サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. Black blood brothers 4 ブラック・ブラッド・ブラザーズ倫敦舞曲
Black blood brothers 4 ブラック・ブラッド・ブラザーズ倫敦舞曲(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

Black blood brothers 4 ブラック・ブラッド・ブラザーズ倫敦舞曲 (富士見ファンタジア文庫)

著者 あざの 耕平 (著)

Black blood brothers 4 ブラック・ブラッド・ブラザーズ倫敦舞曲 (富士見ファンタジア文庫)

670(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

BLACK BLOOD BROTHERS4-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 倫敦舞曲-

463(税込)

BLACK BLOOD BROTHERS4-ブラック・ブラッド・ブラザーズ 倫敦舞曲-

ポイント :4pt / 紙の本より207おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

かつて人間だったジローさん。

2007/05/19 13:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中乃造 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間を意味するレッド・ブラッドに対し、ブラック・ブラッドは吸血鬼種族のこと。
BBBは近未来的架空世界が舞台の吸血鬼物語です。癖のあるキャラクター達が飛び交い、闘って闘って闘うライトノベル——というのが、これまでの展開に対して抱いた印象でした。キャラクターが好きなのと、なかなか明らかにされない設定を知りたくて読んできました。
で、今回は個人的に「ついに!」と言いたい過去編。ジローが吸血鬼になる以前、望月次郎だった頃のお話です。ただでさえ望んでいた「ジローの過去」であることに加え、それだけでごはん三杯食べられるよという十九世紀末のロンドンが舞台。ストーリー展開も、今回はじっくりと腰を据えて堪能する感触でした。既刊を飛ばしてこれ一本でも十分に楽しめそうな気がします。
大日本帝国海軍少尉の次郎が留学中のロンドンで、連続殺人事件が起こります。この事件、かつての切り裂きジャックが吸血鬼になって蘇ったと噂されています。シリーズがシリーズなので言うまでもなく、噂は真実です。実在したジャック・ザ・リパーに関して、吸血鬼なり! と扇動的に語られることは少なくありませんが、正真正銘吸血鬼だという設定は意外にも意外性が高く面白かったです。他にもちょっとした吸血鬼アイテムがふんだんに散らしてあり、それが好きな自分にはいちいち楽しいものでした。
日本海軍中尉が被害者になったことで、望月次郎は事件に関わっていき、その中でカーサやケイン、そしてアリスと運命的に出逢います。つまりは闇の世界に足を踏み入れてしまいます。
正直なところ、アリスを私は好きになれずにいたのですが、今回の終盤はさすがにグッとくるものがありました。次郎を想ったアリスの気持ちは想像を遙かに超えたところにあるのでしょうが、その総てが冒頭のリリックに表現されていると思います。
長いスパンでの次郎の物語も良かったです。今となっては慇懃無礼の権化みたいな彼ですが、実直な青年だったロンドン時代、そして祖父と過ごした幼い日々。厳しくて大変な偏屈だった祖父との思い出は微笑ましく、また剣士としての成長を見ることが出来て、とても楽しかったです。
相変わらず読み逃せない吸血シーンですが、今回エロさは薄い一方で過激度は増していました。クライマックスのここに至って一見ロマンチックなサブタイトルの意味を知り、複雑な感動を味わいました。
さて、過去編を読めて欲求は解消されたかというと全くそうではありません。今回語られたロンドンから現在に至るまでに何があったのか。もどかしさは募るばかり。どうしてジローはこんなにひねくれたのか(笑)……そしてなにより、彼の刀が「銀刀」になる経緯も。本編でも既に触れられている「九龍ショック」がやはり要なのでしょう。いそいそと読み進めようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/11 01:03

投稿元:ブクログ

今回、過去編です。望月ジローが「望月次郎」だった人間の頃のお話。名前から江戸時代の方だと思ってましたが、いやはや。

2006/12/01 19:21

投稿元:ブクログ

ジローさん昔話。オールバックで軍服!!
僕っ子アリスはあんまり好きじゃないんだけど、カーサが何か可愛い。
ラストのアリスの台詞がよく分からなかったです。

2006/08/29 20:43

投稿元:ブクログ

今回は過去編。ジローが吸血鬼になった日に話。

ジロー様にもこんな過去があったかと思うと、意外だった。

2006/10/30 14:18

投稿元:ブクログ

アリスとカーサと望月次郎の出会い。次郎がジローになった経緯と瞬間を描く。夕日とファンファーレ。先輩と後輩。人間と吸血鬼。場所は倫敦。

2006/11/20 23:41

投稿元:ブクログ

表紙を開いて読んで見た瞬間、買い間違ったかと思ってしまいました……。いきなり100年前に逆戻りはないよなぁ。

2009/10/26 06:52

投稿元:ブクログ

あー、楽しかった! このシリーズでは初めて(?)の恋愛メインなストーリーでした。ジローと賢者イブとの出会い編。
ジローが青臭くって、素直で一所懸命で可愛かったです。

2015/02/07 21:51

投稿元:ブクログ

ジローさんの過去のお話。確か、秋山さんって実際にいた軍人さんで、読んだ当初「うお!?」ってなりました。

2014/09/10 20:23

投稿元:ブクログ

評価:☆4

人間・望月次郎から、吸血鬼・望月ジローへ。これは長い長い闇の歴史における、知られざる一頁。百年の夜の幕開けの物語。――その夜、私は恋に落ちた――

今巻は過去編、ということで舞台はイギリス。次郎が吸血鬼になる経緯を書いた一冊となります。

産業革命時代のイギリスの雰囲気がよく出ていた(行ったことないけどw)。

偶然アリスと出逢ったジロー。
目的を失ったとき、カーサからアリスが上の空になっていると聞いて発奮するジローがいい!
やはり男が動くのは女の子のためでしょう!(笑)

何だかんだでアリスには心を開いているカーサ、それを守るケイン、ジローと師匠の話など、過去編ならではの興味深いエピソードもよかったね。

後は何と言っても親友、真之がジローを送り出すシーンが最高だった!
「馬鹿め」
「……はい」
「大馬鹿め」
「……はい」
「この……救いようのない、大馬鹿者めっ!」
「……はいっ」
「行け!」
「はいっ!」

『ごめんなさい、ジロー。あなたに恋した、わたしを許して――』

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む