サイト内検索

詳細検索

全品ポイント2倍(~8/31)

愛の忘れもの
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: ハーパーコリンズ・ジャパン
  • サイズ:17cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-596-81311-4
  • 国内送料無料

紙の本

愛の忘れもの (ハーレクイン・スティープウッド・スキャンダル)

著者 ゲイル・ウィティカー (作),名高 くらら (訳)

女学校の教師ヘレンは新入生の後見人と対面し、冷汗が噴き出した。家庭教師をしていた家で雇い主に抱きつかれた時、偶然彼が現れ逃げることができたのだ。私のことなど忘れていますよ...

もっと見る

愛の忘れもの (ハーレクイン・スティープウッド・スキャンダル)

691(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

女学校の教師ヘレンは新入生の後見人と対面し、冷汗が噴き出した。家庭教師をしていた家で雇い主に抱きつかれた時、偶然彼が現れ逃げることができたのだ。私のことなど忘れていますように。目を伏せうつむいたヘレンだが…。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

裏の主題(?)も興味深いです。

2005/07/19 14:47

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りあ - この投稿者のレビュー一覧を見る

11冊目となった「スティープウッド・スキャンダル」シリーズ、
今作もいい作品でした。
ヒロイン・ヘレンはアフロディーテの醜聞のヒロイン・デジレーの友人として登場していました。
デジレーは教え子の父親に襲われていた所を見られ、
それが原因で学校を去りますが、
ヘレンも過去に家庭教師をしていた時に同じような経験がありました。
その現場を目撃したのがオリヴァー・ブランドン。
彼はそれが原因でヘレンを妖婦と思い込んでいます。
そんな彼が今は学校の教師として
しかも彼の被後見人を教える立場にあるのですから
一悶着あるのは必至です。
ところで、このシリーズを通して感じるのが
女性の権利、地位の低さです。
それを前面に押し出している作品はないのですが
登場人物の幾人かはそれで涙していて、
何作か続けて読むとこれがシリーズの裏の主題なのではと思うのです。
ヘレンもそれがあってオリヴァーから非難され、
友人のデジレーも同様に非難されました。
またオリヴァーの被後見人ジリアンも
女性ゆえの規制に縛られ苦しみ危機にも直面しています。
そういう面から読んでみるのも
現在の欧米女性の地位に至る苦労も考えられて面白いと思いますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ロマンス小説 ランキング

ロマンス小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む