サイト内検索

詳細検索

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. もやしもん 1 TALES OF AGRICULTURE (イブニングKC)
もやしもん 1 TALES OF AGRICULTURE (イブニングKC)(イブニングKC)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 338件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2005/05/23
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: イブニングKC
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-352106-0
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

もやしもん 1 TALES OF AGRICULTURE (イブニングKC)

著者 石川 雅之 (著)

【手塚治虫文化賞(第12回)】【講談社漫画賞(第32回)】【星雲賞コミック部門(第46回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もやしもん 1 TALES OF AGRICULTURE (イブニングKC)

576(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「もやしもん 1 TALES OF AGRICULTURE (イブニングKC)」が含まれるセット商品

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

味噌やしょうゆにお酒...

ジュンク堂

味噌やしょうゆにお酒に漬物、きのこや人のお肌や病…etc、
菌達が醸し出す様々なモノを通して農業や食について、
教科書よりも先生や親が云う事よりも、遥かに子どもたちの
興味・関心をサイエンスの世界に向けてくれるでしょう。

(大阪本店 人文担当)

みんなのレビュー338件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

どの菌が有益でどの菌が有害か、肉眼で見えて声も聞こえれば一目瞭然!

2005/05/27 14:31

14人中、14人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

普通ならば目に見えない小ささの“菌”を見ることができるなんて、なんと面白そうなのだろう。まずはこの主人公の特異体質に惹かれ、続いて絵柄に惹かれ、更にストーリーに惹かれ、連載1話目からすっかりファンになってしまった。
当初は『東京農大物語』として始まり、数話目に現在の題名である『もやしもん』となった。“もやしもん”とはまた聞き慣れない言葉だが、主人公の実家が麹屋でその通称が“もやしや”とくれば、自ずと分かるだろう。
物語は、主人公とその幼馴染みが大学入学のため上京するところから始まる。その特異体質のおかげで初日から騒動に巻き込まれ、なし崩し的にとあるゼミに身を寄せることになる。イヌイットの保存食や韓国のエイ料理など、鼻がひん曲がりそうなクサ〜イ食べ物が次々に顔を出し、まるで本のこちら側にまで臭ってきそうな錯覚に襲われることもしばしば。次々に貧乏くじを引く主人公には、慰めの言葉が見つからない。
登場する菌は、善玉菌の代表格のようなビフィズス菌から恐怖のO−157まで様々。主人公の目に見える際のイラストがなかなか可愛らしいので、O−157や白癬菌にすら親近感を抱きそうになってしまう。もっとも、それらの発する言葉はかなりブラックなので、好きになることはないが。
日々の生活では多くの菌に助けられていながら、我々は菌のことを積極的には知ろうとしない。本書には度々醸すシーンが登場し、その際分かりやすい解説も付いているので、どれほどお世話になっているのか、その一端を知ることができる。愉快なストーリーを楽しみながら菌の勉強もでき、一石二鳥かも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オリゼーかわいい☆かもしたい☆

2006/02/02 09:31

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:A-1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

友達に薦められて購入したのですが、手にして目に入った帯には
「もやしもんは大豆インクを使用。」
おお〜!そんなことできるんだ(@@)
「カバー帯は古紙100%再生紙を使用。」
エコだ。エコだわ!ビバ☆エコ(>▽<)○
と感動。
絵柄もちょっと苦手かな?と思っていたほど拒絶反応も無く、
なにしろ菌がかわいい(*>▽<)
ストラップが作者さんの希望どうり出たら買います★
ってゆうか、ビーズで作れるかな(*^^*)
。§ 。

∞∞(・ ・)∞∞
§ゝ▽ノ§

オリゼーをかもしてみるとこんなかんじ・・・
って、がんばってみましたがあまり雰囲気出てない・・・、そして絵文字禁止でしたら削除してください(><)

ところで、第一話キビヤック事件・・・
本当に作者さんがシュールストレンミングという缶詰レベルで体験したことのようですが・・・(公式ページ参照です)
結局おいしくないということでしょう・・・ね?(^^;
納豆、クサヤやブリーチーズやナンプラーのように異文化の味にはなかなか壁があるということかな・・・?
でも、すごいインパクトです。
このキビヤックを作った樹教授が研究者らしくてかわいいおじいちゃんでまたラブです。
でもホンオフェといい・・・なんでとんでもなく食べにくいところから話題にするのか(^^;
今後は、おいしいところもお願いしたい感じです。(謎
薀蓄漫画が結構好きなので(「マスター・キートン」とか)楽しげです。
二巻目はお祭り騒ぎで少し食い足りない感じですが、コロニーのお話ではたくさん菌が出てきて、かわいいから好きです。
「お前とは拮抗だ」とか古き良き大学生みたいな発言があったりして、細かいところで面白かったです。
でもとにかくLラクチスやAオリゼーにSセレビシエやo157までも菌がかわいいので、一度読んでみてください。
日本酒好きの人もぜひ一度。(日本酒作りの「種麹」のことを「もやし」というらしいです)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

目からうろこの漫画です。

2008/08/02 20:48

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

某番組で紹介されていて気になっていた「もやしもん」。
この歳で漫画を読むのもなぁとためらっていたのですが、妙に惹かれたのと
内容が「菌」ということで難しい本を読むよりも漫画のほうがさくさく読めるかなと思い読んでみることに。
これが微妙な揺るさの中で「菌」について詳しく書いてあり、知識を増やすにはもってこいの漫画でした。
漫画もすてたものではないものですね。

「もやしもん」を読むと実に私たちの周りは「菌」たちでいっぱいなのか、除菌なんてしても無意味なくらい菌に囲まれています。
そして「菌」って決して悪いものではないのですよね。
目からうろこのような漫画でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私も農学部ですが・・。

2005/07/17 00:52

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サツマイモの花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私も農学部でしたが、あそこまでコテコテの農学部は都内のどこに存在するのか教えてもらいたいです。
是非、行きますので。(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カルチャーショックというか

2008/08/04 00:22

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あん - この投稿者のレビュー一覧を見る

話題になっているのは知っていて、アニメも少し観たけど無視していました。
今になって漸く読み、こんな漫画あるのか、という一種の衝撃を受けました。
「鉄子の旅」を初めて知った時も思いましたが、マニアック…
なのにいつの間にか熱心に読んでいる自分。素質あり?
クイズや雑学がウケるのとちょっと似ている感じがします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お勉強させてもらいました。

2016/01/25 13:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:メロリーナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

はじめ、入っていけるかなーと心配だったけど巻を重ねる事に面白く、菌の世界にハマりこんでいきました。日本酒、醤油や味噌などのおなじみの調味料からワインなど洋ものまで多彩でほんと、お勉強になります。ゆるさもいい感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2015/08/31 02:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マレ山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

農大生が主人公で農大の日常漫画かな程度の気持ちで読み始めたのですが全く違いました。
菌についてかなり長く詳しく説明されています。
デフォルメされた菌達がかわいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/31 05:20

投稿元:ブクログ

空気中の菌が見えてしまうという変わった特殊能力の持ち主、沢木惣右衛門直保は、東京の農業大学に入学する。
発酵や細菌培養といった専門的な分野の話が、菌たちの不思議なキャラクターに魅了されてスラスラ読める。
第1巻は登場人物や菌そのものの説明が多くて展開は遅いものの、徐々に菌たちにも個性が出始めて面白い。

2008/09/15 22:00

投稿元:ブクログ

農大菌マンガ。
かもされまくり。
とりあえず読んでかもされればいいと思うよ。

欄外とか次巻予告とかが面白すぎます。

2007/08/15 07:41

投稿元:ブクログ

この漫画は、薀蓄漫画です。(笑)

菌知識に強くなります。物語としては面白いです。菌にも強くなります。一方で、読むのがめんどくさいところもあります。と言うか、教授の薀蓄部分は読まなきゃいけないのか、それとも主人公たち同様に聞き流せば良いのか、判断に困るような描き方をしているので、かなり悩みます。

物語は普通の農業大学?で流れるので、普通な学生生活の描写がメインです。勿論、漫画ですから、少しだけ日常とは違う菌との交流だとか、大学の催しとかありますが、でも大体キャンパスライフ漫画。なわけなので、学校モノとか、動きが少ないのが嫌いな人には、微妙な漫画かもしれません。これこそ、青年モノって言う感じがしますが。(知識メインなだけに)

2006/10/12 00:03

投稿元:ブクログ

世の中には知らない事って本当多いなーと実感したまんが。
わき役が同じ顔に見えるのが残念。身体がリアルなのに目玉だけディフォルメで怖いんだよなあ…ストーリーと全然関係ないけど。

2006/11/12 11:14

投稿元:ブクログ

まあまあ面白かった。最初のまま「農大物語」だったら、駄目だったろうね。名前的に駄目だよね、そりゃあ。。でも、すごいところに目をつけたもんだなぁ、と、その着眼点に拍手ですがな。女キャラクターがどうもうまく見分けつかなくて、ちょっと困った。(06/8/28)

2007/01/14 13:31

投稿元:ブクログ

先輩に借りて読んでみました!!菌を見ることが出来る直保やその友人の蛍、農大の樹先生に長谷川さんなど・・・個性的なキャラ多いと思いますw
そして何と言っても菌たちがうようよ出てきて「かもすぞ〜」と言っているのが可愛い!正直、ちょっとマイナーな内容もありますが、それをくだけた感じで、可愛く書いている感じでヨイです♪
ただ、凄く面白いとは思わなかったので★4つですww

2005/06/23 12:10

投稿元:ブクログ

■農業大学のマンガです。第1話を雑誌で見た覚えはあったのですが、そのときは小泉教授の密かなブームにあやかるのかな?などと思っていました。キビヤック(カナディアンイヌイットの発酵食品。アザラシの腹に海鳥を詰めて醗酵させ、鳥のドロドロになった内容物を吸う)とか出てくるし…。
■でも、この主人公、菌が見えるんです。シャーレの中で好アルカリ細菌がSケンしてるのが見えたりとか(さすがにここまでふざけるのはこの巻の後半ではしなくなりますが)、空気中の菌をつまむことさえできます!
主人公が見る菌のイメージは(菌によって描き分けてはいますが)指の爪よりちょい大きいくらいで眼と口、身体がついてます。しゃべるし、可愛いとさえ言えるかも。ただ、O-157なんかは笑いながら「かもして ころすぞ」なんて言いますけど。
■菌については柱(開いたマンガの左右両端の部分)で説明されてます。
そっちの知識があれば、より面白いとは思いますが、なくても大丈夫。
■ともあれ、まだ1巻です。教授はテラフォーミングを語ったり、密造酒で失敗した先輩には頼られるし、キャラがどう動いていくかはこれからのようで、普通ではないかもしれませんが学生生活も織り込まれていってます。
どーなっていくんでしょうねー?
■腐海のようにもうもうと見える下宿部屋という、リアルといったらいいかフィクションというか、はっきりしないけどパワフルな "絵" に期待をこめて。
■別の言い方をすれば
あなたも「もやしもん」でチョンマゲを付けた乳酸菌を目撃せよ!
…とかね。

2006/11/06 00:40

投稿元:ブクログ

■出会いは某大型書店の『2005年ベストセラー棚』でした。少し立ち読みして、これは買わねばとレジへ走りました。この時自分が偉かったなー(笑)と思うのは、1巻だけでなく2巻も持って行った処だと思います(一巻と二巻で別話のように表紙違うのは驚いたけど、中身は同じだ!)。■学校訓が『自給自足』の農大のキャンパスライフ…何て書くと、ちょっと甘酸っぱい気がしますが、中身はもっと濃密で、それでいて芳醇まろやか酵母です(…すんません、書いてる自分も訳分かりません)。■もしかして主役は人間ではなく、その周囲にいる、ミクロなかわいい方々かもしれません。これ読んでから、自分の口癖が『かもすぞ』になったのは、私だけではないと思います。愛しいよ、彼ら…■とにかく、このブログで紹介されてる本読んでる方なら、読んで損無し!是非御一読。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む