サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ ポイント2倍(~7/31)

熱い闇(MIRA文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

熱い闇 (MIRA文庫 愛と勇気のマッケンジー家)

著者 リンダ・ハワード (著),上村 悦子 (訳)

熱い闇 (MIRA文庫 愛と勇気のマッケンジー家)

782(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2005/10/29 12:18

投稿元:ブクログ

『誇り高きマッケンジー家』の第二話、原題は『マッケンジーのミッション』。長男で米空軍大佐(後に大将)ジョーのロマンス。

2005/12/04 14:42

投稿元:ブクログ

前作、マッケンジーの山の主人公ウルフの息子ジョーが主役の物語です。すでに前作の中で将来主人公の座を奪いそうな予感はしていましたが、その読者の期待を裏切らない内容です。空軍で、パイロットでハンサムでアイスブルーの目を持つジョー。誰よりもハンサムな上、頭がきれ、さらに誰よりも早く出世街道を駆け登っている男が主人公でおもしろくないはずがありません。スピード感もあり、一気に読めますが、ラブシーン描写が多いので人前や通勤電車での読書には不向きです(笑)

2009/02/24 00:00

投稿元:ブクログ

天才的な頭脳を持つレーザー研究者のキャロラインは、戦闘機開発の特別プロジェクトのためネバダの基地に招かれた。上官は数々の功績を誇る伝説のパイロット、ジョー・マッケンジー大佐。オフィスに赴いたキャロラインは、彼女の身元調査書を手にしたジョーの言葉に耳を疑った。「君は男とつきあったこともないようだな。いくら優秀でも、荒っぽい男ばかりの空軍基地ではトラブルのもとだ。連中が手を出せないように、君は今日から僕の女になればいい」。

リンダの「愛と勇気のマッケンジー家」シリーズの二作目。
ヒーローはマッケンジー家の長男、ヒロインは戦闘機のレーダー技術者。天才故の性的成長遅延に悩んでいるヒロインと、そんな初心なヒロインに心を奪われていくヒーロー。いかにも男性優位主義なヒーローの態度はいただけない。技術者としてやってきたヒロインなのだから、ちゃんと仕事をできるように図るのも指揮官の仕事だろうに。それをいいように扱っているとしか思えない部分があって、ヒーローに賛同できない点が多々。ただヒロインのほうは開き直ってしまうと強い。本当に結局は女性が強いということを証明しているよう。ヒーローに惹かれていることを自覚してからは、ジタバタせずにセックスに及ぶあたり、あっぱれな性格。そして発生した事件にも怯んだりせずに理論的に対応できる精神力の持ち主。それに対してヒーローのほうはたいしたヘタレ具合で。あっさり敵にやられたり、ヒロインに「一度寝たくらいで」と言われただけでカッとなったり。本当に空軍の大佐なのかと。少年時代のヒーローの明かされた驚愕の事実ははたして本当に必要があったのか、ちょっと疑問。

2010/01/18 22:42

投稿元:ブクログ

マッケンジー一家の長男ジョーのロマンス。あの寡黙で優しい彼の子供時代の悲惨な体験に思わず・・・。家族を誰よりも大切にする人物が愛した女性も素敵な人でよかったわぁ。でも内容的に今ひとつ盛り上がりにかけててアッサリすぎないか?