詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 中村屋のボース インド独立運動と近代日本のアジア主義

中村屋のボース インド独立運動と近代日本のアジア主義

  • 発行年月:2005.4
  • 出版社:白水社
  • サイズ:20cm/340,6p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-560-02778-1

  • 国内送料無料

中村屋のボース インド独立運動と近代日本のアジア主義

中島 岳志 (著)

紙書籍

2,376 ポイント:22pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【アジア・太平洋賞(第17回)】【大佛次郎論壇賞(第5回)】1915年日本に亡命したインド独立の闘士ボース。新宿中村屋に身を隠し、極東の地からインド独立を画策する。アジア...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

【アジア・太平洋賞(第17回)】【大佛次郎論壇賞(第5回)】1915年日本に亡命したインド独立の闘士ボース。新宿中村屋に身を隠し、極東の地からインド独立を画策する。アジア主義と日本帝国主義の狭間で引き裂かれた懊悩の生涯。「大東亜戦争」の意味とナショナリズムの功罪を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中島 岳志

略歴
〈中島岳志〉1975年大阪生まれ。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了。博士論文で第3回アジア太平洋研究賞受賞。京都大学人文科学研究所研修員、日本学術振興会特別研究員。

著者/著名人のレビュー

 R・B・ボース。1...

ジュンク堂

 R・B・ボース。1915年に日本へ亡命し、新宿中村屋に身を隠したインド独立の闘士。アジア解放への希求と、日本帝国主義との狭間で引き裂かれたその懊悩の生涯からは、右と左という区分では見えてこない「ナショナリズムの功罪」が姿を現わす。大佛次郎論壇賞、アジア・太平洋賞大賞を受賞し、若き論客の登場が大きな話題となった書。

出版ダイジェスト:2008年3月
テーマ『受賞図書! どんな賞が存在しているのか この18冊が受賞図書!』より

店舗ニュース

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(21件)
★★★★★(5件)
★★★★☆(9件)
★★★☆☆(5件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

忘れられた亡命者の復権

12人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2005/10/09 11:15

評価5 投稿者:虚無坊主 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラース・ビハリ・ボースの名は、新宿中村屋からの連想で思い出す人もまだ少なくないであろう。しかし、日中戦争勃発以前に彼が日本論壇のオピニオン・リーダーの一人として活躍したことを、私は本書を読むまで知らなかった。また、日本に帰化してから、帝国議会議員となることを視野に入れて、差別的な国籍法の改正に動いたという事実にも驚かされた。戦後はその足跡も忘れ去られ、発表された論考はゴミ同然に扱われてきたと著者はいう。
本書の白眉は、日本のアジア主義者たちと対比して描かれるボース像であり、当時同じような環境にあった孫文との歴史的・思想的な接点である。1924年の神戸高等女学校で有名な大アジア主義演説を行う三日前、孫文は、ボースの日本での潜伏を主導した頭山満と八年ぶりに会見する。中国に対する二十一か条要求の取り下げと、特殊利権の返還を働きかけるためである。その孫文に対して頭山は先手を打って「…目下オイソレと(特殊権の)還付の要求に応じるが如きは我が国民の大多数が承知しないであらう」と述べたという。この発言をとらえて、著者は「現実主義に名を借りたポピュリズム以外の何ものでもない」と断じ、頭山を内田良平らとともに「思想を構築することを意図的に放棄」した「心情的アジア主義者」であり、「思想的アジア主義者ではなかった」と切って捨てる。短いが適切な評価であると思う。
ボースは日本の中国・朝鮮に対する帝国主義的政策を批判する論文を雑誌に数多く発表していた。日本国籍を既に取得こそしていたが、インド独立を悲願とした革命家として、思想的には孫文にごく近いところを伴走していたのである。発表の場を提供していたひとつが、心情的アジア主義者とは区別されてよい大川周明が主催していた行地社であった。
しかし1926年に開催された全亜細亜民族会議への関与を契機に、日本の帝国主義的姿勢への批判を次第に弱めていってしまう。満州事変勃発後は中国に対する帝国主義的政策批判を完全にやめる。このことに対する違和感こそが、著者のボース研究への衝迫となっていることは間違いない。なぜかという問いを胸に、思想的な系譜をたどっていく道行きの終わりには、しかしながら明確な解答はない。この手の主題を扱った本の通弊といってしまえばそれまでだが、主題そのものがアポリアを抱えているとみるべきなのだろう。
ともあれ、玄洋社・黒龍会系の人物を顕彰する書物の中で、半ば講談調で語られるのみの中村屋譚の中の忘れられた亡命者を、思想的な高みからとらえ直すという地道な作業を行った著者の労を高く評価したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本のアジア主義の虚偽に翻弄された若者

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2006/10/27 19:51

評価5 投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

第5回(2005年)大仏次郎論壇賞受賞作。
新宿中村屋のインドカリーは、インドの独立運動家ラース・ビハーリー・ボースが伝えたことは有名な話。中村屋のサイトにも載っていますし、店頭のメニューに必ずその写真と由来が紹介されています。
本書はそのボースを追った秀作。
1915年、ボースがやってきた日本には孫文をはじめ、アジア各国から祖国独立をアジアの中心日本の援助を必要とする革命家が集まってきていました。ボースは他のアジア諸国の革命家と知り合い、さらに日本の有力者(頭山満・大川周明ら)たちと交友し、祖国独立への協力を仰ぎます。
ボース自身の人柄の良さ、日本語や日本の風習を積極的に学ぶ姿勢は、瞬く間に知り合う日本人を虜にします。蛇足ながらベトナム王朝の末裔クォン・デは日本に馴染むことができず、祖国独立の情熱も冷めていきます。(『ベトナムから来たもう一人のラストエンペラー』)
どちらの革命家も志を達することができませんでした。日本の建前的な亜細亜主義、大東亜共栄圏構想に阻まれ、妥協し始めたボースは、日本とインドの谷間にはまり、インド人の信頼を失っていきます。
著者は一貫して当時の日本の態度に痛烈な批判の視線を注ぎます。帝国主義排斥を名目に亜細亜に侵出して行った日本。ボースは酒に酔い、寂しさをつのらせると決まって朝鮮人実業家・秦学文に電話をしたといいます。自分がインド独立の拠り所とした日本はまた、朝鮮人にとっては紛れもなく帝国主義国家でした。彼は無言で涙を流したそうです。
日本が掲げたアジア主義という虚偽の帝国主義が、アジアに悲劇をもたらしたのは、歴史が示すとおりです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中村屋のカレーの背景

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2006/09/29 01:51

評価5 投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 発売以来気になっていた本だったがようやく読む機会を得た。
 僕は もともと中村屋のカレーの大ファンであるが あの香り高いカレーの背景に かような劇的なものがあったと知って感銘を受けた。
 ボースという インドの独立に生涯を賭けた革命家の話である。
今 僕らにとって インドは案外遠い国だ。最近こそBRICSと称して 経済的に注目されつつあるが それもごく最近の話である。大半の日本人にとっては インドとはカレーや紅茶で知っている程度ではないかと思う。1970年代のヒッピー文化の際には インドは聖地だったらしいが。
 それだけに戦前の日本とインドの繋がりには新鮮なものがあった。ボースは 祖国の独立を願い 支配していた英国を憎む。その余りに 第二次世界大戦に突っ込む日本に同調していった姿は その後の歴史を既に持っている僕らにはつらいものもある。日本に同調しすぎて インドから「日本の傀儡」と見なされ 革命家としては挫折し 死を迎える。その意味では悲劇的な人生だ。
 しかし 精一杯人生を駆け抜けた爽快感が どこかに漂う。これは著者のボースに対する愛情に満ちた眼差しがなせる部分だと思う。
 今ではボースを知る人は少ない。中村屋のカレーは残った。
 インドに向き合う必要がある人には是非読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本に帰化したあるインド解放運動家の伝記

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2007/09/19 11:05

評価4 投稿者:あわ はちすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る


20世紀初頭は帝国主義国家が覇権を争う時代であった。当然帝国はその本質上植民地や植民地化を競う。西洋列強による中国への侵略、ロシアの中国東北部への進出、フランス、オランダのインドシナ半島の制圧、またロシアへの防衛本能から帝国主義化して獲得した日本の朝鮮半島支配。そしてこの本の主人公の故国、英国領インドの実態などである。

そんな歴史的背景のもと大正から戦前の昭和にかけて一人のインド解放運動家が日本での活動を展開する。その終始一貫した故国の植民地解放に対する情熱と行動力が当時の日本の政治、軍事風土や社会とどう交わったのか?それがこの著書のテーマである。内容的にはラース・ビハリー・ボースの伝記であるが著者は彼を通じて当時における日本の精神的風土の一端を浮かび上がらせる意図を表明している。それは玄洋社や猶存社のいわゆる帝国主義的打算の西洋列強主義ではない精神的なアジア主義者達の実態をである。

主人公R.B.ボースは1886年(明治19年)にカルカッタ近郊に生まれ15歳で反英独立運動に目覚める。26歳のときインド総督爆殺計画を実行してイギリス系官憲に追われる身に。その結果1915年(大正4年)危うく日本へ脱出。来日まもなく孫文や頭山満に会い玄洋社や黒龍会の庇護を受けるようになる。しかし英国外務省の追及は厳しく国外退去命令によって窮地に陥るがここで新宿「中村屋」の相馬夫婦の助けによって一時地下生活へ。その縁で相馬の娘俊子と結婚、日本に永住を決心(大正7)、やがて1922(大正12)年帰化する。後に中村屋の「インドカリー」をつくり当たる。

大正12年頃から言論活動を開始、徐々に知名度と交友範囲を広げインド解放運動への啓蒙とともにオピニオンリーダーとしての地位を築いてゆくが昭和5年の「満州事変」辺りから日本軍部の侵略性をインド独立の手段として利用する言辞が目立つようになる。

昭和16年「大東亜戦争」が勃発すると大東亜共栄圏内のインドという主張から日本軍のインドシナ侵攻作戦に便乗してインドの反英独立戦争を組織する為にバンコックへ。しかし日本の傀儡という烙印を押されチャンドラ・ボースと代表を交代。病に倒れ終戦の年(1945年)日本在住30年にして58歳で亡くなる。

ボースの波乱にとんだ生涯は大英帝国からの故国インドの独立、開放という目的にすべて捧げられた。英国を打倒する為には同じアジアを虐げている日本の軍部や政治家、アジア主義者と手を結ぶことも躊躇しなかった。特に晩年は英国を倒するのならヒトラーやナチスも礼賛した。この宗主国打倒のためには手段を選ばない強引さと思考上の矛盾のためにインド国民会議派のネルーなどからは日本の傀儡と批判される。

著者はそんなボースやそれを取りまく日本の「大東亜共営圏」や「八紘一宇」のプロパガンダを推進する勢力を批判的に捉えながらも全否定する危険とボースが持っていた西欧近代主義に対する精神的なアジア主義の中に共感するものを見出そうとしている。ボースが亡くなって62年、大戦後の中国、韓国、東南アジア諸国、インドなど当時の搾取されていた諸国は一応独立を果たした。しかしボースが望んでいたような西欧近代主義を包摂するような宗教的意味も含めたアジアからの世界観という理想が実現しているだろうか。「アジア的」とは何か?今後とも問われる問題でありその啓蒙の一冊としても面白い。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2006/10/17 21:46

インド独立運動に一生をささげたボースの生涯を描いたもの。新宿のお菓子屋である中村屋にどうしてカレーもあるのか、という問から始まっているものの、それはほんのエピソードで(しかし、中村屋の娘は父の正義感に感じてかボースに嫁ぎそして夭折する。彼女の心の中がどうであったかはほとんど描かれていないのは不満)、中心は、ボースがいかにアジア主義を掲げる日本に期待し、そして失望していくかを描くことにある。大東亜共栄圏をいかに声高に唱えようと、その本質が欧米にかわる日本による支配の実現にあることはインド革命家の目にもあきらかであった。それにしても、ボースの娘に多くの資料を提供され、本書を完成させるまでのいきさつがほとんど書かれていないのは少々もの足りない。

評価4 投稿元:ブクログ

2005/05/05 01:23

やはり、警察の目を盗んで中村屋に逃げ込む所が一番手に汗握った。ボースだけでなく、中国から日本に逃れてきた「革命家」の多くも、最後には日本側に取り込まれる運命を辿った。是非は兎も角、もう一度中村屋の「インドカリー」を食べに行こう

評価0 投稿元:ブクログ

2010/08/10 08:03

インド独立運動を日本で展開した、中村屋カレーパンの生みの親でもあるボースの記録。
日本史の中では有名な人だったのかな?初めて知った。
著者が30そこそこでこれだけのものを書きあげたのに、感心するとともに、同年代の自分としては若干焦る。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/05/31 22:42

新宿中村屋のインドカリーの源は、日本に亡命してきたインド独立運動の闘志だったとはつゆ知らず。大正期の知識階級の亜細亜主義の潮流を知るにも好適の一冊。今やアジアで一番元気なインドとの交流の歴史にもっと光を当てて良い時期に来ているのでは?

評価5 投稿元:ブクログ

2007/04/25 18:53

日本に亡命し、インド独立運動のオピニオン・リーダーとして活動したラース・ビハーリー・ボースの伝記です。
「中村屋のボース」というのは、彼が新宿の洋菓子店『中村屋』に匿われ、その恩返しとして本場のインドカリーを伝えたことから付いた呼称です。
日本で最初に本格的インドカリーを広めた「中村屋のインドカリー」ですが、その裏には近代日印関係の壮大なドラマが秘められていました。
日露戦争で勝利し、国際社会での地位を高めつつあった日本へのアジア解放の期待。
その一方で、朝鮮・中国を侵略し、英国と同じような帝国主義路線を突き進む日本への失望。
やがてインド独立のため、日本の侵略路線を擁護せざるを得なくなり、不本意ながら同胞たちから日本の傀儡視されたボースの苦悩が描かれています。

・・・正直この本を知るまで、ラース・ビハーリー・ボースという人物の存在をまったく知りませんでした(汗
インド独立運動の指導者で「ボース」という名であれば、「チャンドラ・ボース」を知ってただけです。
ついでに、新宿の中村屋も、単にそういう洋菓子店があるということだけしか知らず、普段新宿を通る時にもまったく意識してなかったので、まさかそのお店で本格的インドカリーを食べられるとも思ってませんでした。
しかしこのラース・ビハーリー・ボースの存在を知ってから、ムチャクチャ食いたくなりましたねw

ニン、トン♪

評価4 投稿元:ブクログ

2009/01/08 22:05

2009年初読書はこの本。おお面白い! 
中村屋にインドカリーを伝えたと言うインド独立の闘士ラース・ビハーリー・ボースの伝記でございます!
インド独立の大義の下、兵士を煽動して反乱をたくらみ英国総督を目論んだ挙げ句指名手配の身となった結果日本に亡命したものの、英国に身柄を引き渡そうとする日本政府に目をつけられたボース。しかし、玄洋社の頭山満や黒龍会の大山周明と言った近代日本の黎明に燦然と名を残す大物アジア主義者たちの庇護を得て、当時一介のパン屋であった中村屋に身を隠すのであった!
・・・ええいったいどこの冒険小説ですか? 
いっそ大河ドラマの主人公にしたらものすごく面白いんじゃないかと言う。
プラグマティストが昂じるあまりの後年の立ち居振る舞いも含めて、大変素晴らしゅうございました・・・・!
のっけから本年のプラチナ本。まあ数年前の刊行ではあるんですが☆ 読んで損無し!

評価4 投稿元:ブクログ

2007/08/14 19:57

『インドの時代』と同じ著者による本。色んな世界が、運命の糸でつながっていることを感じる一冊。巧みな構成は、そこらへんの小説家よりも数段上!

評価3 投稿元:ブクログ

2013/10/28 05:20

新宿中村屋へは、親子3代でお世話になっている。特に、亡くなった祖母と新宿で買い物をすると帰りに中村屋でカレーを何度もごちそうしてくれた。 インドカリーは中村屋に居候になっていたインド人の留学生が伝授してくれたものというのは聞いていた。 でもこの本を読んで、ボーズはたしかに留学生、でもただの留学生では全くないことを初めて知った。 インド独立運動のリーダー的存在が日本に永住すること自体不思議な運命のめぐりあわせだが、そこに中村屋がからんでいて、インドカリーができて、そしてボーズの独立運動家としての運命があって。。 小説として書かれたものではないので、よけいに「時代」を感じてしまった。 

評価3 投稿元:ブクログ

2011/03/02 01:36

お世話になっているインドの御坊様のお知り合いが書かれている本。

1915年、日本に亡命したインドの闘士。新宿の中村屋に身を隠し、アジア主義のオピニオンリーダーとして、インドの独立を指導したRBボース。

中村屋のカリーの奥深さもあわせて知る本です。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/12/15 20:51

理想が現実に屈したのだと感じた。そして冷静さを失い周りの状況が見えなくなってきたのではないか。今も昔もそんなに変わらないのが人間の性なのであろう。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/10/07 20:33

インド独立のために奔走したボース氏の事は本書で初めて知った。どの国にも苦難の歴史があり、欧米のデモクラシーが善悪で定められていることによって、この様な過去の苦労があること、それが今の日本やインドに繋がっていることを、理解できた。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.