OP 全品ポイント2倍(~7/14)

そらをとんだ本
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:2005.9
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:27cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-06-262607-1
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

そらをとんだ本 (講談社の翻訳絵本 ピュア・セレクション)

著者 ピエール・ロリ (文),レベッカ・ドートゥルメール (絵),中井 珠子 (訳)

ほら、とんでごらんよ。マリオンのかばんから、すべり落ちてしまった「本」。かささぎの巣の中で、ひなたちにイカロスの話をするうちに、自由に空を飛んでみたくなって…。知らない世...

もっと見る

そらをとんだ本 (講談社の翻訳絵本 ピュア・セレクション)

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ほら、とんでごらんよ。マリオンのかばんから、すべり落ちてしまった「本」。かささぎの巣の中で、ひなたちにイカロスの話をするうちに、自由に空を飛んでみたくなって…。知らない世界に飛び出しちゃった本のお話。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ピエール・ロリ

略歴
〈ロリ〉1937年パリ生まれ。
〈ドートゥルメール〉1971年フランス生まれ。「恋するひと」でソルシエール賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

さぁ、扉を開いて、本と一緒に新しい世界へ

2007/04/14 23:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チャミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初の作者の言葉が素敵です。
「本はまどににています。本をひらくと心の窓が開いて、知らない世界に飛び出せます」。
そう、本は自分の知らない世界へ誘う知識の扉。時に心を癒し、時に勇気を与え、時に心震えるような感動も提供してくれます。
でも、意思のない本が自ら扉を開けてくれるわけではなく、わたしたちが自ら開かなければ、その世界へ飛び込むこともできません。
でも、本が意思を持っていたら…。そして、本自らが飛び出してしまったら? これはそんな不思議な本のお話です。
女の子のかばんから落ちてしまった本。鳥に運ばれ、巣でひなに出会った本は風の力を借りて、ひなたちに本の世界へ誘います。風に乗って舞い上がる本。「とんでごらんよ」という本の言葉に、ひなたちも大空へ飛び立ちます。さぁ、本はどうなるのでしょう。
本が擬人化されているものの、目や鼻などは描かれていません。本から零れ落ちるアルファベットの文字、風に舞うページ、表紙の開き具合…その巧みな表現でまるで本が生きているように描かれているのが素敵です。物語に躍動感を与えるようなスタイリッシュなイラストが魅力の絵本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/19 04:34

投稿元:ブクログ

2011年12月19日

<LE LIVRE QUI VOLE>
  
装幀/城所潤(ジュン・キドコロ・デザイン)

2009/03/17 09:41

投稿元:ブクログ

ほら!とんでごらんよ。ぼくみたいに!はじめての世界に飛び出した本は、風にのってぐんぐん空へ。本をひらくと、わたしたちはしらないせかいにとびだせる。でもこれは、しらないせかいにとびだしちゃった、本のおはなし。 /文字が本からあふれている絵がおもしろい2009/02/22

2016/05/25 15:24

投稿元:ブクログ

女の子マリオンのかばんから落ちてしまった本のお話。
知らない世界に飛び出した本は、鳥の雛たちと空を飛んで・・・どこにいくのでしょう。

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

サイト内検索

キーワードを入力