サイト内検索

詳細検索

紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. スティーブ・ジョブズ 偶像復活
スティーブ・ジョブズ 偶像復活

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 84件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.11
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:20cm/527,15p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-492-50147-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

スティーブ・ジョブズ 偶像復活

著者 ジェフリー・S.ヤング (著),ウィリアム・L.サイモン (著),井口 耕二 (訳)

コンピューター、映画、音楽の3つの産業に革命をおこした「ミスター・インクレディブル」。アップル追放後の、CGアニメ映画の開拓、アップルCEOへの復帰、そして音楽ビジネスへ...

もっと見る

スティーブ・ジョブズ 偶像復活

2,376(税込)

スティーブ・ジョブズ

2,376(税込)

スティーブ・ジョブズ

ポイント :22pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

コンピューター、映画、音楽の3つの産業に革命をおこした「ミスター・インクレディブル」。アップル追放後の、CGアニメ映画の開拓、アップルCEOへの復帰、そして音楽ビジネスへの参入などの「第2幕」を描いた評伝。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジェフリー・S.ヤング

略歴
〈ジェフリー・S.ヤング〉『マックワールド』誌の創刊、『フォーブス』誌の社外エディター等を務める。共同創設者としてForbes.comを立ち上げる。
〈ウィリアム・L.サイモン〉「欺術」など、20冊以上の著作がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー84件

みんなの評価4.2

評価内訳

チャンスは三度ある

2007/05/11 23:08

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nanako17girls - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アップル・コンピューターの生みの親であり、全米でも屈指の億万長者であり、テクノロジー界の異端児である、スティーブ・ジョブズの半生を書いたのが本書。いいタイミングでの出版であったと思う。CGアニメーションの成功。iPodで音楽ビジネスの改革。追放されたアップル社でのCEOの返り咲き。本書はスティーブの半生記でもあり、アメリカのIT界の歴史でもあり、アップル社の社史でもある。
 怒りっぽく、短気であり、わがままであり、偏屈であり、そして人を惹きつける魅力をもった人物としてスティーブが書かれている。そんなかれが世界一「クール」な会社(=アップル社)の創業者であり、現在もCEOとして活躍している。まさに「生ける伝説」である。
 やはり一番興味深かったのはiPodの開発であり、成功である。音楽は人々を虜にしてやまない。とくに若者文化では顕著である。いつの時代の若者も音楽は友達である。ネットで音楽配信をするというアイデアは他社でも既に行われていた。ナップスターがその代表例である。しかし、後発と思われていたアップルが現在、圧倒的なシェアを誇っている。その理由はひとつではない。ただ、そのヒントになるのはスティーブというカリスマの存在かもしれない。かれがこだわったのは、デザイン、だれでも簡単にできるインターフェイス、そのおくにある「思想」これらの要因が考えられる。
 その「思想」とは何か。本書にはその答えがない。しかし、そのヒントはちりばめられている。「あたらしいもの」好きなひとにオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/07 21:43

投稿元:ブクログ

読んでまず持った印象は「物足りない」ということ。

以前読んだ『スティーブ・ジョブズの再臨』はアップルへスティーブが舞い戻るまでの間が綿密に書かれていたため中身の充実度が非常に高かった。

それに引き換え、本書はスティーブのこれまでの歴史を満遍なく伝えようという意図が伝わり、それが却って散漫な印象を持たせる結果につながったように思える。

ピクサーの買収などに関する記述は『スティーブ・ジョブズの再臨』を読んだぼくからすれば少々唐突に感じたのも上記のように感じた理由のひとつ。

ただし、アップルの復活をさらに印象付けるiPodに関する記述は本書が詳しいと思われるので(筆者にはさらに過去の部分に関しては他書に譲るという意図があったのだろうか)、この辺りの歴史などに関心のある人、もしくは、スティーブおよびアップルについて網羅的に知りたいという人にはこの本はエントリーレベルとして最適だと思う。

そして、さらに詳しく過去のことを知りたければ他書をあたるのが賢明でしょう。


スティーブの半生は、1冊では収まりきれないほど多くのエピソードに満ち溢れているということですかね。

2009/01/22 04:31

投稿元:ブクログ

ラスベガス・ツアーの飛行機で読んでみました。

昨今、危篤説が流れたりと話題に事欠かない、アップル創業者、現CEOのスティーブ・ジョブスの伝記。

養子として育てられたことや、あまりに傲慢な態度・性格など、知られざるジョブスの姿が読めてかなり面白いが、アメリカ企業社会があまりにドロドロしていること(特にディズニーについては辛辣すぎ)には、恐怖すら感じました。あまり、こんなところでは働きたくないなぁ。

いわゆる日本でいう本田総一郎とか、松下幸之助のようなカリスマとは違う、破天荒でマニアック(ギーク)なカリスマという感じでしょうか。

- 会議でよく泣く
- 気に食わないことがあると、どんな手を使ってでも解雇する
- 自分の不都合な過去はすぐに忘れる
- 金に汚い
- 現実歪曲空間
- 大のビートルズファン
- インドかぶれ
- 禅に傾倒した仏教徒
- ジョーン・バエズと付き合っていたらしい

絶対まねできなく、尊敬もできない人なんでしょうね。でもカリスマ。

2007/03/24 16:48

投稿元:ブクログ

アップルコンピュータを立ち上げマッキントッシュを開発し、ピクサーではトイ・ストーリーをはじめとするヒットアニメを多数輩出。そして今、iPod,iTunesで音楽業界に進出するジョブズ。彼がアップルを追われ、そして再びアップルに戻るまでのエピソード。
この畑の人間なら一度は読むべし。

2006/07/16 23:33

投稿元:ブクログ

アップル、ピクサー、iPodを生み出したカリスマ経営者スティーブジョブズ。
でも、実は・・・
スティーブジョブズのカリスマ的な部分、身勝手で傲慢な部分全てが書かれた非常に面白い本でした。

2005/12/17 22:25

投稿元:ブクログ

Appleの創設者にして現CEOのスティーブ・ジョブズの波乱に満ちた半世紀。Appleを追い出されてから再び復帰するまで、まさにジェットコースターのような人生。面白いです。

2006/03/10 13:03

投稿元:ブクログ

米アップル社およびスティーブジョブス自身の、誕生から現在に至るまでをつづった本。こーいう流れの中でいまもなお歴史が作られている真っ最中、というのが実感できる。アップルのことをよく知らなかった自分にとてもよい入門書になりました。

2006/02/18 21:44

投稿元:ブクログ

まさしく「偶像復活」というタイトルに相応しい内容でした。
時代が創られていく過程で、裏ではあんなことやこんなことが起こってたんだなーと興味深く、一気に読み終えました。
恐らく、ジョブスの人生は本一冊じゃ収まりきらないほどのオモシロエピソードで満ち溢れているんだろーなーっと思うと、最近ではディズニーの取締役に就任なんてホットなニュースもあったことですし、今後も続編が発行されるのは確実ですネ。
本の中で度々触れられる、ジョブスのカリスマ性。様々な講演でその魅力を体験できるらしいのですが、英語ワカラナイヨ。。。勉強するべ。

2006/02/05 05:24

投稿元:ブクログ

スタンフォード大学での演説でスティーブ・ジョブスに興味が湧き読んで見たんですが、なるほど魅力的な人というのが実感できると思います。以来、偶像、天才という言葉を常に意識して生活しています。志高く著者、孫正義氏と似ている所があるのかもしれません。

2008/09/20 19:59

投稿元:ブクログ

「今日が人生最後の日だとしても、今日、する予定のことをしたいと思うか」

stay hungry, stay foolish

(Kさんより借りる)

2006/02/23 00:38

投稿元:ブクログ

もはや参考にすらならないスティーブ・ジョブズの半生。この、バカと紙一重の天才によって世界は確かに変わった。

2006/07/26 01:00

投稿元:ブクログ

この人のおかげで私の人生があるようなものです。WEBの元になった開発をしたマシンはアップルを追い出された際に新しく考えだされた『NexT』でした。
GUIをパソコンで表示させようと128kb、フロッピー起動しかないパソコンで実現させました。

2006/07/27 12:11

投稿元:ブクログ

面白かった。アップル社の歴史だけでなく、ピクサーとディズニーの関係も知れてよかった。
スティーブという人間は、技術の天才でも経営の天才でもないけど、なんかの天才なんだろうな。ビジネスの天才なのかな。カッコいいと思うけど、自分には絶対まねできない。
あと、心に残ったこととしては、アタマのいい人はアタマのいい人しか相手にしない(付き合って価値のある人しか相手にしない)ということと、スティーブはプロレタリアートではなく経営者だから給料をもらわなくなったってこと(俺の解釈)かな。いずれにせよ、高次で物事をみて、時には虚構でわたっていけるような大きな人間でないと(スティーブは心は狭いけど)、成功しないんだろうな〜。

2006/06/08 21:08

投稿元:ブクログ

Appleの発展の軌跡、Appleだけじゃなくシリコンバレー周辺の企業や、PCそのものの発展の歴史がわかる。
IT、音楽、映像と3つの世界を制したJobsの物語。

2006/03/19 23:46

投稿元:ブクログ

apple創業から、ディズニー取締役就任まで。読んでいた時期にディズニーの話がニュースで取り上げられ背景を知れちゃいました。appleファンでなくとも、ブランドに興味がある人は必読書です。

経営者・起業 ランキング

経営者・起業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む