詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

赤い鳥の国へ

  • 発行年月:2005.11
  • 出版社:徳間書店
  • サイズ:22cm/54p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-19-862099-7

  • 国内送料無料

赤い鳥の国へ

アストリッド・リンドグレーン (作), マリット・テルンクヴィスト (絵), 石井 登志子 (訳)

紙書籍

1,836 ポイント:17pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

身よりをなくした小さな兄妹が、雪の森で真っ赤な鳥を見つけました。鳥を追いかけて、二人はふしぎな国へ…。貧しくつらく悲しい日々を過ごした子どもたちを、優しくあたたかい眼差し...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「赤い鳥の国へ」が含まれるセット商品

リンドグレーンセット 7巻セット

リンドグレーンセット 7巻セット

  • アストリッド・リンドグレーン 作
  • 税込価格:11,880110pt
  • 発送可能日:購入できません

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

身よりをなくした小さな兄妹が、雪の森で真っ赤な鳥を見つけました。鳥を追いかけて、二人はふしぎな国へ…。貧しくつらく悲しい日々を過ごした子どもたちを、優しくあたたかい眼差しで見つめる、悲しくも美しい珠玉の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アストリッド・リンドグレーン

略歴
〈アストリッド・リンドグレーン〉1907〜2002年。スウェーデン生まれ。44年「ブリット‐マリはただいま幸せ」でデビュー後、児童書の編集者として働きながら、「長くつ下のピッピ」ほか数多くの作品を残す。

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(5件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(2件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価4 投稿元:ブクログ

2006/11/26 01:22

もしかしたら絵本に分類する人もいるかもしれませんが。
前半の『冬になったら学校に行けるのね』の繰り返しや、意地悪な視点で見た主人公達の雇い主(?)描写はぐっときます。
あとね、ドア閉めちゃダメだよ。君達2人の他にも同じような境遇の子供はいるんだから。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/09/14 03:03

自分も回りも灰色だらけの生活から、赤い鳥を追って「ミナミノハラ」へ。いじめで自殺する子どもたちのことを考えさせられ、悲しくなる。 絶望の灰色と希望の赤。雪の寒さ、暗さとミナミノハラの暖かさ、明るさ。ちょっと哀しくて、ちょっと暖かいリンドグレーンの絵本。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/01/04 08:02

灰色の日々を送るマティアスとアンナはかがやく赤い鳥についていき不思議で幸福な子どもの国へ。

現実の世界と子どもたちの世界の色が大きく異なるのが印象的なそこはかとなくかなしい絵本です。

(2006年05月21日読了)

評価0 投稿元:ブクログ

2013/08/02 10:34

ずっと昔、まだ多くの人が貧しかった頃、マティスとアンナという、両親をなくした幼い兄妹がいました。
ふたりは見知らぬ農家に働き手として引き取られ、一日中牛小屋で灰色のねずみのように働かされます。与えられる食事は粗末なもので、辛さのあまり誰も見ていないところで泣きました。
たった一つの望みは、冬になったら学校へ通わせてもらえること。
でも冬になり、学校に通い始めても、灰色の毎日に変わりはありませんでした。
ある日の学校からの帰り道、兄妹は雪の森で真っ赤な鳥を見つけます。
鳥を追いかけてふたりがたどり着いたのは、小鳥たちが歌い、輝くように花が咲き、たくさんの子どもたちが遊ぶ天国のような緑の草原、ミナミノハラという春の国でした。

それから毎日、赤い鳥はマティスとアンナの前に現れますが、春が近づき、とうとう学校に通うのも最後の日がやってきます──。

辛い状況にあっても、心の中は幸せであってほしい。
悲惨な境遇の兄妹を暖かいまなざしで描く、リンドグレーン作品の挿絵で定評ある画家テルングヴィストの新たな描きおろしを収録した一冊。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/06/25 21:43

「マッチ売りの少女」や「フランダースの犬」に迫る、切ない物語。リンドグレーンが物語を作ってあげたかった子どもたちとは?という問いに答えてくれている。

喩えようのない苦難の中で生き延びる子どもに希望を。
しかし、切なさで胸がいっぱいになる。

つらさと優しさがページ毎に対比された、テルンクヴィストの絵も本当に素晴らしい。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.