詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

優しい煉獄(TOKUMA NOVELS(トクマノベルズ))

新書

  • 国内送料無料

優しい煉獄 (Tokuma novels Edge)

森岡 浩之 (著)

紙書籍

885 ポイント:8pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

愛読書は、チャンドラーとロス・マクドナルド。死者の街を行く私立探偵、朽網康雄の冒険譚。人探しにはコツがいる。たとえそれが、仮想世界の中だとしても…。『SF Japan』連...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

愛読書は、チャンドラーとロス・マクドナルド。死者の街を行く私立探偵、朽網康雄の冒険譚。人探しにはコツがいる。たとえそれが、仮想世界の中だとしても…。『SF Japan』連載に書き下ろしエピローグをプラス。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森岡 浩之

略歴
〈森岡浩之〉1962年生まれ。SF作家。「夢の樹が接げたなら」で第17回ハヤカワ・SFコンテストに入選し作家デビュー。著書に「星界の紋章」「星界の戦旗」「機械どもの荒野」など。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.4
3.4
評価内訳 全て(4件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(2件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

犯罪、始めました

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2005/05/25 01:03

評価4 投稿者:bは本好きのb - この投稿者のレビュー一覧を見る

森岡浩之最新刊
死んだ人間の人格と記憶をデジタル世界で再構成して
「第2の人生」を送ることが出来る時代。
いくつかあるそのデジタル世界の中の昭和60年代を舞台にした世界で
探偵を営む主人公がデジタル死人たちの(時には生きている人間からの)依頼をこなしていくお話。
ハードボイルド小説にサイバーパンクを混ぜてSF的香りでまぶした一作です。
ハードボイルド探偵の居場所は事務所と喫茶店。喫茶店にはもちろんマスター。
舞台アイデアは今作では背景に落ち着いて
昭和な死人たちと近未来な生人との人間模様が物語をまとめます。
死後の再開を約束した夫婦、現実世界から逃げ出してきた男、
犯罪を行うことが出来ない世界から来た少年。
彼らがそこで見るものは。
探偵小説としては目新しくもないかもしれません。
SFアイデアは相変わらず面白いけど作者が認めているようにデジタル世界云々は手垢にまみれているのも確か。
だけど斬新さに頼らなくとも面白い話を読ませるということを示した一冊でした。
でも一番読みたい著者の本は星界シリーズの続きです。
「おいマスター、このコーヒー冷めてるぞ」
「知らなかったんですか、お客さん
今朝からコーヒーは冷めるようになったんですよ。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

設定がよろしい

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2005/10/29 22:44

評価3 投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 星界シリーズで、お馴染みの森岡浩之さんのSFです。
本書は、兎に角、設定が良いです。
これを、聞いただけで、読もうと決めました。
 舞台は、死後の世界といっても、生きている人もいます。
そう、とある会社が運営する、仮想空間なのです。
死んだ人は、電子化された、自分の人格情報を
元に、この仮想空間で生活します。そして、生きている人も、
この仮想空間に参加は、OKです。
 併し、ことわざの”地獄の沙汰も金次第”では、ありませんが、
この空間自体、会社が運営しているように、
お金が無くなると、この空間でも、存在できなくなってしまいます。
それは、参加中の人(といっても、電子情報ですが)の空腹感として
現われ、みんなそのためにご飯を食べ、又そのために、
働いています。で、金持ちになると、上の世界(色んな階層がある)
にいけたりします。
 その空間で活躍する、探偵、朽網探偵のお話しです。
この朽網探偵、愛読書は、チャンドラーにロス・マクドナルドと、
ハードボイルドを、めざしていますが、
 本書自体は、それほどハードボイルド度は、高くないです。
むしろ、SF度が高め、、、。
 この上記の設定を生かした、連作短編集です。
仮想空間なので、リアルは、面倒くさいと、いう
キャッチフレーズとともに、みんな生活しています。
 そして、仮想空間だけに、町並みも、簡単にビルや建物が、
にょきにょき生えてくるので、探偵にはちょっと大変かも、、、。
 あとがき、によると、
元々は、サイバーパンクなんかから、アイデアを頂いたと、
書かれていますが、
よくある、近未来のハードSFより、
こっちのほうが、アイデアとしては、良いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2007/08/18 22:18

●死後、電子的に保存された人格を、同じく電子的に構築された仮想現実に放り込むことによって、仮想現実を“生き続ける”ことができる世界が舞台。
仮想現実には複数あって、生前、どの仮想現実に入るか決めておくことができるそうです。
もちろん、どんな仮想現実に入ってどんな状態で生活するかは、仮想現実の管理会社に払った金次第。なるほど? ●これが神林長平作品なら、主人公は90%以上の確率で、仮想現実を管理する会社と戦う羽目になってると思う。
森岡作品は、そう言うことには、あんまりならない気がしますですな。
世界を管理するものとは関わるけど、ちょっと影響を与えるくらいかな。お好みでどうぞ。出来は普通。

評価5 投稿元:ブクログ

2009/01/15 19:21

電脳空間モノ。
ハードボイルド。探偵モノ。
徳間デュアル版のイラストが山本ヤマト先生だったりした。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.