サイト内検索

詳細検索

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. テクノロジストの条件 ものづくりが文明をつくる
テクノロジストの条件 ものづくりが文明をつくる

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:20cm/295p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-30072-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

テクノロジストの条件 ものづくりが文明をつくる (はじめて読むドラッカー)

著者 P.F.ドラッカー (著),上田 惇生 (編訳)

イノベーションとは、天才のひらめきではなく仕事である。自らのアイデアと知識を行動に結びつけるうえで、必要な技術のマネジメントとは。技術が文明に果たしてきた役割とその可能性...

もっと見る

テクノロジストの条件 ものづくりが文明をつくる (はじめて読むドラッカー)

1,944(税込)

テクノロジストの条件

1,555(税込)

テクノロジストの条件

ポイント :14pt / 紙の本より389おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イノベーションとは、天才のひらめきではなく仕事である。自らのアイデアと知識を行動に結びつけるうえで、必要な技術のマネジメントとは。技術が文明に果たしてきた役割とその可能性、イノベーションの方法論を説く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

P.F.ドラッカー

略歴
〈ドラッカー〉1909年ウィーン生まれ。フランクフルト大学卒業。米国クレアモント大学院大学教授。著書に「現代の経営」「明日を支配するもの」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.2

評価内訳

ドラッカーのMOTの思想と哲学が、経営思想と織り合ってここに!

2005/08/03 14:45

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平野雅史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今更言うまでもなく、ドラッカーはマネジメントの産み・育ての親と言われるほどに多大な影響力を持つ経営思想家である。そのドラッカーによる経営思想が織り重なり、MOT(技術マネジメント)の哲学として再編纂された一冊が本書である。
 MOT勃興の折柄、具体的な技術論を身にまとうことは大切だが、本書における論考はMOTやもの造りの背骨となる哲学・思想に向けた視座を提供する。

 まず、私の目をひいたのは書名に掲げられた「テクノロジスト」という言葉。文系の私にはあまり聞き慣れない言葉だし、この言葉を用いた書名は他書に見当たらない。サイエンティストに止まらず実践と行動とを伴った技術のプロフェッショナルの必要性を説く言葉である。プロフェッショナリズムの啓蒙に尽力してきたドラッカーらしさをこの言葉に表象しており、本書にはこの名に違わないMOTの太い背骨がある。
 また、冒頭「文明の変革者としての技術」の一編は、文系でも理系でもなく、科学でも社会学でもなく、マネジメントでも技術者でも科学者でもなく、各者の視点を俯瞰する技術への歴史的考察がなされている。こうした普遍的洞察力が、経営思想家としてのドラッカーの魅力の中核であると思われ、MOTを扱う本書においてもこれは変わらないのだ。
重ねて、技術は仕事や社会を通じて初めてその意味を理解できるという示唆は、技術への視野狭窄・近視眼に警鐘を鳴らし、技術と社会とを結節する単純だが深遠な示唆である。

 ドラッカーの深く・広い洞察は、今普及が急がれているMOTに哲学と強い風を与える。加えて、イノベーションを必然とせざるを得ない今後の先進国における企業活動に理念の基盤を与える。
 例えば一ツ橋イノベーション研究センター『イノベーションマネジメント入門』やクリステンセン『イノベーションのジレンマ』など他にも良書はあるが、本書は、MOTの哲学に触れる貴重な機会をリーズナブルに提供する一冊と言えるのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

内容紹介

2005/07/05 13:43

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダイヤモンド社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラッカーはものづくりの技術が文明をつくるという。だからこそ、彼は60年以上に亘って技術のマネジメントに力を入れてきた。文明・技術・マネジメントを論じて、ドラッカーの右に出る者はいない。ところが残念ながら、これまで技術を中心にまとめた著作がなかった。
本書によって、技術の大家としてのドラッカーがその全貌を現わす。本書はいわば理系のためのドラッカーであり、文明のための技術論である。だが、それらをはるかに超えたものでもある。一読するならば、まさに世界観が一変する。これまでわだかまっていた疑問が氷解する。少なくとも問題の解釈と問題解決への道を自分で見つける道標を得ることができる。
文明における技術の意味、その歴史、可能性、方法論を教える本書は、技術というものの価値、イノベーションの本質を学ぶ上で格好の入門書となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/13 00:57

投稿元:ブクログ

ドラッカーの本は経営者向けのマネジメント系の本が多いのですが、これは技術者向けの本です。技術者の持つ技術が社会や顧客に貢献するためには、何に配慮すればよいかについて述べられてます。つまり、組織の中で技術者が貢献するためには、誰がなぜその技術を求め、誰がどうやってそれを普及させていくかまでイメージすべきと説いており、それができる人をテクノロジストと定義しています。また、技術者で無い人が技術と技術者をマネジメントすることの重要性にも触れています。実例と理念のバランスがよく、イメージがつかみやすいです。ドラッカーや技術が社会に与える影響に興味のある理系の人は必読です。

2007/08/07 23:18

投稿元:ブクログ

ドラッカー3冊目だし、同じようなことが書いてあるわと一瞬だけ思った私。
いやいや、ドラッカーはそんなにうすぺらくはありませんでした。
またしても触発され・・・。
イノベーションは技術ではないというところは昔から思っていた私の意見と一致(おこがましいですが)
ドラッカーに鼓舞してもらいながら事業計画を進めたいと思います。

2006/06/13 22:25

投稿元:ブクログ

理系文系関係とわず、なるほどと思わせる本だと思います。
変化の波を感じたら恐れずに、ただあくまで慎重に、乗っていけばいいんじゃないかな。
進むのにもリスクがあるけど、とどまるのにも大きなリスクがある。大きな変化の時には特に。

2010/06/30 11:41

投稿元:ブクログ

イノベーションとは、天才のひらめきではなく仕事である。みずからのアイデアと知識を行動に結びつけるうえで必要な技術のマネジメントを説く。ドラッカー技術論の集大成。

2007/07/22 12:23

投稿元:ブクログ

世界で活躍するエンジニアになりたい方に、是非読んでいただきたい本です。一般的に企業などの組織内で、エンジニアとして仕事をする時、それは専門的・分業的にならざるを得ません。よってエンジニアが所属する組織の構造は、縦割り方のピラミッド構造になるわけですが、結果、この構造がエンジニアの生き方を大きく拘束します。技術を使うのではなく、技術に使われるようになります。
そうじゃないだろう!エンジニアだって、もっと自由な生き方があるはずだ!自分と関わる組織の生産性を高め、世界中のプロフェッショナルとワクワクする仕事をする、そんなゾクゾクする働き方があるはずだ!そう強く思う方、ここにそのヒントが載ってます!
BLS中部推薦/元代表 梅舘

2008/01/01 23:55

投稿元:ブクログ

世界で活躍するエンジニアになりたい方に、是非読んでいただきたい本です。一般的に企業などの組織内で、エンジニアとして仕事をする時、それは専門的・分業的にならざるを得ません。よってエンジニアが所属する組織の構造は、縦割り方のピラミッド構造になるわけですが、結果、この構造がエンジニアの生き方を大きく拘束します。技術を使うのではなく、技術に使われるようになります。
そうじゃないだろう!エンジニアだって、もっと自由な生き方があるはずだ!自分と関わる組織の生産性を高め、世界中のプロフェッショナルとワクワクする仕事をする、そんなゾクゾクする働き方があるはずだ!そう強く思う方、ここにそのヒントが載ってます!(ちなみに,この本を読んで,技術者が社会に果たすべき役割を確信し,会社を辞めることを決意しました.)

2014/07/17 08:24

投稿元:ブクログ

知識労働の時代において、仕事の質、価値とは何か、そう考えたとき自分の仕事とは何か、何をすべきか再考させられる一冊

2009/01/27 00:00

投稿元:ブクログ

 以前読んだ『プロフェッショナルの条件』と同じく、「はじめてのドラッカー」シリーズ。『プロフェッショナルの条件』に感銘を受けたのでさらに読んでみたくなって本書を購入した。このシリーズは他に『チェンジ・リーダーの条件』と『イノベーターの条件』があるが、基本的に経営者向けであるため自分に関係ありそうなのはタイトルからして本書だろうと判断した。

 しかし本書のいう「テクノロジスト」とは私がイメージしていたものとは違っていた。私のイメージは技術者+マネージャーで、理系出身の経営者のようなものだ。しかしドラッカーの言うテクノロジストとはむしろ商売感覚を身に付けた職人。いわゆる“手に職のある人々”がみずから顧客の要望を吸い上げて仕事を進めていくといったイメージだ。

 それはそれで重要なことだとは思うが、私自身がそういうタイプの「テクノロジスト」になれるかと言えばいまさら難しいというのが正直な話。できるとすれば、そういう人々を手助けしたり活用したりという程度でしかない。

 また、本書はこれまでに出版された複数の著作からテーマに沿った部分を寄せ集めて構成しなおしたものであるためか、最初から最後まできちんとした流れができていない感じもする。似たような話が繰り返されたり、急に飛んでしまったり。残念ながら『プロフェッショナルの条件』を読んだ時ほどの感銘は受けなかった。

2010/01/05 00:27

投稿元:ブクログ

イノベーションとは天才のひらめきではなく仕事である。
現代社会は自らの知識の基盤として理系、文系両方の人を必要とする。
特に理系のことがわかる文系の人を必要とする。専門分野や方法論しかわからない人ではなく、知識を仕事に適用できる人を必要とする。新しい知識を生み出す人だけでなく新しい知識を日常の活動に適用できる人を必要とする。

2014/07/07 21:52

投稿元:ブクログ

読んでいて、かなり苦痛な本だった。
テクノロジストとは、知識労働者のうち、肉体労働も行うもののことだそうです。
生産性をあげるには、という話だけ少し興味があって、
どういう仕事なのかを認識する
仕事の品質をあげる
知識労働者であることを意識する
だそうです。確かに、と言えなくもない。
あとは流し読みした。

2010/03/19 00:27

投稿元:ブクログ

各パートの書かれた年代は驚くほど昔なのに、普遍的かつ今でも通用する、というか日本企業が未だ到達していない理論に目を開かされることばかり。単なるテクニックでは断じてなく、哲学のレベルで理論の土台ができていることが、他のビジネス本では類を見ない深さを生みだしているように思う。

2010/10/16 22:13

投稿元:ブクログ

物識り爺ちゃん・ドラッカーの、お小言シリーズ。
表題は精確には『テクノロジストを雇う経営者の条件』ですね。

おなじみの断言形びしばし羅列、M.ウェバーもマルクスも「偉大じゃが古いんじゃよ、もう」と一刀両断の小気味良さ。IBMもGMも昔ぁしょぼい中小企業だったんだ、頑張らんか若いの!これからはお前たちの時代じゃ!と、大量の歴史事項を並べエールを送ります。

なるほど管理職やコンサル連中に人気があるわけです。
たくさんの条件箇条書き列挙を読むだけで、なんだか把握したような気になりますもん。

2012/07/16 08:40

投稿元:ブクログ

 社会生態学者のピーター・ドラッカー氏は数多くの著作を残しているが、本書は技術に関する氏の著作15点とインタビュー記事を抜粋したものである。
 近年になってMOTや技術経営という概念が一般的になったが、技術をマネジメントする必要性を氏は1970年代から提唱している。本書を読めば、最近話題になった数々のイノベーション理論の原点が氏の著作にあることが理解できる。
 技術に関わるものにとってはPart2「技術のマネジメント」、Part3「イノベーションの方法論」がも最も興味をひくであろうが、技術と社会の化関わりについて記したPart1「文明の変革者としての技術」、Part4「世界観の転換」にも注目したい。
 特に14章「知識の意味を問う」では知識人や技術者の倫理や社会に対する責任についても述べられている。CSRや製造物責任の概念も広まりつつあるが、形式的なものになっていないだろうか?東日本大震災や原発事故に関する様々な論争を見ると、研究者や技術者と社会とのコミュニケーション不足が問題を複雑にしているようにも見える。「知識社会において、最大の問題は知識ある者の責任である」という氏の指摘を改めて自らに問う必要がある。

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む