがいてボクがいる

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2006/06/24 23:21

評価4 投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 読んでいてふと思いついたのは、人間関係が1対1でつくられているなあ、ということ。多対多のように見えても、1対1がつながっているだけだったり…。ある人の方向性を決定付けるのは常に一人、みたいな考え方を持っているのかもしれない。
 話が広がりつつも、ひとつの方向性を持って収束してきたような気がする。いきなりこの巻を読んでも何も面白くないと思うが、愛読者は読まれた方が良いかと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価2 投稿元:ブクログ

2005/09/14 12:11

▼ひさしぶりのブギーポップシリーズ。ファウスト特集前に読んでおきたくて買ってみましたが……。▼うーん。時間つなぎで次巻つなぎという印象です。▼でも多分これから先「MPLS VS 異星人」という図式になるんだろうなぁ。MMR! MMR!

評価3 投稿元:ブクログ

2005/04/16 00:43

ブギーポップシリーズも追い込みに入ってきたなぁという感じ。
残念ながらシリーズの中ではいまいち冴えない感が。

評価4 投稿元:ブクログ

2005/07/27 13:41

今回はなんか複線張りまくりだったり、過去の登場人物に関連するネタあったり、最後は続きがありそうな感じだったりで、いままでと違う感じでした。
おかげで思い出すのが大変で話が一部わからないところもありました。続きが気になります。

評価4 投稿元:ブクログ

2005/05/10 21:55

過去のキャラ達が色々登場してきて、覚えていないキャラも多々あったのですが、今まで気にとめてなかった綺が今回とても可愛く思えました。
久々に読んだブギーポップシリーズは、やはり面白かったです。by ASUKA

評価3 投稿元:ブクログ

2006/04/23 16:51

ブギーポップシリーズ、二年ぶりの新刊。

ブギーポップや炎の魔女周辺ではなく、合成人間などの組織周辺人物がメインで動く内容でした。
一冊で完結する物語と言うよりは、これから語られるであろう物語の導入のように思えました。
次刊に期待。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/09/27 21:26

ブギーポップシリーズの13巻目。
ブギーポップに復讐するため、合成人間の青年・蒼衣明良こと「コールド・メディシン」は、出来損ないの合成人間である少女・織機綺こと「カミール」をマークしていた。彼女を利用して、死神を誘き出そうというのだ。一方、蒼衣の「一応」上司である雨宮美津子こと「リミット」は蒼衣を使って「牙の痕」と呼ばれる土地の調査を行っていた。統和機構すらも手を出さないという、謎の土地。その場所に「時間の輪」を握る存在が爆弾を放つ時、世界の時間軸は大きくねじ曲がることになる−−。
深みのあるストーリーが魅力のこのシリーズですが、今回は何といってもキャラの脆さと強さにつきますね。強そうで脆い彼と、弱そうで強い彼女。…それにしても蒼衣くんのような人を世の中はツンデレと呼ぶのでしょうか。誰か教えて欲しいものです。

評価3 投稿元:ブクログ

2006/05/10 23:32

う〜ん…。何か中途半端な作品だった。シリーズとして読めば、非常に意味のある話だったんだけれど、単体としての物語の出来はイマイチな感じがする。ブギーポップで僕が求めていたモノが殆ど描かれなかったところが、そういう評価の原因かな?一つひとつの話を完結させ、尚且つそこにシリーズ全体を通しての物語の断片を巧みに入れていくところが良いのだが、今回のラスト付近は直接的でちょっと幻滅した。シリーズモノとしては、この話で根幹の話題に触れていたので、次回作が楽しみなんだけどね。

評価2 投稿元:ブクログ

2008/01/09 21:06

ブギーポップを読むのはかなり久しぶりだけど…また新しい登場人物出したな上遠野浩平!

いつ風呂敷を畳む気なんだろう。広げすぎじゃないですか?次の『ブギーポップ・イントレランス オルフェの方舟』で畳み始めてくれてるんだろうか。そろそろ収束に向かってほしい。最後の終わり方に期待して読むための通過点でしかない、というのが今作の率直な感想。だって、ちょ、おま、もうブギポシリーズ今年で10年だよ!?自分も老けたよ!?まぁ凪の新事実発覚にはちょっとビックリはしたけども。

評価3 投稿元:ブクログ

2006/12/12 20:22

中途半端でちょっと嫌いだ。シリーズを通して読まないとまったく楽しめない。歪曲王とかペパーミントと比べると見劣りするかも

評価3 投稿元:ブクログ

2007/11/26 18:02

私の頭が悪いせいなのか、イマイチ、メビウスとかブリックとかが分からなかった。
いつのまにブリックが爆弾作り出すものになっているの? と言う感じで、
少し置いてけぼり感。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/09/02 21:41

織機はよく出て来るけど、人気あるのかな?作者が気に入ってる?
一時期アクション多かった(?)けど、また閉鎖的に戻ってきてよかった。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/12/12 12:39

「ブギーポップ・バウンディング ロスト・メビウス」上遠野浩平
ライトノベル、ファンタジー。特になし。
ブギーポップシリーズ第12作。

今回は今までに増してとらえどころのない舞台設定になった気がする。
エコーズがらみ(虚空牙)の影響に関係した「牙の痕」というミステリーポイントに迷い込んだ綺(と同級生の合成人間(!))の話。
結局ブリックって子供のエピソードは何かにつながるのだろうか・・・?
ようやくナイトウォッチシリーズとの接点が広がってきたということなのかなぁ。
あとリセットの双子の姉、リミットというのも出てきて、統和機構とMPLSの関係というのもフォルテッシモ、凪を含めて楽しみ。

とはいえ、やっぱり今回も水増しストーリーの感は否めない気がする。
ブギーポップの活躍は無いに等しかったしなあ。
ただし、相変わらずの世界観と、キャラクターの魅力で☆4つ、です。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/05/28 17:54

新書購入

 SF。ジュニア文庫。ブギーポップシリーズ。
 世界の敵と戦う死神ブギーポップ。
 今回は、炎の魔女と呼ばれる凪の弟正樹、の彼女「綺」が巻き込まれる話。彼女は人造人間だが、作られたというだけで、普通の人間とそれほど変わらない。
 異変に巻き込まれて、腕は切断されてしまうし、大変な目にあう(繋げてもらえるけれど)。
「大丈夫だから、正樹」
 異空間に閉じ込められ、貧血状態で呟く言葉は、この場に居ない恋人のこと。
 それを聞かされているうちに、やはり巻き込まれてしまった戦闘用人造人間の蒼衣は、彼女を彼氏のところに返してやらなくちゃ、という義務感にかられる。
 最後に、蒼衣は、綺を心配して現場にかけつけ、無事を知って泣く正樹と対面。
 握手を求めて言う。
「あんたも大変だな」
 と。
 すごく人様のツボを刺激する、ぼんやり健気系美少女になってくれたものです、綺ちゃん。かわいい。

評価3 投稿元:ブクログ

2009/07/30 19:42

友達に借りました。

いろんな人がいっぱい出てきました。
初登場なのかなんなのか全然把握してない、やばい。
とりあえず自分は、霧間凪さえわかっていればいいと思う。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 1~3日 納期・配送の目安について

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

    電子書籍版を立ち読みする

    hontoアプリの確認

    立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

    • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

    最新の「honto」アプリをご利用の方

    立ち読みする

    最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

    hontoビューアアプリ

    ビューアアプリについて

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.